43:耐震改修事例

2018年6月30日 土曜日

刈谷市にて戸建耐震改修+リノベーション

刈谷市野田町にて昭和40年代の木造戸建てを耐震改修(刈谷耐震改修補助金対象)して、おばあさんと娘夫婦が同居するためにリノベーションしました。
大幅に間取り変更を加え、約45坪の木造2階建てを全面改修をしました。

ビフォー・アフター比較


アフター:キッチン
 
キッチンはもちろんオリジナルキッチン。手前のどうしても撤去できない柱をそのままにして対面キッチンをつくりました。

ビフォー:キッチン
 

アフター:外観

屋根瓦はそのまま。外壁はすべて剥がして、耐震補強を加え、ガルバニウム鋼板で張替えしました。色目はギングロです。破風板もガルバで巻いています。雨樋も全面取替え、庇や軒裏は塗装にて仕上げています。
 


ビフォー:外観

破風板の塗装は剥がれ、外壁も随分劣化していました。
 


工事中の様子
 

内部解体の様子です。内側の造作はほぼすべて解体します。ただし、古い建物なので想定外のことが起こります。ここの現場では、「柱」がありませんでした。
 

原因はこれ。シロアリ被害でした。残念なことに、シロアリ被害で6帖一間の柱が一つも無い状態でした。
 

外側だけを残し、内部造作はほぼすべて新しく作り直します。
 


耐震補強工事
 

耐震補強工事:基礎増強
 

耐震補強:筋交い増設
 

耐震補強:梁補強
 

耐震補強:外部周りには補強面材を張ります。
 

耐震補強:面材補強
 


断熱改修工事

床下地組を新しく造作して、床断熱を隙間無くはめ込みします。
 

壁、天井には断熱材を新しく充填します。
 


 

ライフラインの更新

給水管・給湯管・排水管はすべて更新します。電気配線も新しく更新します。


アフター写真集


 


 

 

image1 image2

 



昭和40年代の木造2階建てが生まれ変わりました。耐震性も向上し、1.0以上の数値をクリアし、新たな暮らしにあわせリノベーションした事例です。施工床面積は約45坪。
耐震改修にリノベーション費用を合わせると・・・

工事費用 約1,600万円 (刈谷市耐震補助金は120万あり) 実質は約1,480万円
施工床面積 45坪
施工期間  約3ヶ月半

投稿者 アルファホーム株式会社 | 記事URL

2018年2月20日 火曜日

刈谷市東境町の耐震改修工事レポート

営業の岡田です。
昨年末から工事をしておりました。
刈谷市東境町での耐震改修工事が完成しました。
今日、足場を払い、外まわりの掃除をしてきました。
写真を撮ってきましたので、早速ブログにUPです。

木造在来式軸組工法の建物
昔ながらの、日本の木造建築物です。
壁は土壁で、土台、柱、梁 躯体で家が構築されています。
壁の補強では筋交いを入れて補強します。

地震の揺れで、力が集中する壁の柱には、基礎と土台を緊結する
ホールダウン金物という物を取付けします。
土台から基礎にかけてドリルで穴をあけて、特殊なボンド
でM16の全ネジボルトを基礎に固定します。
この金物を引き抜き防止金物と呼んでいますが、
地震の際、横揺れ、たて揺れで柱自体が抜けてしまう事が
あるそうです。阪神淡路大震災の教訓より・・・・
このような補強を家全体にバランス良く施す事で、
耐震強度が上がるのです。

耐震改修前の外観です。
内部、外部共に耐震補強をしました。

耐震補強をして外壁の張替えもしましたので、
新築のようにきれいになりました。

南に玄関があります。
玄関は家の顔ですから、腰壁は杉板張りをして
昔を再現しました。立派なお庭にマッチしています。

この現場は刈谷市の無料耐震診断がきっかでご相談があり
弊社設計士の水野と現場下見をして、
耐震補強プラン→工事見積りといった流れで、工事請負しました。
刈谷市では弊社を含め6~7社ほど、
補助金を利用して耐震改修工事を請け負うお会社さんがあります。
その中から弊社に決めていただいた理由は、
【実績】でした。
お客様は、市役所で相談したり、インターネットでホームページ
を見たりと色々と下調べをして弊社に決めたそうです。
ホームページを見てしっかりやっている会社だと
言っていただけました。嬉しかったです。
弊社は平成17年から耐震改修工事を積極的に行ってきました。
現在刈谷市の補助金利用耐震改修工事実績で70棟を突破しました。

これも、小規模ではありますが、地域貢献です。
地域密着で頑張っているからこそ、刈谷市で№1になりたい。
リフォーム、リノベーションの中で、【耐震工事】だけが、
本当の安心を得られる工事かもしれません。
明日おこるかもしれない地震、さけられない地震から
人命を守るための、大切な工事です。

4月より30年度の耐震改修工事がスタートします。
気になる方は岡田まで気軽にご相談ください。



投稿者 アルファホーム株式会社 | 記事URL

2018年1月29日 月曜日

刈谷市東境町の耐震改修工事レポート

岡田です。
刈谷市東境町の耐震改修工事の現場では、
市の中間検査を先日受けました。

刈谷市の建築課の方が2名で来ていました。
写真真ん中が水野さんです。
アルファホームの設計の隊長です。
一番手前でおしりを向けているのが、
大工さんの大河内建築さんです。
大工さんも一緒に参加して、施工確認をしています。

現場では、だいたい1時間程度しっかり検査して
いただきました。
その中で、実際の設計計画と、施工の相違などが
あれば、計画・施工等の是正を計り進めていきます。
検査は問題ありませんでした。
お施主様に報告をすると、安心した表情で
そうですか」ありがとうございます。
とおっしゃていました。
第3者が検査してくれる事で【安心】が増えます。
耐震改修の意義がここにあると思います。

建物外玄関廻りの壁は耐震補強が一通りできました。
今週中で外部の耐震補強は完了しそうです。

先週は雪が降ったりで、中々外部の仕上げが進みませんでした。
今週は、天気もよさそうなので、現場も進んで行くと思います。
完成予定日に向けて、職人さん、設計士さん達とがんばります。
 

 


 




投稿者 アルファホーム株式会社 | 記事URL

2018年1月15日 月曜日

刈谷市東境町の耐震改修工事レポート

営業の岡田です。

新年、「初」ブログです。

「あけまして、おめでとうございます」
本年もよろしくお願い致します。

新年早々、地震速報 1月5日でしたでしょうか・・

緊急地震速報が関東地方中心に流れたそうです。

震度5の地震、強い揺れに注意してください。

その後の気象庁の発表では、茨城県沖と富山県西部を

震源とする地震が11時2分頃同時で起きた模様。

マグニチュードはそれぞれ、茨城県沖で4.4

富山県西部で3.9の観測だったようです。

今年も、おおきな地震が来ない事を祈るばかりです。

地震が来た時に備えて、今からでもできる事考えてみました。

①家族との集合場所

②連絡の取り方

③家具の転倒防止「正しい知識を持って!!」

④ガラスの飛散防止「飛散防止フィルム張り!!」

⑤水・食べ物の備蓄

⑥古い建物の耐震化

①~⑤は明日からでもすぐにできる事です。

⑥は大きなお金がかかります。なので、、、
国・市など補助金の有効活用と工事をする事によって受けられる優遇措置
固定資産税「家屋」の税金控除、所得税控除、火災保険などの割引など・・・
を考えて計画的に耐震化を計る事も考えていかなければなりません。

どれも人命を守るためにはかかせないものです。

そんな時は、アルファホーム㈱までお気軽に問い合わせください。

2階洋間の耐震補強が終わり、大工さんが
クロス張り前までの下地造作をしています。

耐震補強が終わってからの作業は通常のリフォームと
変わりありません。床はフロアを張ったり、壁・天井は
ビニールクロスを張って仕上げていきます。

内装のクロス張りまで完了しました。
部屋が明るくなりました。

耐震改修を合わせて、クローゼットも部屋内に
一つ増設しました。このクローゼットは奥様が
喜んでいました。

外壁の耐震補強も続けて行っていきます。
足場を組んで、イメージシートも設置させて
いただきました。
まだまだ、寒い日がつづいていきますが、
風邪引かないように、がんばります。
 

 

 

 









投稿者 アルファホーム株式会社 | 記事URL

2017年12月25日 月曜日

刈谷市東境町で耐震改修工事スタートしました。

営業の岡田です。
本年度最後の耐震改修工事になりました。
現場は刈谷市東境町です。

現場です。
建築は昭和31年の建物・・・築61年
半世紀以上です。見た感じ新しそうな感じですが、
その理由は、2度増築工事をしていて、
その時に、リフォームをしているためでした。
耐震改修工事では、躯体を直接補強していきます。
解体後にいままでどんなリフォームをしてきたか
良くわかります。

今回、弊社に工事を注文していただいた
きっかけは、刈谷市の耐震補強工事実績会社名簿
の中に弊社の名前があった事と、
ホームページなどで、耐震改修工事の紹介をして
いて、信用がある会社だとお施主様が思った
事がきっかけでした。

ありがたいです。。。

では、今回の耐震改修工事の内容です。
まず、刈谷市無料診断結果

【耐震診断】
上部躯体評点 最低値 0.28
改修後の評点 最低値 1.10

やはり、診断時では、相当弱い数値が出てしまい
ました。昔ながらの。南に広縁、掃出し窓が連続して
壁がない事、また、増改築を重ねて建物の重心と剛心の
バランスが悪くなってしまっている事。

弊社では、木造耐震診断員が現場に伺いその建物に
あった耐震補強計画を一件事に行い、設計・施工を
一貫して行う事ができます。また、それを
お客様にしっかりとご説明できる、経験値が
あるので、そんな所も他社にはできない強味だと
思っています。

刈谷市の耐震診断・耐震補強・設計・施工
お気軽にご相談ください。
 

建物を裏から撮った写真です。
奥行が違う3つの建物が繋がっているような
感じに見えないでしょうか?
私は建物を裏から見た時に増改築に気づきました。

今回の耐震補強では、屋内、屋外を合わせて
補強していきます。
かなり大きな建物ですので、耐力壁の数も
53ヶ所もあり、大工さんも腕の見せ所です。

まずは、2階の洋間の壁から補強していきます。
解体後の写真です。
既設の筋交いがしっかり確認できました。

計画図面とは、筋交いの向きが逆に入っていました。
筋交いの向きを直して新規で設置しました。

新設した筋交いの接合部は指定された金物で
しっかり固定します。
金物の設置写真は部位ごとになりますので、
どこの壁の補強金物か分かるように
壁を番号で管理しいきます。

筋交い、金物の補強が終わると、耐力壁面材を設置します。
留め付け釘のピッチ等もマニュアルを確認して、
75mm間隔で留め付けていきます。

こんな作業を53壁していきます。
完成予定は来年2月末日です。
寒い時期になりますが、職人さんと
協力してしっかり施工させていただきます。
I様よろしくお願い致します。
 

 

 

 


 






 


投稿者 アルファホーム株式会社 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31