2017.03.29更新

西尾です。

刈谷市八幡町の和式トイレから洋式トイレへの取替え工事の現場レポート前半戦です。

既設のトイレは入口を入ると正面に手洗い器があり、
その横に小便器、一枚扉があってその奥に和式トイレがありました。


床はタイル張りになっており、トイレ入口には6センチほどの段差もありました。

こちらのトイレを改修する工事です。
主な内容としては、
・小便器、扉の撤去
・和式便器から洋式便器への取替え
・手洗い器の取替え
・床タイルから滑らない床へ変更
・壁へパネル貼り  です。

◆一日目 解体&給排水

まずは養生シートとビニールでしっかりと養生して
タイルの床を解体していきます。
扉を先に撤去したので、しっかりとカバーしてホコリをださないように。
養生の手際の良さshine

設備やさんに配管を立ち上げてもらい、

一日目終了!

 ◆二日目 大工

大工さんに床をつくってもらいます。
朝の打ち合わせ。
実際に現場を見ながら細かいところまで決めていきます。
一日作業をしてもらい、

床下地完成!

明日、明後日で
トイレ・洗面などの機器をとりつけてもらったり、
壁にパネル、床に長尺シートを貼ったり、
最後に入口の扉をつけてもらって完成です。
職人さん方、よろしくお願いします。

お施主様にも4日間ほどトイレを使えない状態ですがご協力をしていただき、本当にありがとうございます。
完成が楽しみですね


お客様のお家の桜の木
桜が咲いていました♪

投稿者: アルファホーム

2017.03.29更新

片山です。

刈谷市高須町にてキッチンの取替え工事を行っています。
今回も当社のオーダーキッチンを採用していただきました。


初日は既設のキッチンを取り外す解体工事と排水の逃げなどを同時に行っていきます。

別業者の職人さん同士でも人手が必要な作業は協力しながら進めていきます。
今回はキッチンのみの取替えなので周りの食器棚などは汚れないようにしっかり養生!



今回のお客様は以前にも何度か当社で工事をさせていただいており、キッチンの水栓も数年前に変えたばかりだったので水栓は再利用することに。

傷を付けないように慎重に外してもらいました。


午前中の作業でほとんど解体は終了。
うっすら元のキッチンの後が見られますね。


解体が終わるとキッチンの取り付けです。

レンジフードはショールームにも展示してある「洗エール」を採用していただきました。
自動で庫内を洗ってくれる優れものですshine

テキパキと作業してもらいこちらも2日目の午前中には大方終了し、その日の夕方にはキッチンが使えるように復旧まで完了しました。

まだ少し作業が残っているので最後までしっかり行いたいと思います。



投稿者: アルファホーム

2017.03.28更新

営業の横山です

安城市赤松町で30坪の長期優良住宅の平屋を建築しています。
地盤調査の結果、地耐力のあるしっかりした地盤面であることが判定され標準のベタ基礎の施工を行っています。
直径12mmの鉄筋が150mmピッチのマス目上に組まれています。
力のかかる外周や内部壁の下には標準の150mmコンクリート厚でなく倍の300mmのコンクリート厚で打設します。
その下には湿気や白アリが湧いてこないように防湿シートを敷きこんでいます。
現在の工法ではベタ基礎が一般的ですが、長期優良住宅となるとさらに鉄筋量は3割以上増加しています。
地震に強い建物は足元を強くするための強固な基礎造りが大切だと思います。

長期優良住宅では維持管理対策等級3の仕様をクリアしなくてはいけません。
維持管理対策とは給排水配管やガス管などの点検が出来て、さらに修理が必要な時には交換出来るように対応しておかなければいけません。
配管関係は基礎下の空間に施工されているため、点検・交換は可能ですが、コンクリートに埋まっている箇所は容易に交換できません。
そこで長期優良住宅の建物は外部の地面から基礎内部までにフレキシブルな配管を入れて、その中に実際使用する配管を入れておきます。
そうすることでいざという時にコンクリートに埋まっている部分でも配管の交換ができるようになっています。
次の世代に喜んで引き継いでもらえるようなお住まいを造るために細かな配慮が施されています。

投稿者: アルファホーム

2017.03.27更新

アルファスタイルの長坂です。

マンションの模様替えと言っても様々ですが、壁の簡単にできる模様替えと言えばこちら、"エコカラット"と"壁紙の張替え"のご紹介です。

工事するマンションは完成したばかりの刈谷市内の分譲マンション。新築入居前にやってしまいたいというもの。最近の物件なので当然マンション販売業者側からオプション工事の話はあったようですがそちらを断ってご指名いただきました。実は今回のお客様は、以前エコカラットリフォームをやらせていただいた別のお客様が会社のご同僚で、そのお方からのご紹介でご縁となりました。本当にありがたいことです。

まず朝の9時集合。昨日マンション全体の引渡しだったらしく朝から引越し屋さんやクリーニング屋さん達が慌ただしく出入りしていました。
簡単に養生を済ましてエコカラットリフォームの開始。リビングの壁一面に張ります。クロスの上から張れますのですぐに取り掛かります。

まずはタッカーで一応クロスの剥がれ防止

エコカラットは「LIXIL」グラナスルドラ/ダークグレー。303角のシートになっていますので繋げて張っていくだけです。写真は左官屋さん、クロスの上に専用の接着剤を塗っています。タイル下地ではおなじみのくしびきにして接着力UP。

端っこはエコカラットをカットして調整。カッターで切れ目を入れて手でポキッと折れます。

一番下に少し隙間ができましたので一緒に取寄せていた専用の同色コークで隙間を埋めます。

そしてお昼まわったところで完成。右の和室の畳と天井がダークグレーなのでマッチしています。夜はダウンライトの明かりでよりタイルの凹凸が出てもっといい感じになると思います。



一方今度は夕方から壁紙の張替え、寝室の片面アクセントです。まずはベロンとはがします。

順番に張っていきます。クロスは横目柄でクロス屋さんの腕が問われちゃいます。カタログの小っちゃいサンプルでは全然分からず素通りでしたができあがりの写真をお見せしながらおすすめいたしました。窓の部分は木目の都合上もったいないですがポイします。

そして完成。ここまで約1時間、継ぎ目が分からなくなって一同感動。職人さんも「ずっと見られてて緊張しました・・」と一言。やりずらくして申し訳なかったとお詫びしつつ、お客様から大満足いただけて報われましたね。


この後は濃い目のカーテンを付けるみたいです。白い窓枠がより引き立ってもっと雰囲気出そうですね!
そんなにお時間かけずの簡単リフォーム。ご興味のある方もみえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2017.03.25更新

アルファスタイル村井です。半田市で築年数推定50年の住宅をお客様がご自身でDIYリフォームをするということで、お客様がやれないことは弊社で請負し、お手伝いをさせていただきながら工事がほぼ完了しました。施工前は築年数なりの物件でかなり建物が老朽化し、傷んでいましたので私自身お客様ご自身がDIYリフォームで本当にうまくいくのかなという思いが正直ありましたが終わってみれば清潔感のあるとても味わいのある物件に仕上がり、お客様も腕をあげたなと感心した次第です。こちらの物件は、投資用にお客様が購入した物件で、借家としてこれから賃貸にするそうです。早く入居者が決まるといいですね。



玄関ホールです。壁の漆喰は、3色使ってあり、全てお客様自身がDIYで塗っています。弊社は床のクッションフロア貼をさせていただきました。



北西洋室です。こちらも壁の漆喰はお客様がDIYで漆喰塗されています。弊社は床のクッションフロア貼をさせていただいております。


和室です。こちらも壁をDIYされています。弊社は畳の表替えと襖の張替を施工させていただきました。


もう一つの和室です。黄色の漆喰壁部分は、私(村井)がお手伝いで塗った部分です(笑)



トイレと洗面所です。こちらは間仕切り壁や内装は全て弊社の施工です。設備に関しては、トイレは既設品を移設流用、洗面台はお客様からの支給品を取付のみ弊社で行いました。



DIYリフォームに興味のある方は、当社にご相談ください。ある程度当社にお仕事を出していただければアドバイスやお手伝いも(お手伝いは少しですが...)させていただきます。

投稿者: アルファホーム

2017.03.25更新

営業の横山です

刈谷市高須町でZEH(ゼロ・エネルギー)住宅が上棟から1ヶ月経過しました。
今日はお施主様と内部の詳細打ち合わせと外構のおおよそのイメージを打ち合わせしました。
隣に住んで見えるお父さん、お母さんが工事中でありながら本宅よりも静かで暖かいと驚いてみえました。

外壁のガルバニウム鋼鈑(8山)が張り終わり、建物全体の外観が完成に近づいてきました。
ブラックを基調にした彫の深いガルバニウム鋼鈑が重厚感を感じさせます。
屋根・破風・鼻隠し・外壁と雨風にさらされる部分のほとんどがガルバニウム鋼鈑の為、新築から10年後には塗装の塗替えを薦められるサイディングの外壁材よりアフターメンテナンスにかかるコストを軽減できます。

玄関廻りのみ無垢の檜板(節なし)を張り、ウォールナットカラーで塗装しました。
ブラックのガルバニウム鋼鈑との相性ばっちりでいいアクセントになっています。
来週には足場も外れて建物全体の姿を見ることが出来ます。
これから大工の仕上げを進めてクロス・設備機器の取付とどんどん様変わりしていく現場の進捗が楽しみです。

投稿者: アルファホーム

2017.03.25更新

こんにちは!  アルファスタイルの松村です(^^♪


先月から紹介していたあのキッチン。

遂に完成です!

 
☆前回までの様子はこちら☆







床とクロス工事が終わり、段々部屋らしくなってきました!

ちなみに、この床に貼ってあるフローリング。


と見せかけて、フェイクです!!

フロアタイルという塩ビの内装材です!


少しご紹介すると

メリット

①木よりも丈夫!(重たい物を落としてもびくともしない)

②種類が豊富!(フローリング調だけでも数十種類)

③施工が楽!(ボンド塗って並べるだけ)

④厚みが2.7㎜しかないので既設の上からでも貼れる!


デメリット

①重い物を長い間置いておくと凹み跡が付く。

②プリントなので木の匂いはない。


と、どちらかというと良いことの方が多いですね!


メリットでも挙げた様に既設のフローリングの上からでも貼れるので


結構気軽に出来てちょっとした模様替えにもお勧めです(^^)



 
   
 


そしてキッチン付きました!

白いキッチンが床の木色とマッチしていて良い感じになりました!

この現場は、他の工事も多々あったため

付くまでに時間がかかりましたが

キッチンのみの交換だけであれば数日で出来てしまいます!

もちろん事前の打ち合わせは別ですけどね!(笑)



家具も入り素敵な空間に☆

当社では何気に家具も扱っています!

そんなご相談も是非☆

 



キッチン奥には収納もバッチリ。

カップボードにパントリー

写真には写ってませんが、カップボードの反対側には

ちょっとした作業台と可動棚を☆

結構主婦目線で考えたりと、

常に使い勝手の良さは追及しているんです(^^♪





さあ!きっと誰かはお待ちかねの

☆今日のランチ☆ のコーナーです!!

今回は中川区にあります餃子の名店


★さのや★




餃子の種類でいうと、ホワイトギョーザになるんでしょうか?

皮がモチモチしていて、具は野菜メインのさっぱり系です、が

結構一個のボリュームが凄い!

しかし、絶妙な味付けでいくらでも食べれそうなくらい美味いんです(>_<)

常連さんは15個くらいペロリと食べて行きます!


皆さん病みつきになること間違いなしです!

投稿者: アルファホーム

2017.03.24更新

片山です。

現在オーダーキッチンをご検討中のお客様からシンクについてのご相談を受けました。


理想としては、当社のショールームにあるようなスクエア型のステンレスシンクであること。
角がシャープでかっこよく見えるもの。

メーカーさんのシステムキッチンなどを見てもなかなか理想の要素がそろえられる所が見つからない、ということでご相談を受けました。

上の写真のシンクは松岡の2STEPシンクです。
幅、奥行き、高さなどすべてオーダー可能で両サイドに取り付けられたレールによってシンクの中を立体的に使うことができます。

洗剤を置くためのL型ポケットが作れるのも松岡のシンクならでは。
というのも、こちらは機械のプレスを使わず職人さんによって細部まで作られているからなんです。

全体的にシャープでかっこいいのですが、やはり手間のかかっているものなのでその分お値段も上がってきます。


スクエア型のステンレスシンクでもう少しお手頃なものとして3Functionシンクもおすすめしてます。
ある程度寸法は決まっていますが、横幅が大きい点やこちらもレールが付いているので立体的な使い方ができるのでショールームにお越しのお客様からもご好評いただいてます。

違いとしては松岡のシンクに比べると角が少し丸いです。
アールが付いてる分汚れがたまりにくくお掃除がしやすいと思います。

ですが、今回のご相談はシャープなものなのでもう少し何かないかなと思い、いろいろ探しました。

そこでみつけたのがこちらのシンク↑
よく使うメーカーさんからご紹介していただきました。

少しアールがついていますが、寸法的にはFunctionシンクより角がきつめです。
お値段も松岡のシンクよりは高くならないということで、今回のお客様の候補に入れていただきました。


オーダーキッチンは高いというイメージが多くの方にあると思いますが、やれることがたくさんあって自由な分価格を抑えるための工夫もいろいろあります。

理想と予算に近づけられるようにプランするのも私の仕事なので、キッチンご検討中のお客様にはいろいろと相談していただきたいなと思いますshine




投稿者: アルファホーム

2017.03.24更新

工務の鈴木です。
安城市古井町で離れ改修・外構工事を行っています。
こちらは先日耐震改修工事を終えたところで、
荷物の移動や、少し休憩時間をはさんで工事再開です。

植栽やお花でいっぱいだったお庭を
一部植栽コーナーを残し駐車場を造っていきます。
今週末にはカーポートが設置され、さらに雰囲気が変わっていきます。

離れの方では、もともと和室だったところの床を解体し、
土間コンクリートで仕上げ、農機具小屋にしていきます。

4月中ごろには完成の予定ですので、
花粉と戦いながらがんばります!


投稿者: アルファホーム

2017.03.23更新

営業の岡田です。
先日、工事完成した現場です。
刈谷市松栄町でのキッチン取替え工事です。
きっかけは、
弊社のOBお客様からのご紹介でした。
ご近所のお友達という間柄で、弊社の事を
聞き、ショールームにご来場いただきました。
ショールームで弊社のオーダーキッチンを見て
いただき、それが終わるとすぐにご自宅へ下見に
伺いました。
残念ながらオーダーキッチンでの取替えには
いたりませんでしたが、キッチンの取替え工事をご注文
いただけました。

キッチンの解体初日です。
朝8:30から設備業者さんと解体業者さんが
声を掛け合いながら、作業を進めています。
いいチームワークです。
お昼までには、ご覧の通り・・

昔のシステムキッチンセットがきれいに片付きました。
キッチンが設置してあった背面壁を見ると、
この工事をする前にタイルの背面から今のキッチンパネルの
背面にリフォームをしている事が分かりました。
たぶん、タイルの目地の汚れとかを気にしてリフォームしたの
でしょうね。
午後からは、設備業者さんが配管・配線を整え、新しい
キッチンが入る準備をしていきます。
その後は大工さんが現場に入り、新しいキッチンがしっかり
固定できる下地を調整します。

キッチン業者さんが現場入りしました。
順調に作業が進み完成まじかです。

設置完了しました。
クリナップのクリンレディです。
キャビネット内部はオールステンレスこの機能
この耐久性に苦しくも、今回は負けてしまいました。

カップボードもセットで設置しました。
お客様たいへん満足されていました。
 

 



 

 


 




投稿者: アルファホーム

前へ

entryの検索

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog