2017.03.25更新

補助金の都合で現場は急ピッチに進んでおり、すでに仕上げも終わりキッチンも完成です。
少々工程が飛んでしまいましたが・・・(現場が忙しくて・・・)
今回のオリジナルキッチンは当社でいうスタンダードモデルにガスオーブンを追加したモデルです。
おそろいのカップボードも作成してとてもおしゃれなキッチンになりましたね。
 

水周りもすべて新しくなり、断熱性の高いシステムバスへ交換済みです。隣地との間も狭いく隣接しているので、窓は小さくして外部から見えないように工夫しています。
 

ここまで変わるとホントに「新築」にしか見えませんね。広々した明るいLDKになりました。
 


ビフォー

改修前はこんな感じでしたが・・・
 


アフター
どう見ても同じアングルから撮影した写真とは思いえませんよね!でもリフォームでここまで変わるのですよ。
 

アフター

対面式のI型キッチンになり、奥様の憧れていた間取りになりましたね!
 


ビフォー

こちらは外観のビフォー・アフターです。住まいのカタチは変化していませんが、外壁を全面張替え、庇や雨戸を塗装することで本当に見違えるほど変わりましたね。


アフター


外観もとてもスッキリしました。いかかでしょうか?

昭和47年を木造住宅を耐震改修を行い、今現在の耐震基準値をクリアさせ、水周り、キッチン、外壁全面、サッシ、間取り変更など加え、ほぼ新築並みにリノベーション。
当然多額の費用がかかっています。費用的なことをまとめると・・・。

施工床面積は1Fと2Fを合わせて約41坪
リノベーション費用は、約1,550万円
耐震改修補助金は、▲120万円
よって、1,430万円。坪当たり約35万円です。

さすがにどんなローコスト住宅メーカーでも41坪で1,430万では建築できないと思います。
諸経費もすべてコミコミですからね。

外部給排水、仮設工事、地盤改良費、外構費用、諸費用などなどは新築みたにかかりませんから。

考えようによっては安い?のではないでしょうか。
他にもメリットがあります。

固定資産税は現状のまま
住宅取得税もかからない
耐震化しているので資産価値が高い

古い住宅=壊す、ではなく、耐震化+リノベーションで古き良い住宅を活用することも、これからは選択肢としてありだと思います。

もし、ご興味があれば、お気軽にご相談くださいね。

詳しくはこちら  土日は相談会>>>

刈谷市で耐震改修のことならアルファホームへ
 

 

 

 

 

投稿者: 制作管理者

2017.03.10更新

大工工事もほぼ終わりただいま内装仕上げ工事中です。壁紙を貼り各部屋を仕上げていきます。こちらの写真はリビングの縦長窓。きれに仕上がってきました。
 

外部はこんな感じで、ガルバニウム鋼板の壁材を張っています。非常に耐久性に優れています。色目はギングロと呼ばれる色。真っ黒に比べ少しおとなしい印象です。
次はいよいよキッチンなど住宅設備機器の取り付けです。

 

投稿者: 制作管理者

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog