2019.10.31更新

アルファホーム村井です。名古屋市緑区でキッチンのシンクの取替工事を施工させていただきました。こちらのお客様のキッチンはフランス製のキッチンで排水管が細かったり、日本の規格と相性が悪かったりして、排水が詰まったり漏水したり、色んな不具合があるとのことで弊社にご相談いただきました。一度現地を見させていただき打合せの上、シンクを取替させていただく運びとなりました。シンクは特注で松岡製作所のステンレス製オーバーシンクで取替をさせていただきました。やはりMADE IN JAPAN 安心感が違いますね。これでこちらのお客様も安心してキッチンをお使いいただけると思います。食洗機やIHなどの設備機器は当社も海外製の商品をお勧めしていますが日本法人があるメーカーや日本国内での修理体制が整っているメーカーの本当に良い商品のみをお勧めしています。当社では排水や給水が直接かかわってくるシンクは日本製のみを採用しています。キッチンでのお困りごとは是非アルファホームにご相談ください。

 

こちらが取替前のシンクです。排水部が洗面台のように小さく、排水部分のポップアップ装置も早い段階で壊れてしまったみたいです。

シンク①

 

既設のシンクを外したところ

シンク②

 

新しいシンクを取付して完了です!もともとの黒の御影石のカウンターとステンレスがけっこういい感じに調和しています。

シンク③

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.31更新

アルファホーム村井です。名古屋市緑区でキッチンのシンクの取替工事を施工させていただきました。こちらのお客様のキッチンはフランス製のキッチンで排水管が細かったり、日本の規格と相性が悪かったりして、排水が詰まったり漏水したり、色んな不具合があるとのことで弊社にご相談いただきました。一度現地を見させていただき打合せの上、シンクを取替させていただく運びとなりました。シンクは特注で松岡製作所のステンレス製オーバーシンクで取替をさせていただきました。やはりMADE IN JAPAN 安心感が違いますね。これでこちらのお客様も安心してキッチンをお使いいただけると思います。食洗機やIHなどの設備機器は当社も海外製の商品をお勧めしていますが日本法人があるメーカーや日本国内での修理体制が整っているメーカーの本当に良い商品のみをお勧めしています。当社では排水や給水が直接かかわってくるシンクは日本製のみを採用しています。キッチンでのお困りごとは是非アルファホームにご相談ください。

 

こちらが取替前のシンクです。排水部が洗面台のように小さく、排水部分のポップアップ装置も早い段階で壊れてしまったみたいです。

シンク①

 

既設のシンクを外したところ

シンク②

 

新しいシンクを取付して完了です!もともとの黒の御影石のカウンターとステンレスがけっこういい感じに調和しています。

シンク③

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.31更新

東浦町でのマンションリノベが完工しました。いつも通りにフルリノベ、今回はリビングと、和室の作り替えを中心にご紹介しようかと思います。


ということで、皆さんこんにちは! アルファスタイルの鈴木寧です。


今回の現場は尾張森岡駅から徒歩数十秒。同マンションに暮らす高校生は駅のアナウンスが聞こえてから玄関を出るとかなんとか。そんな便利なところでいつもの再販リノベーションです。

いつもの完工報告とは少し趣向を変え、和室にクローズアップしてお話ししていこうかと思います。

まずは工事前。

和室

スペックだけで言えば広さは6畳、押入と床の間が付いて、障子が走る出窓付き。

築25年くらいのマンションには結構多い、リビングから襖を隔てただけで通じる和室ですね。建築界隈ではこれをリビングスグワシツと言います。嘘です。

そういうわけなので返り見すれば居間広がりぬ。

リビング

リビングだけで16畳ほどの面積、これと和室を繋げて22畳のリビングを造るのが今回の任務。

解体後

とりあえず解体。

畳下は紙一枚貼ってスラブなのでリビングとは12mmの段差ができます。

天井も段差

あまり天井が高いと和室感がないとでもいうのか、天井にもしっかりと段差ができています。

中間

ただしその辺はそこまで大きな問題ではありません。

天井が低くても下がり天井っぽくできますし、どうにも困ればリビング側も全て増し張りしてしまえば段差なんてなくなります。もちろんあくまで最終手段なので実際やったら予算関係でめちゃくちゃ叱られますが。

最近気づいたのは床とか天井よりも和室っぽくさせる小さな部分の方が面倒だということ。

出窓

出窓はそのままでは洋室の雰囲気と合いません。特に障子を走らせる窓草などは溝が掘られていることがほとんど。これが見えるだけで「リフォームしました感」が出て施工の詰めが甘いという評価につながります。

押入

押入も当然障子を走らせるものですし、床の間なんてリビングにあれば「なんでここだけ和風やねん」とツッコみを受けることは必定。

というわけでどうにか痕跡を誤魔化したいのですが、こういったところに付けられている木材は大抵スラブにボンド付けか壁の奥深くまで埋まっているか。取ってしまうと周りの被害が大きくなってしまいます。窓枠

窓枠は取りあえず薄いベニヤを貼って溝を塞ぎます。

リアテックという薄いシートがありますのでそれを貼って対処するため、下地を作っておきます。

押入改造

押入はクローゼットに、床の間は本棚に変更します。

床は畳に高さを合わせていたので破壊、リビングに合わせるために12mm合板を貼っておきます。

テレビボード

周辺の壁を触るついでにテレビボードを設置。

リビングっぽさを加えていきます。

 

形を作ってクロスを貼っていくとこんな感じです。

出窓完成

出窓は白のシートで巻いて和室特有の重みのある木の色を上書きしています。

色情報というのはかなり大切らしく、「周りと同じ色」と先入観を作るだけで違和感を覚えること自体がなくなるそうです。

赤く塗ればなんでもシャア専用となるのと同じですね。

クローゼット

押入と床の間の改造。床の間に至っては床の高さを合わせて棚を付けただけですが和風な感じはなくなりました。

見学会ではクローゼットもご好評をいただきました。テレビ横にあることで来客時に物を入れやすいというのもあるそうです。

完成

全体でこう。

うまく一つのリビングとして造り変えられたと思っています。

リフォーム・リノべのお仕事をいただく中で、和室を洋室に、リビングに、というのはよくあります。

単純にリビング拡大論が起こっているのか、一昔前になんとなく日本ならと造られた和室が不要になったのかは定かではありませんが、そういう流れのようです。

こういった経験がこの先役に立てたらうれしいと思います。

 

というところで本日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.31更新

アルファホームの西尾です。

先日、安城市高棚町のK様邸にて

お客様インタビューをさせていただきました。

20191020 安城市お客様の声

当日は営業担当の長坂と、カメラマン、ライターさんとお伺いしました。

安城市 お客様の声

お家のこだわりポイントや家づくりをしようと思ったきっかけなど、いろいろなお話をお伺いすることができました。

双子のお子様がお揃いの服を着ていてとても可愛らしかったです♡

安城市 お客様の声

ご主人様・奥様にお話しをお伺いしている間、長坂さんがお子様のお相手を

おしりたんてい鑑賞中です。

安城市 お客様の声

写真撮影にはお子様がノリノリで入って頂けてとてもいい写真がとれました♪

仲良く2人で遊んでいるところや、

安城市 お客様の声

ワークスペースで並んで勉強しているところ、

安城市 お客様の声

お姉ちゃんと奥様にはキッチンでミーレを操作している所を撮影させていただきました。

お子様と並ぶとミーレ食洗機の大きさがよくわかります。

大きいですね。。。

 

K様、ご協力誠にありがとうございました!!

お客様の声|ページに掲載予定です

お楽しみに!!!

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.31更新

アルファホームの西尾です。

先日、安城市高棚町のK様邸にて

お客様インタビューをさせていただきました。

20191020 安城市お客様の声

当日は営業担当の長坂と、カメラマン、ライターさんとお伺いしました。

安城市 お客様の声

お家のこだわりポイントや家づくりをしようと思ったきっかけなど、いろいろなお話をお伺いすることができました。

双子のお子様がお揃いの服を着ていてとても可愛らしかったです♡

安城市 お客様の声

ご主人様・奥様にお話しをお伺いしている間、長坂さんがお子様のお相手を

おしりたんてい鑑賞中です。

安城市 お客様の声

写真撮影にはお子様がノリノリで入って頂けてとてもいい写真がとれました♪

仲良く2人で遊んでいるところや、

安城市 お客様の声

ワークスペースで並んで勉強しているところ、

安城市 お客様の声

お姉ちゃんと奥様にはキッチンでミーレを操作している所を撮影させていただきました。

お子様と並ぶとミーレ食洗機の大きさがよくわかります。

大きいですね。。。

 

K様、ご協力誠にありがとうございました!!

お客様の声|ページに掲載予定です

お楽しみに!!!

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.30更新

千種区覚王山にてマンションリノべ、今日は浴室工事の一連の流れを見ていきます。

前回説明した通り、マンションにしてはしっかりとしたタイル張りの在来浴室。こちらをユニットバスへと変更していきます。

ということで皆さんこんにちは! アルファスタイルの鈴木寧です。

 

まずは今回のターゲットをおさらい。

浴室

窓大きい

憎たらしいほどにべったり張り付いていることが予想できるタイル。というかマンションなのに広い。

ついでに窓も広いです。UBを入れる時は窓の大きさにも制約があります。あまり大きいとその面の壁の耐久力に問題が生じるためです。

もっともそういった問題は古い戸建でよく見る横に150cmくらいあるような大きい窓が付いてる場合。マンションでその制限に達することはほぼほぼあり得ません。

・・・大丈夫だよね?

 

なにはともあれ壊さないと始まりません。

浴槽破壊

まずは第一関門、浴槽破壊。

大ハンマーで陶器の浴槽を割っていきます。

何が第一関門かと言うと音。事前にご挨拶させていただいているとはいえマンションなので否応なしに周辺に響きます。万が一の場合は私が監督として住民の方へご対応せねばならないので必ず現場で立ち会います。

ぶっろく破壊

続いては陶器の周りを囲っているブロックを破壊。

ブロックとブロックの継ぎ目はそこまで強くないのでハンマーで叩けば簡単に崩れます。

これで終わればいいのですがそうもいきません。

なぜなら、

1.在来工法の浴室は排水口が床に埋まっているのでユニットバスの排水管と接続できない。

2.このままではユニットバスを入れるだけの高さを確保できない。

という理由から床を壊さないといけないため。

床壊し

というわけで振動ドリルを持って床を破壊します。

浴室の床自体は躯体の上に後からセメントを流し込んでいるだけなので耐震性等マンション自体の性能には影響を与えません。

が、マンションの躯体にしっかりとくっついているものに振動を与えて壊していくわけなのでマンション全体に音が響きます。その大きさたるや部屋の外にいても大声で会話しないといけないほど。

最後にして最大の関門。40分はどうしてもかかりますが40分で終わらせてもらう他ありません。

完了

耳と胃を痛くさせながらなんとか時間内に完了。辛抱強く我慢をしていただいた住民の皆様誠に申し訳ございませんでした。

逃げ工事

解体が終われば次の日にはパッと配管工事。排水管は鉛の埋め込み式と言う、現在の部材ではどうあがいても合わせられない規格のものなのでガチガチに防水を固めた塩ビ管を差し込みます。

常に圧力のかかる給水管ではできませんが、下に落ちるだけの排水管ならば向いてる方向次第で可能な芸当。

据え付け

ここまでできれば据え付けるだけ。

浴室内

窓の開口も問題なし。さすがに在来程の大きさはありませんがそれでも1616サイズの十分な広さ、浴槽だけならむしろ広がっています。

 

今回に限らず工事をする限りは大なり小なり音が出ます。音だけでなく車両や搬入時の仮置きでも周辺の人にご迷惑をかけてしまうのが家のお話です。

作業させてもらっている、周辺のご理解があっての工事ということを忘れずにしなければなりません。

 

真面目臭くなってしまったので本日はここまで。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.29更新

アルファホーム村井です。名古屋市熱田区の新築マンションでオリジナルのカップボードを製作設置させていただきました。こちらのマンションのキッチンはTAKARAのキッチンで、面材がメラミンでしたので、メラミンのメーカーと品番を調べて全く同じ面材を取り寄せしてオリジナルのカップボードを製作させていただきました。キッチン背面の壁寸法や天井高に合わせてミリ単位で製作していますのでジャストフィットしています。新築のマンションをご購入されたお客様は是非弊社のオリジナルカップボードをご検討ください。

カップボード1

 

カップボード2

 

カップボード3

投稿者: アルファホーム

2019.10.29更新

高浜市湯山町で行っているリノベーション工事では、

先日、トップライトを撤去する工事を行いました。

こんにちは、アルファスタイルの鈴木です。

以前からこのトップライトより雨漏れがあり、今回の工事中に防水処置をする予定でしたが、

先日の大雨での雨漏れを見て、トップライトを撤去し、瓦で塞ぐことになりました。

こちらがそのトップライト。

トップライト

周りの瓦やルーフィングをめくると、雨漏れの跡がくっきり。

トップライト撤去

もちろんこの傷んだ野地板もめくって張り替え、ルーフィングを張り直し瓦を復旧します。

ルーフィング

復旧

20年以上前に建てられた建物のため、まったく同じ瓦は無く、形状や色が若干異なりますが、

きれいに復旧でき、雨漏れの心配もなくなりました!

 

投稿者: アルファホーム

2019.10.28更新

アルファホーム村井です。東浦町で住宅の外部改修工事(外壁の塗装工事等)を施工させていただいております。当社では外壁の塗装工事で足場を組んだ際には、住宅全体を建設会社の視点でしっかりと点検をさせていただいています。ペンキの塗替えだけではせっかくかけた足場がもったいないので、屋根をはじめ色んなところを点検して一緒に補修をしていきます。

 

瓦の割れを発見しました。

屋根瓦1

 

 

割れた瓦を取り外して

屋根瓦2

 

 

新しい瓦に差し替えて完了!

屋根瓦3

 

他にも雨樋の詰まり、屋根漆喰の状況、換気口の不具合、エアコン配管の状況、隅々まで点検させていただきます。外部改修は是非当社にお問い合わせください。

投稿者: アルファホーム

2019.10.28更新

 

11月10日(日)は弊社の感謝祭があります!

私はショールーム内で行われるグラノーラ作りを担当しておりますのでご紹介を!

 

こんにちは!石田です!

 

「グラノーラ」というと朝ごはんにミルクと混ぜて食べるシリアルのことですが、、

あれが簡単に作れちゃうんです!

 

こんな感じ ※写真は講師の先生からいただきました

グラノーラ

見た目もドライフラワーみたいでかわいい!

 

おいしいナッツや好きな材料を選んで、作業時間は20分ほど。

試食時間も含めると1時間です!

 

SR

弊社のショールームにて、キッチンの周りでワイワイと作業していただきます。

 

小学生のお子様もお一人で参加できちゃいます!

レシピ付きで参加費は500円。

 

なんと午前中は「満席」です!大人気です!

 

13:30~と14:45~の部はまだ少しずつ空きがあります。

気になる方、予約はお早めに!

ご予約番号→0800-222-3681

投稿者: アルファホーム

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog