2020.01.31更新

今回のミーレ食器洗い機取替工事事例は、刈谷市のI様邸。古くなったミーレからミーレの取替事例です。

こんにちは、アルファホームの廣村です。

旧式のミーレ

こちらが旧型のミーレ食器洗い機。今回はミーレからミーレ。新築時に設置して約13年程経過。故障がきっかけで取り換えることになりました。

既設ミーレ撤去

既設の故障したミーレを取り外します。何せ重たいので、作業はいつも二人で行います。

ミーレ

ミーレを撤去した様子。スッポリ撤去できました。

ミーレ

新しくミーレ食器洗い機を設置した様子。今回は120周年記念モデル、G4920SCiを設置。ドアを開くと、記念モデルらしく、広告看板らしきものがありました。

ミーレ4920SCi

ミーレリフォーム

ミーレ食器洗い機用のパネルも作成し、既設のキッチンとも違和感なくピッタリおさまりました。

電源コンセントはそのまま使用できましたが、給排水の配管が推奨している配管施工方法とは異なっていたので、今回は少々手を加えておきました。

排水の水漏れや、その他不具合が発生する場合もあるので、この辺りは譲れないところです。

 

今回のお客様はなんと、私の高校時代の同級生。いやーびっくりしましたね。ネツト検索で、弊社ホームページを見つけていただき、お問合せいただきました。

海外赴任経験もあり、海外製の大型食洗器を体験してしまうと、日本製の物では満足できません。大きさ、仕上がり、静粛性など比べると良さが分かります。

弊社ショールームにはミーレやガゲナウの食器洗い機が展示されています。お気軽にショールームまでお越しください。

投稿者: アルファホーム

2020.01.17更新

今回のミーレ食器洗い機の事例紹介は、アスコからミーレに取替工事です。こんにちはアルファホームの廣村です。

アスコ

ステンレスのオーダーキッチンについているアスコからミーレに取替です。オシャレなキッチンですね。

ミーレ

既設のアスコ食器洗い機を撤去したところです。幅60cm、高さは83cmと十分開口寸法があります。アスコとミーレの承認図を確認したところ、排水、給水、電気コンセントなどほぼ仕様が同じ。ほぼそのまま入れ替えが可能と判断しました。

ミーレ

狭いところで作業となります。キッチン奥の配管スペースに給水、排水管を接続しています。本当は手前に方がメンテナスがしやすいです。

ミーレG6620SCU

ミーレ食器洗い機G6620SCU(ドアパネル付きのタイプ)を設置しました。リフォームや取替用には最適な機種。

オートオープンドア付き、W60cmで本体価格は310,000円(税抜き)

オートオープンドアとは、海外製の食器洗い機は全般的に言えることで、「乾燥機能」がありません。日本製のように乾燥モードがないのです。そのため、リンスを投入し、多少水切れをよくするのですがやはり水滴は残ります。このオートオープンドア付きであれば、食器洗浄が完了すると少しだけドアが開くのです。そうすると庫内の湿気がなくなり食器の乾燥も促進されます。

ミーレ食器洗い機

設置後は、お客様に「取り扱い説明」をしっかり行い、お引渡しです。

年末年始直前で壊れてしまい、不便な生活をしたと思います。でもこれで一安心。ミーレがしっかり働いてくれます!

引き出し

引き出し

ついでにですが、新築当時から使いにくいフラップドアから引き出しにリフォーム。オーダーキッチンをつくることが出来る弊社だから出来る技。既設のステンレス扉を流用しているので、仕上がりも問題なし。とっても偶然同じものを見つけました!

 いかがでしたでしょうか。

オーダーキッチンをつくるアルファホームだからここまでのリフォームが可能です。海外製食洗機の取替、W45cmの国産食洗機からW60のミーレに取替も可能です。もし、お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

ミーレなど海外食洗器のことなら、アルファホームへ

 

投稿者: アルファホーム

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog