SW工法の家づくり

本当の家づくり、それは性能を数値で表せること

本当の家づくり。それは広さや、見た目だけのデザインではなく、すべてに「理由」がある家づくりです。その理由がしっかりとした数値で表せるのがSW工法です。
当社ではこの「SW工法」を取り入れ、高断熱・高気密、高耐震構造、計画換気システム、冷暖房のバランスの良い家づくりをすすめています。

施工品質と高性能SWパネルで成せる1.0以下のC値

「C値」とは気密性を表した数値です。気密性が高くなると「C値」は少なくなります。住宅において気密性を高めるのは「隙間」を少なくすることです。どれだけ断熱性能を上げても、隙間が多ければ高断熱な住宅にはなりません。通常住宅の気密性を表す数値は記載が義務付けられていないのですが、SW工法ではこの「C値」を明確にしています。数値が分かるからこそ住宅性能が把握できるのです。「C値」を高めるには現場での施工品質において「隙間」を少なくしなければなりません。そのため、当社では現場ごとに気密測定を行っており、C値が1.0以下になるようにしています。

高耐震構造・高断熱

高性能スーパーウォールパネル

 

湿気に強い発砲ポリウレタン

 

基礎断熱を施工

現場での施工品質にはこだわっていますが、それだけでは本当の高気密・高断熱住宅は不可能です。当社のSW工法では、プレカットにて現場ごとに生産された高性能スーパーウォールパネルを設置していきます。このパネルには発泡ポリウレタンが施されており、気密を確保するために他にも様々な工夫がされています。この高性能なパネルの力で、C値1.0以下が実現できるのです。

計画換気システム

高気密・高断熱住宅には欠かせない計画換気。当然隙間がない家なので換気をする必要があります。でもこの計画換気に一番重要なことは隙間がないことです。

C値が1.0以下だから出来る計画換気。もし隙間だらけの住宅であれば図のような空気の流れは望めません。このようにC値があるからこそ本当の意味で高気密・高断熱住宅といえるのです。

事例

愛知県岡崎市 SW工法オーダーハウス 2013年竣工
SW工法で建築したオーダーハウス。真冬の構造件学会時にエアコン6帖用1台だけで部屋の気温が19℃まで(外気温4℃)上昇したことには驚きました。隙間のない証拠です。C値は0.69でした。

建築面積 74.22㎡(22.45坪)
1階床面積 67.59㎡(20.45坪)
2階床面積 59.31㎡(17.94坪)
延床面積 126.90㎡(38.38坪)

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog