2017.08.19更新


 こんにちは山内です!

 
 みなさんお盆休みはいかがだったでしょうか。僕はお休みの間日間賀島へ行ってまいりました。どこのお店行ってもタコばかりでしたが
奇跡的に良い天気だったので楽しい休日となりました。
 またこれからも頑張ろうと思います。



 
 今回のブログですが、お盆明け早々水廻りの工事がありました。
 
 まず最初はトイレの詰まりのご相談。



 


 お客様の家に向かい確認してみると写真のように詰まっていました。トイレの詰まりは大体がラバーカップ(スッポン)で解決します。今回もスッポンにて解決しました。
 トイレの詰まりの原因の多くがトイレットペーパーの使い過ぎです。もし、ご自宅のトイレで詰まりが起こった場合はスッポンを使うかぬるま湯で溶かすといった方法が効果的です。



 続いて浴室の水栓のお取替え。


 こちらのお客様は先日水漏れのご相談をしていただいた方で、水栓自体が年数が経っていたものだったので今回取替ということになりました。



 
 


 まずは水道メーターで水を止め作業スタートです。手際よく作業して頂いたので30分くらいで完了しました。


 


 お客様にも喜んで頂けたのでよかったです(^^ゞ
 今後とも宜しくお願いします。

投稿者: アルファホーム

2017.08.11更新

鈴木です。
先月の下旬より工事を行っていた
刈谷市野田町の外装工事が完了しました。

紺色をメインとし、アクセントでホワイトを使い
北欧風なイメージに仕上がりました。
写真ではわかりにくいですが、バルコニー部分のホワイトと
柱・モールのホワイトは若干色を変えているんですよ!

面格子の取り付けも一緒に行い、防犯対策も行いました。

海をモチーフにした表札とポストも今度取り付けしますので、
そちらも楽しみです!

投稿者: アルファホーム

2017.08.09更新

今日はとてもマニアックなキッチンリフォームをご紹介します。こちらの写真だけを見るとガゲナウ食洗機が組み込まれたオーダーキッチンとしか見えないと思います。
しかし、このキッチン実はパナソニックのLクラスのキッチンなんです。

今回のリフォーム内容は、パナの3連IHからガゲナウIHへ交換、パナ食洗機からガゲナウ食洗機へ交換、人工大理石カウンターからステンレスバイブレーションカウンターへ交換。残りの箱ものや換気扇などはそのまま流用するという非常に難易度の高いキッチンリフォームです。

このリフォームを1日で仕上げました。
 

 
こちらがパナソニック、Lクラスキッチン。ペニンシュラタイプになります。まだ数年しか経過していないですが、お客様は曰く、「どうしてもガゲナウが・・・」ということでリフォームになりました。

既設のキッチンカウンターを撤去した状態です。どんなに見た目がすばらしいキッチンでも実はただの箱。ちょっとだけさみしい現実・・・。
 

シンク下の配管からガゲナウの水道配管、排水管を取り出すための水道設備工事です。なかなかこの工事も難易度が高い工事です。海外機器の特性など配管方法を熟知していないとなかなか出来ないことなんですね。
 

こちらがガゲナウ食洗機W600タイプです。梱包をバラした状態ですが、いつみても大きいですね。DI250-460
 

こちらはガゲナウIH。4つのIHヒーターが内臓されているモデルです。
 

ガゲナウIHは非常に厚みが薄く、そして魚焼きグリルがないため、調理器下の引き出しがとても広く使えます。こちらの引出はお客様のご要望でできるだけ深く、奥行き550mmにしました。調味料やツールなどたくさん入りそうですね。
 

シンクはシンプルなスクエアタイプ。W760mmです。水栓はグローエのミンタ。シンプルでとても使用感のよさそうなシンク周りです。
 

完成がこちら。
あまりにも普通におさまっているので、この写真だけでは感じとれないと思いますが、何度も下見と採寸、打ち合わせ、各業者とのすり合わせのおかげでガゲナウ搭載のペニンシュラキッチンに様変わりしました。
 

このようにカウンターをうすく作成することで、ガゲナウでもカウンター高さ850mmでも設置可能になります。マニアックな部分ですがここがとても重要なところ。キッチンのディテールを知り尽くすことでこのような提案も可能です。
 

ホント、美しいフォルムのキッチンに仕上がりました。
 

こちらは背面の大型収納に後付けで引き出し収納を追加しました。弊社であれば、こんな細かいことまで可能です。引出の高さを調整して標準では2段のところに3段分作成しました。


いかかでしょうか?

すべてのキッチンがこのように部分的な入れ替えが出来るとは言いませんが、可能な場合もあります。特に、巾は2700mm以上あるような大型キッチン、もともとビルトイン食洗機のあるキッチンなど比較的可能な場合もあります。
弊社であれば、この事例のようなリフォームも可能です。少しでも興味があれば、お気軽にご相談していただければありがたいです。

こちらのお客様もキッカケは、ホームページの検索から弊社にたどりつき、ショールームに来店されました。こちらがその時のブログ!
まずはご相談から・・・。ぜひショールームへお越しくださいね!

ガゲナウ、ミーレなど海外機器を組み込みたい!と思ったらアルファホームまでお気軽にお問い合わせください。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2017.08.06更新

岡田です。
先月工事が完了しました現場のご紹介。
刈谷市御幸町でオーダキッチンリフォームをしました。
お客様は、弊社のホームページを見ていただき、
ご来店、イベント・見学会のご参加を通じて、
弊社でご契約いただけました。

改修するご自宅は築20年のハウスメーカーさん
の家で、二階建ての鉄骨造の建物です。

弊社のショールームで打ち合わせを何度か重ね
こんなイメージのキッチンになりました。
今回の改修する場所は2階になり、鉄骨造で床が
ALC板「軽量コンクリート」になっているため、
排水管の移動が困難でした。そこで弊社のオーダーキッチンです。
オーダーキッチンであればキッチンしたの排水管に合わせて
配管スペースの高さ、奥行を
自由に変える事ができるので、既設配管を利用してキッチンの
入れ替えが可能になります。

リビングダイニングのイメージです。
比較的まだ新しい建物なので、内装はクロスのみ張替えを
していきます。

解体初日です。
朝から、水道業者、ガス業者、解体業者
みんな集結です。役割分担して手際よく既設の機器外し
配管の処理をしていきます。

既設のキッチンが取り外され、壁の撤去が進んでいきます。
・・・・壁の中に水・湯の管がまさかの天井裏から垂れさがっています。
想定外!!良く見かけるのは一階の天井裏、もしくは、外壁側の壁を
通ってキッチンの方に伸びてくる配管でしたが・・・
提案したキッチンはペニンシュラタイプで既設の壁は撤去してしまい
オープンです。・・・考え中

ひとまず、解体工事と設備配管の工事が完了
想定外であった、水・湯の管は外壁側の壁、鉄骨
下地の間を配管スペースにして何とか、整理できました。
設備業者さんお見事です。

キッチンの取り付けに移りました。
キッチンの取付け前には内装クロスの張替えをして
います。職人さんの服装が気になります。。
サーキュレーター内臓の作業着です。
暑いですもんね。。。涼しそうです。

完成!! ※食器洗い乾燥機はドイツ製 ガゲナウ450です。
奥様はこれがいれたくて・・・念願の一品。
弊社のオーダキッチンは海外機器がビルトインできます。

リビンぐ側からの写真です。
いい感じにできました。
キッチン側の床は長尺シートで個性的に仕上がりました。

これで、工事は完成です。先日引き渡しと
説明を終えてきました。奥様たいへん喜んで
いただけました。 I様ありがとうございました。
 

 


 

 


 

 


 


投稿者: アルファホーム

2017.08.06更新

岡田です。
今日は、先月完了しました現場のご紹介。
知立市弘栄にある住宅のリフォームです。
弊社のOBのお客様、この工事で3回目です。
塗装の塗り替え時期が来て、お問い合わせが
ありました。

写真でご覧の通り、
少し和風なたた住まいです。特に奥様は
玄関側のイメージをがらっと変えたいとおっしゃられていました。
そこで・・・
一番印象の強いこの玄関の屋根と玄関サッシを変える事に決定
イメージ作りました。こちら・・

3D-CADでイメージ外観図作成しました。
工事スタートです。

足場工事の後の解体工事です。
玄関の屋根を含む、外壁、既設のアルミバルコニーも
一緒に解体しました。

だいぶ出来上がりました。
解体工事からこの形になるまでに4週間ぐらいです。
基礎工事→大工「躯体工事」→サッシ取付け→防水工事など
外壁はガルバニウ鋼板で仕上げて行きます。

どうでしょうか?
イメージ通りできましたでしょうか?
もう一度イメージ外観図並べてみます。

image1 image2

GOOD


 
完成です。

工事の前の段階でイメージをお客様と共有する事はとても
重要な事です。この工事を通じてすごく勉強になりました。

工事中はたいへんお世話になりました。
I様今後ともよろしくお願い致します。
 

 

投稿者: アルファホーム

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog