2017.02.04更新

アルファスタイル村井です。刈谷市にお住いのお客様より玄関ホールと廊下の荒壁に塗ってある繊維壁が剥がれてきていて、きれいにしたいとのことでご相談をいただきお伺いしてきました。老朽化によりかなり繊維壁が剥がれてしまっています。繊維壁を上から塗るという方法が一番簡単でお値打ちにできる方法ですが、触れるとポロポロ落ちる繊維壁はもう嫌だということでしたので今回は3パターンのご提案をさせていただくことにしました。①繊維壁を剥がして漆喰を塗る方法②ベニヤ板を貼付して壁紙を貼る方法③杉やヒノキの薄板を貼付して腰壁をつくって腰から上は漆喰を塗る方法  3種類のお見積りを作成してお客様とお話を進めていきたいと思います。


手摺もついているため手摺りをつかむ際にどうしても壁を触ってしまうとのことで手すりの廻りは特に繊維壁が剥がれています。






照明器具のスイッチ廻りの繊維壁も特に剥がれが目立ちます。又、壁の下の方はお客様自身でアクリル板で今現在は壁を保護しています。

 
階段の両脇の壁も繊維壁が剥がれてきています。


壁の補修や内装工事は、是非弊社にお問い合わせください。調査・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog