2019.05.24更新

長坂です。

安城市高棚町の新築現場は、配筋検査も無事に終え、基礎ベース・アンカー設置・立ち上がりの工程を終えて型枠がばれています。つまり基礎工事は完了です。

0524KY2

 

特にいつもと変わらずきれいな基礎です。立ち上がりの欠けやひび割れ等もありませんでした。

この写真は玄関のところ。断熱材で囲われておりますのは土間部分なので土間が続く間取りなのが分かりますね。半分収納になります!断熱材を良く見ると厚さが変わっております。外周部は50mmで室内側は20mmとなっております。

0524KY1

 

そして設備屋さんが先行配管の作業をしています。床が張られる前に室内の湯水の給水や排水、外部ではご覧のように大きい職人さんが小さいユンボを軽快に操って外部配管してゆきます。一度でいいから自分も乗って見たい、、あれが家にあれば自宅の庭仕事も楽だなぁ、、と思う。

0524KY3

 

お家の裏側、奥がキッチン排水管で手前が洗面の排水管。丸い穴が空いているところから配管の中が覗けます。合流地点は物が詰まりやすいので点検できるようになっています。1年に一度は覗いてみることをお勧めします。

0524KY4

 

他に外部立水栓の位置や水道メーターの位置などを職人さんと再確認しました。

投稿者: アルファホーム

2019.05.16更新

長坂です。

安城市高棚町の新築注文住宅がようやく本格始動しました。この日を待ちに待っていたので連休明けに見に行ったら神々しく光っていました。

0516KT1

 

あの神々しく光っていたのはこの↓防湿シートです。根切りの後の捨てコンにてしっかり押さえられております。防湿シートや捨コンには基礎立ち上がりの位置がマーキングされております。ここまで基礎の下ごしらえ。高さや位置出しはとっても大事な工程です。

0516KY2

 

そして今大忙しで引く手あまたの鉄筋屋さん達。今回は1階が22坪超あり大きめサイズなのでいつもは2人ですが今日は3人で作業しています。そして毎度のように黙々と手を動かしていて声掛けずらいです。

0516KY3

なかなか帰らないので見かねた大将がこっちに話をしに来てくれました、、。とりあえず感謝を述べ最近の忙しさ具合をちょっと聞いてみると、つい最近まで大手ゼネコンからのとてつもなく大きな工場の基礎鉄筋を頼まれていたり、大手ハウスメーカーの住宅基礎を頼まれていたりと、それはそれは大忙がしでしょうね。

ただそんな人気の業者さん達でも弊社の方に向いていてくれるので本当にありがたいなあと思います。

 

 

投稿者: アルファホーム

entryの検索

月別ブログ記事一覧

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog