2018.02.19更新

今回は前回ベースにコンクリートを打設しましたので、立ち上がりにコンクリート打ちです。

現場

間仕切りの基礎部分に型枠の設置してコンクリートを打設します。
ここで重要なアンカーボルトやホールダウン金物も設置します。
 

現場

この基礎図面に従い設置位置を確認しながら施工していきます。

 

投稿者: アルファホーム

2018.02.16更新

基礎配筋検査も問題なく終わり、基礎のベースにコンクリートを打設しました。

現場

寒い中ですが、気温を見ながら打設しました。昨日まで確認できた鉄筋がほぼ見えません。
最近ではこのようなベタ基礎が普通になってきています。ここで単純に計算してみます。

こちらの住宅の1F面積は81.99㎡。(約24.8坪)
ベースの厚みは150mm。コンクリートの比重は2.3t。

81.99㎡X0.15mX2.3=約28.3t(これに立ち上げ分が加算されます)

計算してみると基礎は本当に重いですね。普通車一台1.8tと考えれば、車約16台分です。
当たり前ですが、木造住宅で一番重たい部分です。重たい基礎をつくることで、木造住宅を安定させ、地震で揺れても丈夫な基礎を完成さえていきます。

投稿者: アルファホーム

2018.02.13更新

こんにちは!
新城です。

本日は刈谷市今川町にあります、
新築工事の現場に行ってきました。
現場は2月頭から基礎工事が着工しました!

現場
現場

 


写真は砕石・転圧・防湿シートまでが完了したものです。
砕石というこまかな石を転圧機でしっかり固めて
基礎が来る地面を強化していく作業です!
そして防湿シートとは、
地面からの湿気が基礎に来ないようにするためのものです!
作業一つ一つが重要なモノです!

現場

そして本日は配筋検査です!

現場

第三者機関を入れてしっかりとチェックです。
配筋はパッとみると同じように見えますが、
配筋の本数であったり、置かれる位置、太さ等がきっちりと決まっているんです!
検査ではそういった本数・位置が正しい場所、正しい数になっているかをチェックしています。

検査の結果無事に合格です。

これで次の段階へと進みます!

それはコンクリート打ち!

今までの施工では良い天気が続いているので、
これからの作業もいい天気で進むといいですね!

コンクリート打ちの様子もまた報告していきます。


 

投稿者: アルファホーム

entryの検索

月別ブログ記事一覧

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog