2017.05.31更新

アルファスタイルの長坂です。
当社の手がけるマンションリノベは毎回異なる内装コーディネートをしているのが特徴です。

まず最初にテーマを決めます。その地域やマンションの雰囲気等を考慮して関係者一同でワイワイ話しながら方向性を決めています。そのあとは弊社の秘密兵器である女性コーディネーターの出番となりある程度自由に考えていただきます。

そうしてまとまったファイルがこちら。

この中には今回の物件の仕様がすべて入っています。
床材や壁紙のカットサンプルetc。
広げるとこんな感じ。

画面左上は床サンプル。中央上はオリジナルキッチンのメラミン化粧板サンプル。下段は左から洗面・トイレの床材、その右隣のは玄関床材です。それ以降は今回採用のアクセント壁紙です。
これらを最初にまとめて行えば多種多様なアクセントを使ってもトンチンカンになることはありません。

完成したコーデを見てみましょう。一際目立っている壁のアクセントは壁紙なのです。人によって好みが割れるとこですが、「エレキング」とか「チョコレートの紗紗」とか言われます。落着きを出すため全体的のクロスは少しベージュ色になっています。

こちらはキッチンコーデ。LDKの顔となるキッチンは弊社自慢のオーダーキッチンなのでオリジナル感がグイグイ出てます。カウンターだけ白色にして要所要所に白色が栄えるようになっています。

こちらは玄関コーデ。

今回のチャームポイントの一つ、ヘリンボーン柄の床材塩ビシートです。玄関入ってすぐの印象がガラッと変わるのでここ大事にしています。

全体的に言えるのは白色が何気に結構アクセントとなるように意識してます。最近複数のお客様からアルファっぽいと良く言われるようになりました。聞くとやはり枠や巾木やいろんな箇所の白色が印象に残っているとのこと。女性コーデならではの優しい感じが好印象につながっていると思いますね。

毎回違うコーディネート、ご興味ありましたらどこかしこで見学可能な物件がありますのでお問合せください。

 

 

 

 

投稿者: 制作管理者

2017.05.22更新

アルファスタイルの長坂です。
岡崎市の不動産ショップを改装しました。住宅やマンションだけではありません。店舗改装とかもやっております。
今回の工事内容は、床・壁・天井の内装工事の他、トイレ・洗面・照明器具の交換、自動ドアの調整、ブラインドや窓ガラスに遮熱フィルムを貼る等々です。

改修前の様子です。面積の割に窓が大きいので店内はとても明るい感じです。なので少々濃い目の色使いに変更しても店内が暗くなることはないと思いました。
お客様から伺った改修後のイメージはアンティークな木目をあしらった今より住宅っぽいもの。壁紙や床のカットサンプルをお見せしたり弊社コーディネーターに依頼してCGを作ったりして仕様を決めました。


初日は塗装工事前日の午後入りして照明器具類を外したり、家具を移動したりの準備をします。
翌日は朝一から塗装工事をスタート。現場はビニール養生だらけになっています。

天井はジプトーンという石膏ボード。ご覧の通り吹付けにより満面なく塗っていきます。てんこ盛りの養生は飛散防止のためでした。作業員もマスクをしています。これが終わると窓枠も白色に塗装してもらいます。一日がかりでなんとかします。


お次は内装工事。画像左にグリーンのアクセント壁紙がチラリ。白い木枠が引き立ちます(ねらってやってます)。床はマンションリノベでもお馴染みのビンテージ調フロアタイル「サンゲツ」WD402。


床が半分張れたら家具の大移動。初日は若手社員の山内君に手伝ってもらい今回はムキムキ社員の松村君に手伝ってもらいました。店舗改装は時間も限られているのでみんなに助けてもらっちゃいます。


内装工事が終わると器具を付けてできあがりです。木目を協調!細かいですが木巾木に変更して住宅感UPしてます。

ギリギリまで迷った壁紙。店舗だし片面だけだからと思い切ってトライしました。賛否両論ありますがこういうのは全体のイメージに合わせると良いアクセントに化けます!


EIDAIの既製品収納を設置して完成です。どうでしょうか?お気づきの人はいるかもしれませんが・・どことなくいつものマンションリノベのような気がするのは自分だけでしょうか...。


余談ですが、店舗中央にあった物件資料の掲示ラックを工事中だけ窓側に立てかけておいたところ、通りすがりの人がみんな見てゆくことに気づき復旧するときは窓側に寄せました。変化に気づいてこんなプラスアルファなご提案ができる部分も忘れないようにしていきたいです。

 

 

投稿者: 制作管理者

2017.05.09更新

アルファスタイルの長坂です。
刈谷市駅前のマンションリノベーション工事が完成です。延床65.76㎡とコンパクトなリノベのご紹介です。

まずは玄関。天井に大きな梁がいますのでいつもの吊戸キャビネットはヤメて代わりにトールキャビネットにしました。扉にミラーを付けてあるので姿見になります。玄関土間にはヘリンボーンという柄の長尺シートを張って、廊下はアンティーク調のフロアタイル張り。上り框はフロアタイル用になっているので貼るだけで完成。段差はこれでも以前より2cm程下がっているのです。


北のお部屋です。大きな柱型を逆手にとってブロック調のアクセントクロスを貼りました。奥はウォークインクローゼットで収納もたっぷり。


洗面所です。変わった模様のアクセントクロスがまず目に飛び込んできます。洗濯パンの上方にチラッと見えてるのは2段の収納ラック、パイプが付いているので一時的にハンガー掛けになるのでとっても便利そうです。下地入れてありますのである程度重いもの置いても大丈夫です。


ユニットバスは「LIXIL」リノビオ1316タイプ。アクセントカラーはウォールナット色です。追い焚き付いてます。


トイレも片面にアクセントクロスを貼りました。ペーパーホルダーとタオルリングは「カワジュン」からおしゃれチョイス。


こちらは当社オリジナルのカップボード。面材・サイズ・デザインフリーです。いつもより幅広なので右下のキャビネットはOPENにしてゴミ箱スペースを確保。吊戸の高さも90cmあって大容量です。


そして毎度セットにしていますオリジナルダイニングテーブル。テーブルの面材はキッチンやカップボードと同じ柄でコーディネート。ハート型の椅子を組み合わせてオンリーワン感出しています。木目がとってもシャビィな床材はコンクリート直貼り用の防音フロアで、その名もアートクチュール。名前からおしゃれですから。


最後にリビング全景になります。リノベ前とリノベ後を比べてみましょう。
ビフォー


アフター

 


奥に見えるクローゼットは奥行35cmの薄型で主に小物用の可動棚になっています。廊下にも収納はあります。
コンパクトな間取りの中にもいろいろチャームポイントを用意してございます。ご覧になりたいお方は今月の21日日曜日に内覧会を予定しておりますので是非お越しください。当日は同じマンションの住人さんからも内覧会リクエスト入りましたので皆様一緒に見に来てください!

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog