2019.02.17更新

刈谷市・安城市を中心に三河エリアでリノベーションのことなら、アルファスタイルへ。

こんにちは、アルファスタイルの廣村です。ここ最近とても「相談会」の予約が多く、本当に嬉しく思っています。ここにきて、やっと「オーダーキッチン」と「リノベーション」組み合わせが認知されてきたように思います。リノベーションとは、リフォームと少し異なり、「間取り」や「住まい方」を変え、大規模に家全体をリフォームすることを意味します。たとえば、今ある壁付けタイプのI型キッチンを取替える場合は「リフォーム」。時代の流れで、機器はアップグレードされていますが、間取りや住まい方には変わりませんよね?

でもリノベーションとなると、間取りを変更し、住まい方(たとえば、ご夫婦二人暮らしなど)が時代の流れで変わり、一階部分をワンルームで使えるようにすることや、木造建築の場合は「耐震補強」も加え、大規模に改修することになります。

リノベーション

詳しくはこちらから

たとえばこの事例(東海リノベーションでもご紹介しています)の場合、閉鎖的な対面キッチンから間仕切り壁や間取り変更を加え、アイランドキッチンにリノベーション。キッチンをぐるりと一周できる動線へ変更しています。

この場合に問題なことが、撤去できない壁、柱、そして移設困難な配管ルートです。しかし、オーダーキッチンを組み合わせることで、寸法や大きさは自由に設計できるため、比較的容易にキッチンを組み込むことができます。メーカー系のキッチンでなできない「自由度」がここで生きてきます。

とは言え、なかなか文章では伝わりません。そんな時はショールームで開催している「相談会」へご予約ください。具体的な事例や公開できない間取りなどご覧になることができます。

まずはショールームへ。お気軽にご予約ください。お待ちしております。

投稿者: アルファホーム

2019.02.16更新

皆さんこんにちは!

アルファスタイルの鈴木寧です。

 

緑区でMSリノべが二件始まります! って言ってから早くも二週間、二件目を未だに紹介できていません。

忘れてはいないんですけどね、先に安城完成でしたし、週刊でって言った手前ポコポコ更新しちゃうのもどうかなって思うんですよ。忘れてはないんですよ。

 

言い訳もできましたところでご紹介。場所は緑区有松駅の近く、もう一件は左京山駅なので近いです。と思いきや踏切や幹線道路、一通などの関係で地図で見るほど早くはつきません。

とりあえずキッチンはこんな感じ。

ちょっと暗めなキッチン

下見当時は電気が来ていなかったのでちょっと暗めな印象ですが白を基調とした明るめな配色。

平成元年の建築ということで昭和の面影を残しつつ平成の先駆けとなったデザインです。本当にそうかは作った人にしかわかりませんが。

奇しくもリノべの完工が4月下旬ということで、こいつには平成の面影を残した新元号の先駆けとなってもらいましょう。

 

リビングの全景はかんな感じ。

道路に対して斜めに建ってる

奥には和室と、和室のベランダが見えます。

道路が左手前から右奥にかけて走っているのでそれに合わせて三角形のような間取り。何が何でもスペースを有効活用してやろうという鉄の意志を感じます。

テレビスペースも完備

掃き出し窓の左手を見るとテレビ台のためのスペースが設けられています。

コンクリートでできた壁をわざわざここだけへこませて設計されていますね。三角形に家を納めることに熱意傾けすぎです。

ちなみに建具は立てかけてあるだけで裏はただの壁です。

 

そこから更にスライドして隣の部屋。三角形の頂点に当たる部分。

ここまでくると怖い

コンクリをくり抜いて収納スペースが設置されています。ここまでくると何かに挑戦していたのではないかと疑うレベル。

恐ろしいのはこのくり抜きたち、コンクリートに囲まれているので大きさの作り替えができないということ。埋めるかそのまま使うかの二択を迫ってきます。当然使いますが。

というわけでこちらは間取り的にはあまり変更はありませんが、コンクリートが多い分配線等は手間かもしれません。

頑張っていきましょう。

 

それでは本日はここで失礼します。

ありがとうございました。

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.15更新

こんにちは。新城です。

先日刈谷市一里山で始まる新築工事の地縄をやってきました。

地縄とは敷地に対しての建物の配置を着工前に紐でだしておくことです。

1

見えづらいかもしれませんがうっすら見えるピンクの紐が建物の形です。

お客さんに図面では想像しづらい建物の大きさを実際に見て貰います。

今週の土曜日の地鎮祭前に行いますが完成したのが昨日、、、

何もない更地の土地に縄を張るのでちょっとむずかしい所がありますが、

なんとかやれました。。。

入社当初は二人でしかできなかったのですが今は一人で出来るようになりました。

進歩が実感できる作業の一つです、、

1

そしてテントの準備が完了して明日は地鎮祭!

工事の安全を土地の神様に祈ってきます!!!

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.13更新

今日は、約1年前に納品したオーダーキッチンの引き出しのメンテ。岡崎市の現場まできています。大手ハウスメーカーの住宅にミーレ食洗機のあるキッチンをおさめた事例です。

こんにちは、アルファスタイル廣村です。

ミーレ

こちらは、ミーレ食洗機G6620SCiです。ちょうど一年ぐらいなので、奥様に使用感をインタビューしてきました。

<ミーレの大きさは?>

やっぱり、60cm。最初は45cmでもいいと思っていましたが、ホント、使っているうち良さがわかってきました。慣れてくると何でも入れてしまいます。コンロのゴトクや、キッチンの排水口のフタなども簡単に洗えます。だからいつもキッチン回りがピカピカです。

<オートオープンは?>

やっぱり、あった方がいいと思いますね。リンスは使っていないし、ミーレ専用洗剤ではないこともあるけど、オートオープンがあっても水滴が残るので。オートオープンを選んでよかったと思っています。

ミーレ

やっぱりミーレ食洗機はいいみたいです。ヨゴレは落ちるし、何でも入る、満足度は非常に高い商品です。新築して一番自慢したいのが「ミーレ食洗機」ということでした。私もオススメして本当によかったです。

さて、そんなミーレ食洗機がほしい!と考えている方へ。弊社では「ミーレ食洗機が標準」のカウンターキッチンを商品化しています。

>>> 詳しいくはこちらから <<<

お気軽にお問合せくださいね!弊社ショールームにも展示しています。

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.11更新

アルファスタイル村井です。刈谷市のマンションリノベーション現場が着工しました。こちらの物件は、中古マンションを購入されたお客様から注文のリノベーションをさせていただくこととなった物件です。F様ありがとうございました。これからブログで現場状況がわかるようにアップしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

職人さんがカーペットを剥がしています。昔はマンションの床といえばカーペットが主流でしたが、今回のリノベーションでは当然フローリングに変更します。

解体中1

 

ドア関係も全て新しい物に枠ごと交換します。

解体中2

 

間取り変更もしますので間仕切かべも容赦なく壊していきます。ものすごくたくさんの廃材が出ます!

解体中3

 

解体中4

 

ほぼスケルトンになりました。この後は設備工事を行います。電気の配線工事、給排水管等の水道工事、ガス配管工事等を行っていきます。

続きは次回とさせていただきます。

解体中5

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.09更新

こんにちは新城です。

 

先日始まりました、新築工事は順調に進んでいます。

先日外壁工事が完了しました。

1

1

 

 

今回外壁面にひさしを付け、そこの間をアクセントの外壁を貼りました。

外壁面は一部分『ふかす』という仕上げ面を前に出すという作業を行いました。

簡単に考えていた『ふかす』ということで悪戦苦闘しましたがなんとか納まることができました。

特にひさしとサッシの間の一枚分の納めと

つなぎ目を一緒のラインにする納めが難しかったですが、

職人さんと相談、採寸しながらなんとかできました。

足場がばれましたら全景もお見せいたします。

1

今回の物件は室内の方もいつもとは違うことをしております。

室内で使用しているプラスターボードが

いつも使っている物にハイクリン性能(ホルムアルデヒド吸収分解性能)がついたものになっています。

もちろん耐火性能もきっちりついていますのでご安心ください。

通常より少し値段はあがりますので、

金額との相談になると思いますが機能が良くて損をすることはないので

ご検討されるのも有りかもしれません。

今回は建売ということもあり色々新しい事にチャレンジ中です。

 

完成まではもうしばらくかかりますが見学会もモデルルーム利用も予定しておりますので

ぜひ見て頂ければと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.09更新

皆さんこんにちは!

アルファスタイルの鈴木寧(やすし)です。

 

最強寒波到来中の本日、刈谷市は普段に比べて寒いというくらいですが北海道は-30℃を下回るとか。日本の一年の寒暖差70℃ってとんでもないですね。

それはさておきゾンビゲーム安城が完成したのでご報告。どのように変わっていったか見ていきましょう。

まず最初は私がゾンビゲー呼ばわりしたきっかけの洗面。

鏡になんか写ってそう

どこから出てきてもいいように銃は構えておきましょう状態。

暗さ加減が不気味さを更に助長します。

それが、こう。

白い

なんというk……なんじゃこりゃ!?

暗い雰囲気はどこへやら、塗装やシールの壁を白いクロスに替えると光がきちんと反射するので明るく見えます。洗面台はギリギリまで大きくしたので寂しい感じもありません。

鏡の反射でちょうど写りましたが、天井の照明も無骨な電球からダウンライトへ変更してスタイリッシュになっています。

別現場の写真持ってきてますって言っても信じられそうですが同じ場所です。壁なんかは全部作り直しているのである意味別の場所かもですが。

 

続いて玄関から廊下。

懐かしい感じの廊下

奥のキッチンまで間仕切りも何もないのが特徴。玄関から食卓が見えるのはあまり今の風潮に合いません。

ちなみに上にある横棒はハンガー掛けと思われます。その割に耐久性は微妙。撤去しました。

更に白

というわけで建具を一新&追加。キッチンに通じる部分もドアを付けたのでこれなら安心。

右側の壁が出てきたのは洗濯機スペース確保のため、元々なかったんですね。そもそもの廊下の幅が広かったので狭くは感じません。開放的すぎる部分は適度に圧迫感を与えるのも一手。

キッチン低い

こちらはキッチン。本体がかなり低いです。あとは収納も少ないですかね。ザ昭和の食卓な家具配置になりそう。

もっと白く

で完成がこれ。左側の壁は取っ払ってキッチンが少しこちらに来ています。奥には冷蔵庫スペースとパントリー。吊戸棚はもちろん、中央のカウンターの下にも食器棚を備えています。これで食器棚を運ばなくて済む、引っ越し屋さん助かる、完璧です。

 

こんなところで安城MS完成です。

結論、クロスの白さは大切。明るさが全く違います。皆さんのお家も気になることありましたらお試しください。もうバ〇オハザードとは言わせません。

それでは本日はここまで、後のスペースでビフォーアフターでも垂れ流しましょう。

知らないお風呂

ユニットにすればそりゃ変わる

懐かしみのトイレ

収納の草がいい感じ

普通な部屋

ぶち抜いてリビングに

……あまりの変貌ぶりに懐かしさより変な笑いが出ます。

以上、ありがとうございました。

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.02.08更新

AHSの原田です。

先日ブログに書いた『リビングキッチン』の事例が工事完工しました。

さっそく見ていきましょう。そうしましょう。

正面

コーディネートするにあたって家具をベースに設計しました。

ダイニングと兼用することで、11.18帖の空間とは思えない使用感になりました。

リビングキッチン

パース比較

実物写真とパースを比較してみましょう。

ほぼそのまんまですね!!私は実物の方がスキです。

リビング

パース比較

センターテーブルは可変型で用途に応じて高さ調整できます。

 

駅前や都心部に多い狭小タイプの間取りでも、

リビングキッチンを導入すれば快適にお住まいいただけるのではないでしょうか???

投稿者: アルファホーム

2019.02.07更新

AHS原田です。

さて、私が主に担当しているマンションには様々な間取りがございますが、

「標準的」と言われるものは『70㎡の3LDK』です。

具体的には ↓ な感じです。

70㎡3LDK

4.5~6帖の部屋が3つあり、15帖くらいのLDKが付きます。

夫婦2人と子供2人くらいなら問題なく暮らせるのではないでしょうか。

 

問題は70㎡未満の間取りについてです。

都心部には特に多いこの間取りタイプ・・・

3部屋取るとLDKが10~12帖しか残らない。

 

そこで1つの選択肢『3LK』は如何でしょうか?

誤植ではなく、Dが省かれています。具体的には ↓ です。

60㎡の3LK

ダイニングセットを省き、ソファをL型に配置しました。

リビングテーブルは高さを調整できるものを選びます。

平面図ではわかりずらいので3Dパースを起こしました。

パース

ダイニングセットがない分、スペースを広く活用できます。

ダイニングとリビングを同時に使用するシチュエーションは多くないと思います。

テーブルは高さ調整できるので食事の際は高く、家族団らんの際は低く設定できます。

 

この物件は現在施工中です。

工事完了後、あらためてレポートしたいと思います。

投稿者: アルファホーム

2019.02.05更新

長坂です。

刈谷市半城土中町の新築工事はお施主様検査が終わってお引渡しに向けて補修工事の段階に入っています。

見学会の時にはまだ付いてなかったレンジフードにちょうどガラスが付いたこところです。飛散防止になりますがここに壁があるとコンロからレンジフードへの吸い込みを助けます。ちなみにレンジフードは「クリナップ」のとってもクリンフード。見た目スリムでお掃除楽ちんな換気扇です。中には網々のフィルターはなくリーフプレートという特殊コーティングが施されている楕円形のものになっています。ワンタッチで取外し簡単なのでまめにお手入れできます。

力丸邸キッチンディバイダー

できあがりを見てからものを決めたところもあります。

↓ こちらはトイレの棚板の試作。イメージが付きやすいように発砲スチロールをカットして自作しました。こうすると結論は早いです。

力丸邸トイレ棚

↓ 室内から見た外。ピンクのテープまで目隠しフェンスがきますよ!

力丸邸フェンス高さ

 

↓ お施主様持ち込みのブラケット照明。見た目アンティークでオシャレなのですが取付け金具あたりもアンティークで、、首の皮一枚状態のフックが折れてエポキシ系の凝固剤で補修しました(左側)。数分でカッチカチになり興奮しました!

力丸邸ブラケット

アンティーク物とか海外製の市販のものは要注意ですね、、。

投稿者: アルファホーム

前へ

entryの検索

カテゴリ

  • 刈谷市高須町  (0)

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog