2019.06.21更新

安城市高棚町に有ります、新築工事の現場が順調に進んでいます。

こんにちは。新城です。

安城市高棚町にあります、現場は6月に頭に上棟をしました。

1

1

その後も順調に作業は進んでいき

柱・筋交い・金物としっかり検査をクリアしまして

1

断熱材の施工の段階まで来ました。

1

断熱材は隙間なく施工されています。

これだけでも段々と暑くなってくる今の時期には

バツグンの効果です。

内部と外部では体感気温が全然違います。

性能の良さを実感しますね。

1

外部も透湿防水シートの施工が完了しました。

今も順調に進んでおり外壁は今週末~来週頭には完成の予定です。

 

またその様子も報告します。

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.06.13更新

長坂です。

上棟後1週間の現場にお施主様をお呼びしてコンセントやスイッチの位置の確認をしました。

奥では電気屋さんが作業中です。

0613KY1

以前図面上で決めたものを実際に現場で確認するとイメージが違ってたことも良くありますので毎回行っています。

できれば隣に置いてある断熱材が入る前のこのタイミングがベスト。簡単な変更ならその場で修正してしまいます。

そしてここにも当然入っています。安心にプラスαの制振ダンパー「エヴォルツ」

0613KY2

 

それが終わると先程の断熱材を壁に埋めていきます。

0613KY3

隙間がないようビシーっと取付けしています。大工さん丁寧です。力仕事と繊細さと切替えやメリハリが大事なんですね。

断熱材はグラスウール16K/マグイゾベール。

0613KY4

 

そしてキレイに片付けして床材を張っていきます。

0613KY5

釘だけではなくボンドもがっつり使います。

玄関の上り口です。張り終わると傷防止ですぐに固いプラスチック板で養生します。

0613KY6

明るいお家になりそうです!

投稿者: アルファホーム

2019.06.03更新

長坂です。

大工さんが上棟前の土台敷きをしております。

0601KY1

まずは基礎の上に土台を固定していきます。土台が基礎から浮いているように見えるのは間に通気用のキソパッキン(黒色)がかましてあるため。

土台は桧なので現場はとってもいい匂いがしています、いよいよ大工工事が始まりました。

基礎の上に置いて固定するだけの簡単な作業のようですが、これからこの上にいっぱい乗っかってきますのでとっても大事な作業なのです。

基礎の天端に墨を打って上から確認しながら、あらかじめ基礎に埋めてあった鉄筋と土台を固定してゆきます。とんかちでカンカン叩いて微調整しています。この土台にも1本1本記し(「い1」のように)がありますのでその通りに確認しながら配置しています。

0601KY2

大引の下には基礎がないので鋼製束で支えていきます。画像は和室の畳の下なので土台より畳の厚さ分下がっています。

0601KY3

だいぶできあがってきました。合間に防蟻屋さんが土台側面に防腐材を塗っていかれたようです。

完了後はブルーシートで雨養生して上棟を待つばかり。当日は雨降りませんように、、。

 

そして上棟当日。快晴。昨日までの雨が嘘のようです。

0601KY4

約40坪なのでいつもより少し大きめですが大工さんは6名で作業中。どこまで進むのかちょっと心配でした。雨が多いので屋根の防水までやって外部ぐるっとブルーシートまではなんとかお願いします!日が落ちるのを少し覚悟。

 

と思いきや陽が余裕であるうちにもうじき完了のお知らせがきました。急いで向かうとどうだと言わんばかりの職人さん達がお待ちかね。パッパッと上棟式の支度を終えその後無事に上棟式まで終えることが出来ました。

0601KY5

このまま順調に進みますようにお祈りを捧げます。

それにしてもLDKがでかい。

投稿者: アルファホーム

entryの検索

月別ブログ記事一覧

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog