2016.08.05更新

オーダーキッチンを作成する上でシンク下をオープンにしたい!というご要望が案外多いですね。
なんとなくですが、オーダーキッチン=シンク下がオープンというイメージもあるかもしれません。
なぜなら、メーカー系の既製品では対応していないところが多いからだと思います。
調理をする上で、その場でパッとゴミを捨てることが出来るのでとても便利。又は、自分なりに工夫してシンク下を使いたい場合など様々な理由があると思います。

今回ご紹介する事例はこちら。

こちらの事例は、奥様が持っていたゴミ箱に合わせて作成しています。
お打ち合わせの中でゴミ箱サイズを確認しておいたので、ピッタリ収まっています。
なかなかいい感じに仕上がりました。

また、この写真の事例のように、シンク下をすべてオープンにすることなく、部分的に引出し収納も作成可能です。
自分の好みに応じて作成できる、これがオーダーキッチンのいいところです。

この事例のような対面式のキッチンであれば、リビング側から見えないのでチャレンジしてもいいかもしれません。

もし、こんなキッチンをつくりたい場合は当社へお問い合わせくださいね。
当社のオーダーキッチンではれば簡単に作成できますよ!

キッチン下がオープンの事例はこちら。


事例1

事例2
 

オーダーキッチン施工事例はこちら



 

投稿者: 制作管理者

2014.08.09更新

最近メーカー系のキッチンに多く採用されている内引出。これもオーダーキッインなら自由につくることが出来ます。ただし、シンク下の場合は排水の位置の関係で写真のようにコの字に加工させていただきます。
この事例ではGRASSダンパー引出のH70mmを採用しており浅い内引出をつくりました。
広くて浅くすることで調理道具を収納することができます。
オーダーですから引出の高さも自由自在。ご自分の調理道具に合わせてことも可能です。

こちらは包丁差専用の内引出。通常の包丁差では収納できない長さや厚みがるものでもこれなら自由に収納できます。とくに包丁の点数が多い方にはオススメです。

これの事例のようにちょっとした引出を増やすことで自分好みのオーダーキッチンがつくることができます。
ぜひ皆さんもオーダーキッチンをつくりましょう。

****************************
オーダーキッチン施工例はこちら。
****************************
事例から学ぶオーダーキッチンはこちら。


 

投稿者: 制作管理者

2014.08.07更新

キッチンのサイドパネルにコンセントがあればいいな、と思うことはありませんか?
そんな時はこちら。家具用の横長コンセントはいかがでしょうか。

キッチンの面材の色目に合わせるて、こげ茶、ホワイトが選択できます。これならテーブルと干渉することもなく、とてもスッキリおさめることができます。
高さも自由で、テーブルの下にコンセントを設置することも可能です。

こんなコンセントがあれば、テーブルでホットプレートを使う時も便利ですし、スマホの充電にもいいかもしれません。
こちらの写真は当社のショールームのアイランドキッチンに取り付けたコンセントです。いつもタブレットの充電に大活躍です。

オーダーキッチンであればこんなとも出来ます。さあ、オーダーキッチンをつくりましょう!

****************************
オーダーキッチン施工例はこちら。
****************************
事例から学ぶオーダーキッチンはこちら。

投稿者: 制作管理者

2014.08.06更新

キッチン廻りにコンセントほしいですよね?
オーダーキッチンであればどんな所にでもコンセントを付けることができます。
この写真はカウンター下のオープンスペースに設置したコンセント。キッチン自体がブラックなので合わせて艶消しブラックコンセントを取り付けました。

パカッと開けるとコンセントです。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、引出横にスペースをつくり設置しました。
キッチンの中は引出の隙間や配管スペースなどがあり案外電気配線はなんとかなります。

現場で電気屋さんと打ち合わせは必要ですが、案外うまく取付できます。

こんなちょっとしたこともオーダーキッチンなら出来ますからね。

こんなことも出来るのかな?と思ったらお気軽にメールにてお問合せください。
 

*************************
事例で学ぶオーダーキッチン。 
施工事例からヒントを学び、自分のキッチンに活かしましょう!

*************************

投稿者: 制作管理者

2014.07.18更新

マンションリノベーションにオーダーキッチンを設置した事例です。こちらのお客様は、もともとはメーカー系の規格品で考えていました。しかし、キッチンの間口が規格品では少し小さいこと(規格品2400mm>オーダーでは2520mm)、ダイニング側の収納スペースがほしかったこと、カップボードが梁型の都合で入らなかったこと、などマンションならではのデメリットや規格サイズの不満などを解消するために、オーダーキッチンもいいかな・・・、という感じで来店されました。

イメージ的に「オーダーキッチンは高いだろうな・・・」と思っていたらしいですが、実際にプランしてみるとそうでもない、という結論に。そんな流れで当社のオーダーキッチンを選んでいただけました。本当にありがとうございました。

やっぱり、リフォーム、リノベにはオーダーキッチンはもってこいですね。
なぜなら・・・

1)現状に合わせてつくれる。
 間口、奥行も自由につくれること。

2)取れない柱、梁型に合わせてつくれる。
 メーカー品ではまず無理。出来ても非常にコストUPになる。

3)後から棚やパーツを追加しやすい。
 オリジナルで箱から作成しているので簡単にいろいろ出来る。

比べるとまだまだあります。まずはお気軽にご相談ください。

そしてオーダーキッチンを知ってほしいですね。

*ショールームにご来場の際にはお電話ください。予約制ではありませんが、ショールームを閉めて現場に出かけていることもあります。よろしくお願い致します。

投稿者: 制作管理者

2014.07.03更新

ハーフェレ LOOXカタログ

LEDが急速に普及してきたことで間接照明として使用することも多くなってきました。テープ状のLEDライトや厚みが9mm程度のDWライトもあります。このようなLED間接照明として私が注目しているのがハーフェレLOOXシリーズです。商品も豊富で取扱いやすくオーダーキッチンには最適です。
 

最新の事例がこちら。キッチン本体を浮かせ(フロート施工)てその部分に間接照明を組込んだ事例です。とても雰囲気あるキッチンに仕上がっています。こちらのオーダーキッチン施工例はこちら。

こちらは当社ショールームに展示しているTV収納です。こちらの事例もフロート施工で本体を浮かしてその隙間にLED間接照明を入れています。

こんなすてきなキッチンもオーダーならつくることが可能です。まずは当社ショールームで実際の商品をご覧くださいね。

 

投稿者: 制作管理者

2014.06.25更新

木製扉のキッチン

当社のオーダーキッチンを制作している工場に納まりの打ち合わせでいってきました。図面や電話だけでは通じない微妙なことはやっぱり打ち合わせが重要です。ちょうど明日施工するキッチンがあったので撮影してきました。

このオーダーキッチンは木製扉。パイン材の無垢板を使用しています。仕上げはオスモの自然塗料です。当社ではメラミン系の扉で制作することが多いのですが、なぜか重なると2台、3台とつづけてつくることがあります。もちろん食洗機はガゲナウ。でも本当のこだわりはワークトップの高さ。理由は、奥様の身長が低い、ということ。身長が高い人に対しては、箱の高さを調整するだけでオーダーキッチンであれば簡単にできます。メーカー系の既製品であれば、普及品で850mm、グレードが良くなると25mmづつのフィラーで対応する場合がほとんど。でもオーダーであればmm単位で高さ調整できますからご安心を!でもガゲナウを入れて低いキッチンをつくるのけっこう大変です。なぜなら、ガゲナウの食洗機本体の高さだけでも815mmあります。通常では850mmの天板のキッチンには設置できません。最低でも860mm必要なんですね。でもこのキッチンのワークトップの高さは830mm前後。分かる人には「ん?!」と思うはず。

どうやって作成したかは実際に施工してからご紹介しますね!お楽しみに!

投稿者: 制作管理者

2014.02.01更新

先日、ガゲナウ食洗機を使用しているお客様に「リンス」の投入量などご質問があり、その投入量の設定方法がよくわからないとのこで操作方法をレクチャーしながらお邪魔してきました。操作方法自体はそんなに難しくないですが、少し慣れないと分かりにくいですね。そこでお客様から教えていただいたことがあります。
それは「ガゲナウ食洗機のカタログ」について。
本体に付属してる取説より、機能のことや食器の入れ方、カトラリーの調整方法などけっこう詳しく掲載されており非常に参考になるよ!とのことでした。また操作ボタンによって「オート機能」以外にもいろいろ機能があるのですが、それらが案外分かりやすく書いてあります。

これからガゲナウを・・・と考えている方。
カタログ片手に、当社のショールームで実際に操作してみてはいかかでしょうか?
購入する前にネットの情報だけでなく、ご自分の目で確認するのもありでは??

お気軽に当社までお問合せください。
電話での事前アポは入れてくださいね!たまに不在の時もありますので・・・(現場が忙しいので、スイマセン!)

では。

 

投稿者: 制作管理者

2014.02.01更新

こちらはシンク下に使用できるスマート収納システム。シンク下の幅広引出しの手前部分を、調理用具だけでなく、包丁差しとまな板立ての収納スペースにできます。

まな板立ては写真のように取り外してカウンターに置くこもできます。いつでも取り外して水洗いができます。

マルチボックも合わせることでより便利な収納アイテムになりますね!

詳しくはハーフェレ HPよりどうぞ。

投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog