2017.03.30更新

刈谷市末広町にて地鎮祭でした。日柄も、天気もとても良い日になりましたね。
解体工事も無事に完了して本日を迎えることが出来ました。
 

毎度のことですが、地鎮祭には協力業者様にも集まっていただき、お施主様にご挨拶。家づくりは一人では出来ません。
大工棟梁、基礎、外壁、屋根、材木、建材、サッシ、内装などいつものメンバーに集まっていただきました。
家づくりは約20業者程が関与します。これは昔も今も変わりませんね。3月末の忙しい時期にもかかわらず本当にありがとうございます。
 

こちらのお施主様とは16年以上のお付き合い。私がまだ営業マンとして働いていた時に、リフォーム工事でお世話になりました。外装や内装をリフォームさせていただき、そして数年前には介護改修と何度もお世話になっているS様。
でも、今回は同居することで、建替えすることになり、私へ相談がありました。敷地の一部売却、そして建替えの資金計画、間取りやプランをづくりをサポートしてここまできました。

今回は私たちのような工務店では珍しいZEH(ゼロエネルギー住宅)の注文住宅です。国土交通省の地域型住宅グリーン化事業の補助金165万が対象になっている新築住宅です。
刈谷や三河エリアの皆さんにもこの補助金制度を知ってほしいので、構造見学会、完成見学会も予定しています。その時はぜひご来場くださいね。
*来年度はまだ具体的な内容や補助金制度は未定です。
 

そして一部の土地(35坪程度)は弊社アルファホームの建築条件付き住宅用地として当グループ会社のアルファ住宅販売より販売しています。JR東刈谷駅から徒歩3分の好立地です。
詳しくはこちら、スーモよりお願いします。

さあ、後は国の審査待ちです。着工承認が降りればすぐにスタードです!

投稿者: 制作管理者

2017.03.22更新

刈谷市末広町にて順調に家屋解体工事が進んでいます。本日でほぼ建物がなくなりましたね。
残りはブロック塀のみ残っています。ここまでこれば安心です。
後は整地を行い土地を平らにしておきます。

解体工事が終了するとお次は地盤調査が待っています。
実際に建物が建つ4隅と中央部の5点を調査します。
 

こちらの写真は違う現場の調査風景です。
このように測定器を持ち込み調査を行います。

参考資料はこちら。>>> 

どんな結果が出るか、とても気になります。
また結果はレポートします。
 

 

投稿者: 制作管理者

2017.03.18更新

前回のお祓いも終わり、いよいよ解体工事が着工です。解体工事をする時は、内部のゴミや家具はあらかじめ撤去・処分が原則です。解体業者でもやれるのですが、お値段が非常に高くなります。というのも、解体業者から処理場へ持ち込むとすべて産業廃棄物扱いです。そのため、すべて有料になってしまいます。少しでも自分で減らす努力も必要ですね。またリサイクルショップも有効に活用するとよいでしょう。買取は難しくても、引取り0円で行ってくれる場合もあります。ただし、ある一定の家電は家電リサイクル法があるため処理する際には注意も必要です。また、ライフラインはお客様ご自身で手続きが必要です。水道、電気、電話、ネット回線など案外手配することも多いと思います。
今回はエアコンなどは弊社で取り外し、完成まで保管しておきます。後は仮住まいも弊社グループで段取りしました。短期、ペット可と厳しい条件でしたが、なんとか近くの物件を案内することが出来ました。
 

2日くらいでここまで建物がなくなりましたね。現場は順調ですが、お施主様はちょつと寂しい気持ちでしょう。昭和53年に建築された住宅。思い出のつまった住宅ですからね。
でもご安心を!省エネ性抜群のZEHですから快適に暮らすことできます。また、今まで離れていた家族が集まって暮らすことが出来ます。新しい思い出づくりが始まります!

でも少し残念ですが、ZEHでは必要なBELS認定が遅れているそうです。国土交通省の地域型住宅グリーン化事業の補助金165万円が受け取れる申請をしています。どうもBELSがないと着工できないようで・・・。
でも出来る限りお客様に負担をかけないように頑張ります。
 

 

投稿者: 制作管理者

2017.03.04更新

本日は刈谷市末広町にて建て替え工事がはじまるので、旧家屋解体のお祓いでした。
こちらのお客様は私が15年前にリフォーム工事をやったお客様。
同居をするために建て替えすることになり、またお声をかけていただきあました!
本当にありがたいことですよね。

毎度おなじみの刈谷市にある市原稲荷神社に来ていただきお祓いです。偶然にも宮司さんとお客様は高校の同級生だとか。
ご指名をさせていただき、宮司さんに来ていただきました。ありがとうございます。
お祓いはいろいろなやり方があると思いますが、市原稲荷さんは旧家屋の解体はこのように宅内で行うことが多いです。
 

お祓いにはこのようにお供え物を用意します。

お水:朝一番で入れた水道水
お酒:土器に移して使用するので500ml程度
お米:小皿に少々
お塩:小皿に少々
海の物、山の物、乾物 : 野菜、果物、スルメ、昆布、椎茸など・・・

だいたい、4,000円ぐらいでしょうか。お供え物は後から自ら食べることになるので自分の好きな物でもいいと思いますよ。

うれしいことに、弊社のカレンダーが壁にかけてありました。スケジュールがびっしり書き込みしてありましたよ。活用していただきありがとうございます!
 

ワンコもお祓いに参加。大切な住人ですからね!
仮住まいの手配も当社でさせていただき、ペット可の物件を借りることができました。
当社では、建替えなどのサポートも全面的に支援します。

・引越
・仮住まいの手配
・仏壇移動
・粗大ごみ処理
・必要なエアコンなどの一時あずかり
・各種保険手続き

など、当社から手配させていただきます。お気軽にご相談ください。
 

昭和53年に建築された木造家屋。私も15年前に外部全面、室内床などをリフォームし、数年前には介護改修もさせていただいたS様。
本当にいいお付き合いをさせていただいています。世代が変わっても私をご指名していただき、本当に感謝しています。

S様の思い出がたくさん積み重なった住宅を解体するので少々さみしい気持ちもありますが、7月末には新しく住まいが完成します。
次の住宅はZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)で建築します。現状より省エネで温かく住みやすい家になります。
仮住まいや引越など大変だと思いますが、今しばらくお待ちくださいね。

最後には近所あいさつも同行していただき、感謝・感謝です。
さあ、これからは私たちが進めていく番です。気を引き締めて段どりをさせていただきます!


 



 





 

 


投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog