2019.05.29更新

刈谷市高須町の新築工事は順調に進んでいます。

こんにちは新城です。

14

建物は室内用の断熱貼りを完了しています。

1

こちらは2階室内の外周部です。

写真に見えます、ベニヤ板は耐力壁ように仕様しています。

耐力壁とは建物の横からの力を支えるための壁になります。

代表的な耐力壁として筋交いがあります。

1

写真の中で見える「×」や「/」の形で柱の間にあるのが筋交いです。

「/」の筋交いを片筋交い

「×」の筋交いをたすき掛け

という風になっています。

この筋交いの配置は構造計算によってそれぞれ配置されています。

ベニヤの話に戻ってなぜそこだけベニヤを使用したのか、、、

これも構造計算の結果になるのですが、、、

計算をして、そこには面材耐力壁という写真のような構造用合板(ベニヤ板)や

石膏ボードを使ってくださいという結果になり使用しています。

使用に関しては使う材料、釘打ちの間隔など細かく決められています。

1

今回に関しては7.5ミリ以上の厚みのもの

釘打ちの間隔は15センチ以内 そして釘の種類の指定がありました。

施工前後の自主チェックはもちろん外部の機関をいれてのチェック入れまして

問題なくクリアしました。

 

こまかい所のチェックは自分だけでなく他の目を入れて

チェックを入れてしっかり落としのないようにしております。

 

建物の外部も順調に進んでいますのでまたその様子も報告していきます。

投稿者: アルファホーム

2019.05.17更新

長坂です。

新築現場は上棟後2週間程度で構造を見学するにはちょうどいい状態です。

外部は外壁を張る前の防水シートが全面に貼られて真っ白です。こうなればいつ雨が降っても大丈夫。

0517KT1

 

リビングも断熱材で真っ白です。

0517KT2

「MAG」イゾベール16k。弊社では天井壁の断熱材はグラスウールを採用しています。1㎥中にガラス繊維が16kg含まれているという意味です。ガラスウールとは呼びません。

施工は当然隙間なくが鉄則。押しつぶして強引に入れては充分な効果は得られません。コンセントや電気配線によって隙間ができてないかチェックしました。外壁を張っていないので隙間があれば外の明かりが見えてしまいます。

床に見えるは給排水管、壁からダクトが出ています。そうですここにはキッチンが設置されるのです。

窓の上に見えるのはどうしても頼もしく見えてしまう制振ダンパー「エヴォルツ」。

 

小屋裏に見つけた御幣。このままずーっとお守りいたします。

0517KT3

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.05.11更新

こんにちは新城です。

刈谷市高須町にあります、新築工事の現場は先日上棟を迎えました。

1

高須3区画のラスト上棟で場所の心配がありましたが、

なんとかスタートしました。

天気は曇りでしたが、雨が降らなければ

上棟出来るので良い天気ということにしましょう!

今回は職人さんが多く来ていただけたのでハイスピードで進みました。

1

1

工事は順調にすすんで金物と制震ダンパーの取付まで行いました。

制震ダンパーは独ビルシュタイン社の「evoltz」を使用しています。

海外製はどこか日本製より劣っているのでは、、、、、

と思うかもしれませんがご安心ください!

もともとビルシュタイン社は世界中の自動車メーカーへ部品供給をしている

世界有数のメーカーでこの制震ダンパー「evoltz」の製品化においても

世界基準のきびしい試験と全製品工程内検査をクリアしています。

すごく安心してください!

 

こちらの物件は構造見学会を5/18(土)5/19(日)で予定しておりますので

興味がありましたらご予約のうえ是非ご参加ください。

アルファホーム令和1棟目の物件です。いつも通り安全に進めていきたいです!

 

投稿者: アルファホーム

2019.05.11更新

長坂です。

無事上棟を終えサッシを付けています。今回のサッシ色はホワイト、グレー系の外壁の場合ホワイトが似合います。縦長の2つ並んでいるサッシはご覧の通り一番良く目立つ場所なので、ここだけデザイン格子入りにしています。

0511KT1

 

玄関下屋のゴムアスファルトルーフィング。防水のためで立ち上がり20cm確保の規定あります。

0511KT2

 

屋内に入ると筋交いやサッシの他、制振ダンパー「エヴォルツ」も設置されておりました。今回は1階に12本搭載。小さい地震の揺れから動くこの装置は上下動の他指示点が左右にねじれます。いつ見てもうらやましい。

0511KT3

 

こちらは2階のバルコニー。広いので夏に小さいお子さんがプール遊びできます!水道の蛇口も完備してあります。

奥でごそごそ作業しているのは大工さんです。

0511KT4

 

脚立に登って屋根の谷をチェック。

0511KT5

 

次は屋根屋さんと外壁屋さんの作業になります。とても暑くなってきました、、、例年季節の変わり目のこの時期は体も暑さに慣れてなくて厳しいうえに花粉症も併発してる職人さんもいます。きついですがよろしくお願いします⤵⤵

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.05.11更新

 

こんにちは!石田です!

 

刈谷市高須町の新築工事現場へ行ってきました!

現場はこんな感じ

現場状況

2日前に建前が終わったところです。

建物の形がよく分かりますね!

今回の物件は弊社では久しぶりの切り妻屋根になります。

切り妻屋根はこんな形

切り妻屋根

屋根が山形になっているものです!

こちら弊社の施工事例です。かわいらしい印象ですね。

骨組みの写真からも形がはっきり分かりますね!

 

弊社物件で最近多いのはこちら

片流れ屋根

片流れ屋根になります。こちらも弊社施工事例。

すっきりとした印象です。

屋根の形だけでも外観の印象が大きく変わりますね!

お客様のイメージに合った外観をプランできるところも注文住宅のいいところです!

 

建物の中はこんな感じ

建物内

骨組みをがっちり固定する金物が付き、窓がはまったところです!

 

これから床や配線配管が入りどんどん内装が仕上がっていきます。

高須町3区画の最後の物件、3軒とも個性があります!

こちらも完成が楽しみです!

投稿者: アルファホーム

2019.04.25更新

刈谷市高須町にあります。新築工事は進んでいます。

こんにちは。新城です。

1

写真は基礎工事型ばらし後です。

写真手前に見えますのが玄関になる所です。

肌色のものは断熱材です。

この中に雑コンというコンクリートを打って玄関の下地を作ります。

名前は雑コンですが、高さもきっちり測っていますので

施工は全く雑ではありません。

1

1

つづきましては先行の配管です。

キッチンであったりトイレであったり。。。etc

建物でいう床下の配管になります。

当然キッチン等の住設機器が取り付ける前ですので、

図面をしっかり確認して決まった位置へと配置していきます。

1

そしていよいよ大工工事です。

土台敷きです。

1

1階の床部分で使用する合板です。

1枚が24ミリで積み重ねて約800ミリ

これだけが1階分2階も合わせると約1700ミリ程、、

日本人の平均身長ですね。

 

こちらの新築は年号令和になってからの弊社最初の建物です。

平成でも令和でもしっかりやることには変わりないですが

ちょっと特別な感じがしますね。

 

また令和初のブログでも進捗もお楽しみしていてください。

 

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2019.04.24更新

アルファホームの片山です。

刈谷市高須町にて始まっている新築工事、プラン/コーディネートを担当させていただいてます。

お施主様と昨年より打合せを重ねこだわりをたっぷり詰め込んでいますので完成が今から待ち遠しいです。

今回はイメージパースをご紹介!

イメージパース

まずは外観

グレーとホワイト2色のサイディングを上下で貼り分けるデザインに格子付きの窓やモールでアクセントを付けています。

全体的に可愛らしいイメージになりそうです。

格子付きの窓は私の担当で初めての採用となりました。

イメージパースを作りながらいろいろと検討していましたが窓1つでも雰囲気が変わるんだなと実感。

楽しみポイントの1つです。

内観パース

続いて内観パース

濃いウォールナットの床材が採用されています。

キッチンまわりにタイルを貼ったり、ニッチを作ってディスプレイのスペースを計画したり1つ1つこだわっていただきました。

内装に関しては打ち合わせの際にお客様からイメージ写真をいただいていたので最後までブレずに仕様決めを進めることが出来ました。最近はSNSなどからお好きな雰囲気の写真を探して送ってくださるお客様が多いのでイメージの共有がとてもスムーズです。

さて、こちらの現場は6月完成予定ですが・・・

来月5月に【構造見学会】を開催することが決定しましたglitter

しかも完成見学会と同時開催の予定です!

是非この機会にアルファホームの家づくりを知っていただきたいなと思っています。

詳しい日程につきましては今後ホームページ上にてお知らせ致します。

投稿者: アルファホーム

2019.04.23更新

長坂です。

基礎工事が終わりましたので大工さんにより土台敷きの作業に入っています。

午前中から現場はスタートしていますが昼一に現場を見にいきました。

いかにも大工さんの車の横には断熱材が山積みになっていました。ちょうど配送屋さんが工事の順番に合わせて置いて行ったばかりですね。

0423KT1

 

もうここまで完了していました。土台、大引は終わってましたね。基礎上と土台の間の黒い部分は基礎パッキンです。床下の通気が目的でこれも大工さんの仕事。

土台には一本一本番号が書いてあるので大工さんはプレカット図面を見ながら所定の場所へ置いているのです。宙に浮いた大引は鋼製束で支えられています。

大工さんが休憩に入ったところで防蟻屋さんが来て防蟻処置をしてゆきました。

0423KT2

 

さて後半の作業がスタート。土台・大引の間に設置する断熱材用のピン金物を取り付けてゆきます。

0423KT2

これが断熱材/カネライトフォームスーパー、厚さは65mm。これにも番号ふってあります。

0423KT4

そして押し込んでゆきます。大工さんが一言、今回きつきつのやつやー!

断熱材の寸法がぴったり過ぎて入りにくいため出た言葉です。多分全部そうでしょう。こうなるとオメガピンがなくても自立します。バンバンたたいて押し入れるしかありませんが、、、なんとかお願いします⤵

0423KT5

 

そうこうしてる間に電線養生が始まりました。今後の上棟に向けてしっかり養生します。

0423KT6

カバーは定位置からズルズル押し込んでいき、30分程で完了し去ってゆきました。

0423KT7

 

現場に戻ると案の定進みがゆっくりになってました。奥では大工さんが薄くスライスしていますね。しかし大工さんは黙々と一生懸命に進めて行ってくれていますので安心です。

0423KT8

 

時間がかかると思い一旦現場を離れ夕方来てみると作業は終わっていました。

0423KT9

明日は雨予報につきブルーシートもバッチリ。

連休明けたらすぐに足場を組んでいよいよ上棟です。

大丈夫、雨は降りません!

投稿者: アルファホーム

2019.04.22更新

長坂です。

基礎立ち上がりにコンクリートを流してから充分な養生期間を経て型枠バラシとなりました。

0422KT1

毎回思うのですが、油臭い型に覆われていたので基礎もさっぱりしているようです。

続いてこちらは玄関土間のところ。土間の周りにあらかじめ断熱材が埋まっています。

0422KT2

基礎と土台を固定するアンカーボルトが分かりますね。

左上の長いのは基礎と柱を固定するもので太さも違いますね。

 

続いてこちらは床下の配管。左がお風呂で右奥が洗面室。

基礎工事のあとは床で伏せられる前に設備屋さんの出番となります。

0422KT3

昔は銅管でしたが今はこの「さや管ヘッダー工法」。樹脂管をさや管が保護する2重構造になっていて、耐久・耐熱に優れ、銅管のように継手もなく、曲げやすいので作業性も良し。

ちなみに水色が水で赤色がお湯。分かり易く色分けしてあるだけで中身は一緒です。

使用時の圧でホースが暴れないように土間に金具で固定してありますね。

これだけ配管が集中する場所ですので洗面室には床下点検口を付けます。

 

帰りに隣接の弊社モデルハウスへちょっと寄り道。

常時有人ではないので現地に置いてあるジョウロで植物に水をあげています。

0422TK4

ジョリパット仕上げの門柱とモザイクタイルと茶色いポストがかわいいですね。

しかし暑くなってきたし連休突入になりますし、この作業は誰が、、。

投稿者: アルファホーム

2019.04.10更新

長坂です。

大人気エリアで販売していた刈谷市高須町土地分譲の最終区画(C区画)が基礎工事を着工しました。

まず根切りにより土を掘り基礎の下地を作ったら捨てコンクリートを流します。基礎下の地盤を整え基礎の高さや通り位置を正確に出すために行います。基礎構造部ではありませんが実はとても大事な工程になります。

0417亀島基礎1

ビニールの島のように見えるのは防湿シート。捨てコンクリートで押えられていて地盤面から湿気が上がってくるのを防ぎます。

続いて鉄筋工事に入りました。朝一で捨てコンクリートに墨を出し外周立ち上がりを組み立てています。

高須K邸001

職人さんたちはペアで黙々と作業をしていて声をかけにくいほど集中して作業中。

当日夕方にはこの通り。本当に一生懸命働いてくれました。さあ配筋検査へ。

高須K邸002

現場監督が記録写真を撮っています。鉄筋のピッチ、方法、長さ、かぶり等を確認しています。スラブ鉄筋はピンコロ(四角いコンクリートブロック)により浮かしてありかぶり厚を確保しています。

高須K邸003

配筋や鉄筋量等は構造計算によって決められてきます。激しくごっつい時もあります。

↓ 建物の中央付近で地鎮祭の時に神主さんからお預かりした鎮物を発見しました。

0417亀島基礎5

改めて工事の安全を祈願します。何卒無事完了いたしますように、、。

投稿者: アルファホーム

前へ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog