2019.01.24更新

こんにちは。新城です。

刈谷市高須町にあります、現場は順調に進んでいます。

三区画のうちの一区画です。

1

室内の様子です。

写真写っていますのは天井の断熱です。

隙間なく施工をしています。

天井のプラスターボード用の下地の木材は

基本尺ピッチで木材を施工しているのですが照明の位置等の関係で

どうしても木材と干渉してしまう場合があります。

そのような時は写真左上にありますように補強をして補っています。

そのために大工さんとしっかりと位置関係を相談して下地を入れてもらっています。

1

今度は外壁です。

外壁はこのように施工されています。

柱→防湿・防水シート→通気胴縁→金物→外壁 という順番になっています。

柱にべたんと外壁を付けているものだと思っていた方も沢山いるかと思います。

なぜ写真のように柱と外壁まで隙間があるかと言いますと、通気や雨漏り防止のためです。

隙間は空気の出入りがあり、それにより壁内での結露を防いでいます。

次に雨漏り防止についてです。

基本外壁材が1次防水を役目をしますが外壁材にはどうしても継ぎ目が出来ます。

その継ぎ目もコーキングで塞ぐのですが経年劣化により細かな日々が入ってしまう場合があります。

その時に防水の役目を果たすのが防水シートと通気胴縁です。

外壁材の裏に回ってしまった雨をまず防水シートで室内まで通さず、

通気胴縁で出来た通気の空間を伝って外に出ていくという形になります。

数ミリの空間が家を守るということです。

このように職人さんたちが細かいですがしっかりと施工していただけているのでありがたいですね。

 

足場がばれるのももうあと少しです。

その様子も報告します。

投稿者: アルファホーム

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog