2018.12.06更新

こんにちは。

新城です。刈谷市高須町にあります、新築工事の現場が先日着工しました。

新築工事の最初の工程である基礎工事が進んでいます。

1

掘削・砕石・転圧が完了した状態です。

しっかりと固められています。

1

そして次の段階の捨てコン防湿シートです。パッと見では見分けがつきませんが近づいてみると。。。

1

こんな感じになっています。

防湿シートは地面からの湿気が登ってこないようにするための物ですこれから施工されるコンクリートの厚みだけでも良いそうですが念には念をということです。

捨てコンは直接の強度には関係ないですが、型枠の位置出し等をするために必要なのです!施工には重要になるのでしっかりとお願いしています。

1

そして、こちらが配筋の施工です。

施工の次の日には検査を行います。抜けがないか確認しまして、次の段階へと進みます。

1

ベースコンクリートを打つための型枠を組んだ状態です。

そしてコンクリートを打つと。。。

1

こんな感じです。打ったばかりなので水っぽいですが、次の日には乾きます。

そして次の段階は土台をのせるための立ち上がりを打っていきます。

その施工が明日行います。

最近はちらほら雨模様ですがこちらの現場は運よく雨を外れています。

関係者の日ごろの行いが良いからでしょうかね、、、、

 

また今後の施工の様子も報告していきます!

 

 

投稿者: アルファホーム

2018.11.26更新

アルファホームの横山です

刈谷市高須町に3区画あるアルファホームの分譲地で基礎工事が始まりました。

こちらは販売翌日にお問い合わせをいただき、すぐにご購入を決断していただいた物件になります。

元々は建売住宅のご購入を検討していたところに希望のエリアで金額差もなく注文住宅が建てられるならということでご購入を決意されたそうです。

刈谷市 新築 注文住宅

 40坪の土地に30坪の建物を建築します。

お庭も駐車場もしっかり確保できるちょうどいいサイズ感です。

刈谷市 新築 注文住宅

長期優良認定住宅で耐震等級3の建物を建てるには基礎が重要。構造計算された基礎図に従って工事が進められます。

刈谷市高須町 新築 注文住宅

部分的に深く掘られている所は地中梁と言って広い間取りを取った場合に強度を保持するための鉄筋量やコンクリート量を増やす為に地盤の高さを変えています。

新築 注文住宅 基礎

年内に上棟を迎え、来年の2月末にはほぼ完成し3月にはお引越しが出来るように進んでいきます。

投稿者: アルファホーム

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog