廣村社長の紹介

廣村社長の紹介

社長挨拶

代表取締役社長  廣村 高太郎

「想いをカタチに」

人、それぞれの想い。
それは、こだわりだったり理想や夢。それをカタチに変えてつくりあげる。
あなたの想いを実現させるために。

これがアルファホームのお約束です。家づくりには夢があり、とても楽しいものです。リフォームであっても新築であっても同じです。そしてこの家づくりにおいて一番大切なことは、快適な暮らし支え家族みんなが集まる居心地のよいLDKをつくること。そしてその中心となるものが「キッチン」。毎日そこで食事をつくり、家族みんなが ふれあい、話をするのもおいしい食事があってこそ。それを可能にするのがどんなライフスタイルにも対応できるオーダーキッチン。友達がたくさん集まるキッ チン。家族が集まりみんなで食事をつくるキッチン。こだわりをもった厨房としてのキッチンなど様々なシーンで活躍するキッチン。当社ではキッチンからはじ める家づくりのご提案をすすめています

自己紹介

住宅業界の醍醐味

私は文化系大学の出身です。ですから、建設業界はまったくの畑違いだったんです。

入社当時は、現場で飛び交う専門用語がチンプンカンプン でした。職人さんと会話が出来ず悔しくなり、一生懸命に勉強して、1年間で資格のほとんどを取りました。建築の業界は、当然ながらプロが説明をします。で も、いくら専門用語を連発しても、素人のお客様には話の内容を理解できないことが少なくありません。

私は、いわば「建築のシロウト」。説明を理解できないお客様の気持ちが、痛いほどわかるんです。そういった理由から、お客様には、とにかくわかりやすく説明しようと心掛けています。建築の専門家とお客様との橋渡し。いわば「通訳」の役割ですね。

・趣味・好きな事 : 旧車いじり、BBQ、サッカー観戦
・好きな言葉 : 永遠の素人
・資格 : 2級施工管理技士、2級管工事施工管理技士、等

アルファホームはどんな会社?

私の目指すアルファホームは「アナログで人間味にあふれる会社」です。社員は誰もが、「お客様のために」を考えています。お客様も、会社名以上に担当社員の人間味に惚れ込んでいただいています。

会社名でなく、自分の名前で仕事を指名してくれるのですから、社員もやる気が出ないワケがありません。ですから「お客様のためなら、いつでも駆けつけます」という心構えで仕事が出来るんです。お客様の思いにどれだけ応えられるか。そして完成したとき、どれだけ一緒に喜んでいただけるか。

「ありがとう。頼んでよかったよ!」というお客様の驚きと最高の笑顔に、トコトンこだわっています。

代表として意識していること

代表として意識していること

どんなにすばらしい想いでも実際には現場でカタチにしなければなりません。お客様の想いを理解して、現場とのやり取りをいかにスムーズに行うかもとても重要な仕事です。

それがうまく出来ないとお客様にとって家づくりが不満のかたまりになってしまいます。

でもご安心を。
当社のスタッフは現場経験の豊富な者ばかりですから幅広い知識もあり、現場の職方とのコミュニケーションも問題ありません。当たり前ことかもしれませんが、ここがうまくいかないとカタチにすることができませからね。

オーダーキッチンへのこだわり

リフォームへのこだわり

知ってほしい「自由設計という価値」

キッチンにおいてお客様の「想い」は様々。それは、デザイン、機能性、調理機器、大きさ、高さ、素材・・・などお客様によってこだわるところもまったく異なってきます。住宅であればハウスメーカー、地元のパワービルダー、工務店、地元の大工さん、輸入住宅、設計事務所・・・と限りなく選択しがあるのになぜかキッチンの選択肢は数社のメーカー系ばかり。これで本当に自分だけのキッチンがつくれるのでしょうか?

でもオーダーキッチンであればすべてが可能に。
こだわりの海外ブランド機器、機能的なカウンターやシンク、大きさ、収納など「つくる」楽しさを味わいながら
自分だけの、こだわりキッチンをいっしょにつくりましょう。
 

お客様へのメッセージ

アルファホームは「想いをカタチにする会社」でありたいと思っています。ですから、ショールームではお客様の想いや夢を存分に語っていただける、リラックスした空間にしています。そのため当社ショールームに来ていただくと「あれ?誰もいない??」と感じると思いますが、実はスタッフを見えないようにして、心地よく打ち合わせをしていただきたいと考えているからなんです。

オーダーキッチンを中心に、リフォームから新築をご検討されていらっしゃるお客様は、お気軽にお越しください。そこで、「想い」を存分に語ってください。

きっとあなたの「想い」がカタチになります。

社員が語る!人間・廣村社長の魅力

横山 茂幸(総合プランナー 次長)
横山茂幸(総合プランナー 次長)

私は入社17年目で、廣村社長は3年先輩に当たります。入社以来ずっと同じ部署でしたので、もう家族よりも長いお付き合いですよ。

普段はどんな人ですか?また良いところ、直してほしいところは?
とにかく明るい人柄なことですね。素直で、わかりやすい性格です。悪いところは、思ったコトをすぐ口に出してしまうことでしょうか。一度、頭の中で考えてから発言して欲しいですねぇ(笑)。でも、それも含めて社長の魅力でしょう。
盛り上げ上手なので、社内のモチベーションを上げていただくことが、社長の仕事なようなもの。でもその一方、新たな事業分野をコツコツ勉強する姿も見ています。「面白いけど真面目」。そんな社長の人柄が、社風をつくり上げていますね。それに現場の叩き上げなので、社員の気持ちはもちろん、現場スタッフの気持ち、何よりお客さまの気持ちがわかる人です。これからも、社長就任時の謙虚さを忘れず、ブレずに突き進んでいって欲しいですね。

最後に社長へメッセージを
アルファホームは、社長以下、本当に風通しのいい会社です。言いたいことを直接、社長に伝えられる会社です。そして何より、社員一人ひとりのマンパワーが凄いことが武器です。今後は、それをいい意味で組織化していきたいですね。互いの持ち味を活かし合える、最強の会社にしていきましょう!

岡田 和樹(プランナー兼・工務課長)
岡田 和樹(プランナー兼・工務課長)

廣村社長は、私が新入社員で入社したときに直属の上司でした。

社長は普段どんな人ですか?
社長は、とにかくウラとオモテがない人です。多分、家の中と職場でのタテワケもないんでしょう。いろんなことに興味があって、好奇心旺盛。いつも新鮮な発想を持っています。ま、子供っぽいとも言いますが(笑)。仕事は徹底してやりますし、「これくらいでいいだろう」という中途半端な姿勢は見せません。いちばん尊敬する部分は、入社して20年経った今でも、初心を忘れないことですね。

口癖、よく言われることはありますか?
会議では、「あわてず、あせらず、諦めず。そして、プラスαのご提案」という口癖が、常に飛び出します。この4つを心掛けているからこそ、お客様の満足度が高いのではないでしょうか。

良いところは?
発想の柔らかさも見習うべき点ですね。仕事は慣れてくるとルーチンになりがちですが、社長は常に効率を考えています。「今までこうだったから」でなく「この方が効率的じゃないか」と。ある意味、面倒くさがり屋さんなんでしょう。それに、すべて自分で完結しようとしない。信頼のおけるスタッフに仕事を投げることで、社長自身は「0から1にする」作業が出来る。いろいろな情報を集めてコントロールして、モノを生み出すことに長けているんです。

直してほしいところは?
緊張感から開放されたときに「プシュう~」って口から空気が漏れる音がするんです。あと、感情が出過ぎるので、もう少しコントロールして欲しいですね。指で机をトントン叩き始めると、危険信号です。デスクが近いので、私が真っ先に被害者になるんです(笑)。

最後に社長へメッセージを
強力なスタッフがついていますから、社長はどっしり構えて社長業に専念してくださいね(笑)。