2015.12.22更新

アルファホーム住宅販売の原田です。

今回は解体工事編です。
リノベーションでは既存の造作は全て解体すると思われがちですが、
既存の造作の利用できる部分を極力利用しながら施工するのがコツです。
ここで節約したコストをオーダーキッチン等に当てることができます。

完成後の間取はもちろんの事、
給排水管や換気ダクトの経路を考えながら慎重に壊します。



昭和55年築の物件なので給排水管については特に気を配ります。
こちらも基本的に全て更新する予定です。



一方、ライフラインの経路と抵触しない部位は残しながら施工します。
中区『上前津サンハイツ704号室』は来年から本格的な造作に入っていきますsnow

投稿者: 制作管理者

2015.12.18更新

アルファホーム住宅販売の原田です。

マンションリノベーションでは共用部の養生が重要ですdiamond
共用部はそのマンションの住人の方すべての財産です。
解体工事や建材等の搬入出の際に傷つけるわけにはいきません。


来週から着工予定の中区『上前津サンハイツ』で養生実施です。
管理人常駐のマンションで、担当の方が非常に協力的なので助かっています。



当社で施工する704号室からエレベーターの入り口までビニールシートを敷きました。



エレベーターの内部はプラスチックの板でぐるりとカバーします。
来週から年末まで解体工事ラッシュです!!

投稿者: 制作管理者

2015.12.14更新

アルファホーム住宅販売の原田です。

今回は緑区青山のマンションリノベーションの下見です。
大高緑地公園近く、非常に住環境の良い立地だと思います。



どこに給排水管や換気の経路を確認し、
壊せる壁と壊せない壁のチェックも行います。



ユニットバスはできればボリュームアップしたいので、
入念に調べなければならないポイントですpen

投稿者: 制作管理者

2015.12.12更新

初投稿させていただきます!!
アルファホーム住宅販売の原田です。

千種区汁谷町の『茶屋ヶ坂コータース508号室』にてリノベーション工事進行中ですchick



昭和49年に建築されたマンションなので、給排水管にはかなりの不安要素がありました。
今回のリノベーションでは給排水管はメーターの接続部から全て更新しました。



排水勾配を取る為、少し高めに床上げしました。
天井高を取って勾配を節約すると配管の詰まりやオーバーフローの原因にもなります。

少しでも安心してご購入いただけるよう、
試行錯誤悪戦苦闘七転八倒しながら走り回っていますscissors

投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog