豊田市O様邸インタビュー

家事動線にこだわった ママ目線の家

Q1 アルファホームに決めた理由は?

『ショールームのキッチンが決め手でした』
 ご主人様:子どもが歩きはじめ、おもちゃも増えてアパートが手狭になり、一戸建てを考えるようになりました。実は、会社の同僚がアルファホームで家を建築。「予算内で考えてくれるよ」と聞き、さっそくショールームへ。そこで一目惚れしたのが、ドイツ製の食器洗い機「ミーレ」。外国製の大型食器洗い機を採用していることに驚きました。共働きの妻の家事を少しでも楽にしたいのと、私も一緒に家事をするので、これなら洗い物が楽だなと(笑)。設備もよくてデザイン性も高いキッチンを入れても、予算内で家を建てられると聞きアルファホームに決めました。


『ショールームのインテリアが素敵で』 
 奥様:私は、ショールームのダイニングテーブルや照明がステキだなって。施工例集で見る家は、どの家も参考になるインテリアばかり。ここでなら、シンプルで木のぬくもりが感じられる私の理想の家が実現できると感じました。
 

Q2 間取りのこだわりを教えてください。
 
『水まわりが集中している短い家事動線』 
 ご主人様:キッチン→パントリー→洗面室と続く、直線ラインの家事動線です。真っすぐ短い距離で移動できるので無駄がないですね。洗面室にはガス乾燥機を設置したので、洗濯物はしっかり乾くし、そのまま洗面室の棚に収納するので、部屋が洗濯物で散らかることがありません。妻が棚の仕分けボックスに、アイテム別にラベルを付けてくれたので、いちいち聞かなくても間違えずにしまうことができます(笑)。アルファホームさんは、グループ内にガス会社があるので、料金も安くすみ助かります。
『子どもを見守りやすく、帰宅後の動きも効率的』
 奥様:LDKの隣に、続き間の部屋を設けました。今は子どもの遊び場ですが、おもちゃがここに集中しているので、多少散らかっていてもストレスがありません。この部屋は、キッチンから見えるので安心です。奥は死角になりますが、実はそれが気に入っています。子どもが少し大きくなって1人になりたい時に、そういう場所があるといいと思うので。あと、玄関からすぐに洗面室やパントリーに行けるので、汚れ物をすぐに洗濯機に放り込めるし、買い物品をすぐにパントリーにしまえて便利ですよ。


 
Q3 デザインでこだわったところを教えて下さい。
 
『洗練された、木のあたたかみ×ホワイトカラー』
 木のほっくりした温もりが好きだけれど、カントリーっぽい雰囲気は好みではなかったので、「木の色×内装やキッチン設備のホワイト」の色バランスに気を遣いました。なかでも、一番お気に入りの場所はキッチン。ステンレス製のワークトップやレンジフードが加わって、シャープで、より洗練された雰囲気になりました。ちなみに床は、無垢材のように見えますが、アルファホームさんが提案してくれたフロアタイルです。オレンジ系の温かみのある色で木目がはっきり。その上、汚れがサッと拭けてメンテナンスが楽。いい床材を紹介してもらって気に入っています。


 

Q4 オーダーキッチンの使い心地はいかがでしょうか。

『キッチンと一体型のカウンターで、空間がスッキリ』
 SNSで見た一体型のキッチンカウンターにひと目惚れして、アルファホームさんに似た形で造ってもらいました。オーダーなので、手元が見えないカウンターの高さや、キッチンと合わせた色やデザイン、収納プランもすべて思い通り。なかでも、ダイニング側に作ったニッチが大正解。卓上調味料が置けるし、奥にはコンセントも設けてあります。キッチン後ろの造り付けの食器棚は、米びつやゴミ箱など、収納したいモノのサイズに合わせて棚を計画。自分の動きを考えながら、スタッフと一緒に造ったので、使いやすさは抜群です。

 
Q5 はじめての家づくり、不安はありましたか?

『SNSを使って、思いついたらすぐに伝えました』
SNSでグループをつくって、やりとりをさせてもらいました。参考にしたい画像を送ってイメージを共有し、思いついたこともすぐに発信。事前にいろいろと伝えられたので、中身の濃い打ち合わせができたと思います。最初のころは少し不安でしたが、どんどん楽しみになっていきました。

 
Q6 新しいお家の住み心地について教えて下さい。

『家事効率もよく、家も広々。ゆったりとした気持ちに余裕ができました。』
 ご主人様:妻の様子を見ていると、前より落ち着いて暮らしている気がします。以前は、家が狭くてモノもしまえず、せかせかしている感じでした。子どもも家の中やウッドデッキ、庭を行き来しながらのびのび動きまわっています。二人の様子を見ていて、理想の家を建てられて本当に良かったと思います。
 奥様:家が広くなり、家事も効率よくこなせて、なぜかゆったりとした気持ちでいられます。食事の後片付けや、モノの整理などがしやすくなり、主人が今まで以上に積極的に家事をこなしているので嬉しいですね(笑)。

編集:広報担当 西尾





<<この物件の施工事例はこちらから

   注文住宅 豊田市。no.33

    『家事動線にこだわった ママ目線の家』