刈谷市K様邸インタビュー

シニアの使いやすさを、ライフスタイルも考えて提案

Q1 リノベーションする前は、どんなことで悩んでいましたか

『寒い、暗い、あふれるモノを解決したい』
ご主人:息子夫婦が敷地内で同居をすることになり、築44年の家を2棟に分けて、それぞれの世帯が住みやすいようリフォームすることにしました。以前の家は、細かく部屋が仕切られていて、壁も濃い茶色なのでとにかく暗かった。使っていない応接間など無駄なスペースもありました。耐震性も心配だったし、風呂が寒いのも辛かったですね。

奥様:とにかくモノがいっぱいあって、特に押入れの奥は何が入っているのかわからない状態でした。キッチンは独立していて壁で仕切られており、家族が隣の和室でテレビを見ていても、ひとり寂しく背中を向けて料理していました。いっぱいある食器も棚の奥にしまいこまれていて、出し入れが無理でした。

 

Q2 何がきっかけでアルファホームを知りましたか

『出会いは、キッチンショールームでの料理教室』

奥様:アルファホームさんのショールームで開催されていた、料理教室に行ったのが最初です。その前から、オシャレなキッチンのショールームがあるなって気になっていました。


 
Q3 リノベーションをすると決めたときに、すぐにアルファホームさんに依頼しましたか?

『3社で見積もり。要望以上のプランが秀逸』

奥様:いいえ、アルファホームさんも含めて3社にプランと見積もりをお願いしました。ほかの2社は、主人が描いた間取り図をもとに図面化しただけ。アルファホームさんは、自分たちが思いもつかなかったプラスアルファの提案をしてくれて、すぐに「この会社にお願いする!」と決めました。

ご主人:プランを立てる段階で3社が測量に来たのですが、測量の仕方ひとつ見てもアルファホームさんは丁寧でしたね。(ご主人は以前、設計事務所に勤務されていました)

 

Q4 何が決め手でアルファホームに依頼しましたか?

『手描きの図面に感動。大胆かつ細部にこだわった提案』
奥様:私たちが思いつかない提案をしてくれたことです。パントリーをつくるために水まわりを移動したり、テレビの光で目が痛くないよう間接照明を提案してくれたり、ほかにも車椅子が滑らないフローリングや、高い場所でも楽に開けられる扉など、私たちが将来にわたって暮らしやすい住まいを考えてくれました。
でも1番感動したのは、担当の方の手描きの図面です。家づくりへの思いが伝わってきましたね。

ご主人:喫煙家の私のために、縁側だった場所を利用して喫煙ルームを提案してくれたことには驚きました。住む人の暮らしを、本当に考えてくれているなあと感心しましたよ。

 
Q5 住み心地はいかがですが?
『オーダーキッチンのおかげで、しまいこんでいた食器が復活』

奥様:キッチンが広くなり、収納もいっぱい。オーダーキッチンなので、ゴミ箱やお盆、食器の数や深さなど、何を収納するか考えて計画的に造ってもらいました。今まで棚の奥に隠れていた食器も、やっと使えるようになったことが1番嬉しいですね。シンクで作業をするときの水のはね返りが気になっていたので、「深みのあるシンクがいい」とオーダーできたことも良かったです。

『アクリルガラスの引き戸で仕切る、リビング続きの喫煙ルーム』

ご主人:リビングから続いた喫煙ルームが気に入っています。タバコを吸うときはパーテーションを閉めればいいし、閉めてもLDKの奥まで光が届き、リビングにいる妻と会話もできます。リフォームしてから、リビングで夫婦一緒に過ごす時間が増えました。ふたりとも自分の部屋がありますが、ほとんどリビングにいます(笑)。

『断熱補強と床暖房で冬も体が楽に』

ご夫婦:耐震補強や外観リフォームと一緒に、断熱補強もお願いしました。既存の窓に内窓を加えた二重窓や、ペアガラスに交換したことで、冬は驚くほど暖かくなりました。LDKには床暖房を設置したので、足元が暖かくて体が楽です。


Q6 リノベーションを終えての感想をお願いします。

『セカンドライフが充実しそうです』

奥様:使い勝手がいい、暖かいというのはもちろんですが、リフォームしたことで夫婦ふたりでの暮らしが充実したように思います。コーヒーを淹れるのは主人の担当ですが、ダイニング側にコーヒーコーナーもできて、そんな小さなことですが、暮らしを楽しむゆとりが生まれました。
 
★コメント
とてもおだやかで仲良しなご夫婦。
インタビューの際、非常に嬉しそうに答えていただいたのが印象に残っております。
「本当に暮らしやすくなったわ」とたくさんお話ししてくださいました。
満足200%とも言っていただき、スタッフも非常に嬉しく思っております。
インタビューを引き受けていただき、本当に感謝しております。
編集:広報担当 西尾





<<この物件の施工事例はこちらから

   刈谷市 古民家再生リノベーション no.22

『シニアの使いやすさを、ライフスタイルも考えて提案』
 


<玄関周り>
趣ある網代天井や式台は、そのまま残して玄関をリフォーム。造りつけの大型靴箱のほかに、空いたスペースに腰かけ台も用意しました。靴の脱ぎ履きに便利です。

















<トイレ>
トイレは、開け閉めしやすい引き戸を採用。人の気配で電気が付く、人感スイッチも設けました。


 

<押入れ>
たくさんある奥さまの洋服をしまうため、和室の押入れをクローゼットに。整然と見やすくなったので、管理がしやすくなったそう。


<廊下周り>
艶が出て味のあるサクラ材の床をそのまま活かせるのが、リフォームの良いところ。クローゼットの取っ手は、つかみやすい縦タイプを選びました。


 

<個室:ご主人の部屋>
ご主人の部屋は、施工の途中段階で一度パソコンを置き、コンセントの位置を確認・変更して使い勝手よく仕上げました。


 

<個室:奥様の部屋>
元の応接間は奥さまの部屋に。趣味の声楽やピアノを気兼ねなく楽しめるよう、防音タイプのドアを採用しました。


 

<洗面脱衣場>
床は、サッと汚れが拭き取れる撥水性のよいタイプを採用。デッドスペースを利用した造りつけの棚も設けたので、収納にも余裕があります。


 

<パントリー>
キッチンからすぐアクセスできるパントリーをつくりました。元々は浴室であった0.75坪を改修してつくりました。限られた大きさを有効に使うため、棚の奥行きを変えています。


 

<リビングボード&リビング>
造りつけのテレビボードの壁に、消臭効果のあるエコカラットを施工。テレビの光をやわらげるという間接照明も取り付けています。また、床暖房もLDKに設置して快適で過ごしやすい空間をつくりました。


 
image1image2

<キッチン周り>
キッチンのダイニング側は、引き出しの収納がたっぷり。キッチンの色を白で統一しているのでスッキリした印象です。オープンキッチンは、大人数の食事の支度や片付けのときに便利とのこと。ゴミ箱もキッチンの中に収まるようにオーダーしました。


 

<背面のキッチン収納>
何を入れるかを考えて、サイズも計算に入れて設計したキッチン収納。小型家電もすっきり収まっています。高い棚からモノが取り出せるよう、引き出せる工夫もしてあります。


 

本瓦の立派な外観を趣をそのままに、玄関扉や外壁などのリフォームを行いました。開口部が大きいため、複層ガラスへの交換、内窓設置も行い、断熱リフォームも行っています。