自宅の耐震工事をお考えの方へ

耐震リフォームで安心の暮らしを

日本は世界有数の地震大国。中でも東海地方は「南海トラフ巨大地震」への備えが急務と言われています。
「いつか来るかもしれない」ではなく「近い将来、必ず起こる」とされている地震なのです。そのときに備えて、アルファホームでは耐震リフォーム工事をお客様にお勧めしています。耐震リフォームで、ひとつでも多くのご家族が、安心で安全な暮らしを過ごしていただきたい。それがアルファホームの願いです。

耐震改修セミナーも開催しています。

アルファホームでは、国や自治体の「耐震リフォーム補助金制度」のご説明からさせていただいています。地震のメカニズム、耐震基準の推移、無料診断、耐震改修補助金制度、耐震リフォーム工法、税制優遇制度など耐震に関わることを勉強していただくセミナーです。

 

刈谷市耐震改修補助金申請件数NO.1

当社は刈谷市での耐震改修補助金申請件数は6年連続NO.1(平成23、24、25、26、27、28年度)

| 補助金についてはこちら |

耐震工事の流れ

①診断 > ②改修御見積 > ③施工管理 > ④完了報告書 > ⑤アンケート

まですべて社内施工。

そのため現場対応が柔軟に出来ることで追加・変更にも迅速に対応することができます。

| 無料耐震診断についてはこちら |

改修までの流れ

アルファホームの耐震工事の特徴

アルファホームでは、耐震の設計と工事をどちらも自社で行っています。耐震設計というのはあくまで理論上の話。現場で実際に建物を解体してみたら想定外のことが起きるのは、実はよくあることなのです。そうなった場合、工事をストップして設計を立て直すのですが、設計と工事を別の会社が担当していると、やり取りに時間かかってしまい、なかなか前へ進まなくなってしまいます。しかし当社では、設計と工事をワンストップで行っているため、問題が起きたときにも迅速に対応することが可能です。スピード感とフレキシブルさ、それがアルファホームの強みです。

| 耐震改修事例はこちら |

耐震リフォーム工法のご紹介

筋交い補強

もっともポピュラーな耐震リフォーム方法です。壁のボリュームが足りない部分に木材を当て、筋交い補強します。

面材補強

壁一面を大きな面材で覆って補強する方法で、一般的には筋交い補強と併用されます。

オリジナル金物補強

外部から大きな金物で補強する方法で、「筋交い補強」「面材補強」の補助的に行われます。窓があっても取り付けられますが、外観上、目立たない場所が良いでしょう。

屋根の軽量化

土葺きと和瓦の屋根を撤去し、軽量化して柱や壁にかかる負担を軽減します。
例えば、30坪ほどの土葺きの屋根の場合、瓦を合わせて7トン以上の重さがあり、普通乗用車で約4台分の重さに相当します。これを、カラーベストやGL鋼板の屋根に置き換えると、重さは約3分の1に軽減できます。

基礎補強・基礎増加

耐震に必要な壁を増やすために家の基礎を増やします。また、古くなった基礎を補強する場合もあります。

減築

家族構成の変化から、不要になった住宅の一部を撤去し、軽量化してバランスの良い建物にする方法です。

  • 地震が心配
  • 耐震改修 RETROFITTING

地震が心配EARTHQUAK

  • 耐震改修

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog