2020.10.12更新

岡崎市竜美台の新築工事に行ってきました。

こんにちは、太田です。

基礎工事、土台工事を紹介したいと思います。

1

立ち上がりの型も外れ、基礎工事が終わりました。

手前に見えるのが玄関のところで雑コンというものが打設されています。

1

近くで見るとこんな感じになっています。

周りに入っているのが断熱材で外周部は50mm、他は20mmとなっています。

雑コンは最終的に仕上がるタイルの高さなど計算して打設されています。

1

↑立ち上がりコンの高さは350mmとなっていて建築基準法では300mm以上と決まっています。

床下の点検等があるためこれくらいの高さは空けておく必要があります。

1

↑厚さは150mmになっていて、建築基準法では120mm以上となっています。

厚いほど強度は増します。

1

↑上に見えるのがアンカーボルトというもので、土台と基礎を一体化させるための大事な

金物になります。

そして下に見えるのがホールダウン金物(引き寄せ金物)といって、土台と基礎だけでなく

柱も一緒に緊結してくれる強い金物です。

基本は基礎の中心にきますが、写真のホールダウン金物は左側に寄っています。

これは右側に最終的に筋交いがくる部分で筋交いと干渉しないように寄せています。

 

1

今日現場に行くともう土台が打たれていて、断熱材も入っていました。

基礎工事は広さにもよりますが、だいたい2日程度で終わるそうです。

1

床の断熱材は厚さ65mmのものが使われています。

F☆☆☆☆(フォースター)というものが使われていて、シックハウス症候群の原因となる

ホルムアルデヒドをほぼ発散させないそうです。

1

あっという間に土台工事も終わり、後は足場を組んで上棟です。

上棟の日は暑くなりそうなので気合を入れていきます。

 

10月の24日㈯、25日㈰の2日間で「構造見学会」が行われます。

「構造見学会」自体が珍しく、家のことについて詳しく知れるチャンスだと思うので

ぜひご参加ください。

予約の空きも多くはないのでお早めにご連絡ください!

下のURLに詳しい内容が記載されているのでご確認ください。

            ↓

http://www.alphahomeplus.co.jp/blog/2020/10/-1024sat25sun-753227.html

投稿者: アルファホーム

2020.10.08更新

刈谷市板倉町の新築工事中の現場へ行って来ました。

 

外

 

こんにちは、榊原です。

 

今回は、同期の太田くんとベテランの岡富さんと一緒に同行させて頂きました。

 

ガルバ

 

外壁工事の真っ只中でした。

 

外壁の間にある木を胴縁といい、外壁に何を貼るかで向きが変わるそうです。

 

引戸

 

玄関はなんと、引戸なんです。とっても憧れちゃいます。

 

業者

 

家の中では、石膏ボードの取り付け作業を行っていました。

 

職人さんは何食わぬ顔で持ち上げていましたが、とっても重いそうです。

 

説明受けるまで、まさか重いなんて思いもしなかったです。

 

耐水

 

石膏ボードには種類があり、場所によって張り分けを行っているそうです。

 

水廻りには写真の緑色の石膏ボードを使っております。

 

こちらは、耐水仕様になっており通常のボードにビニールコーティングされています。

 

お二人方がとても丁寧に教えてくださって、とても勉強になりました。

 

1部屋1部屋とても考え抜かれたプランニングで動線のよさに感動しました。

 

とくに、家事動線が素晴らしくて完成が待ち遠しいです!

 

投稿者: アルファホーム

2020.10.03更新

刈谷市板倉町にあります、新築工事は順調です。

こんにちは新城です。

板倉町の現場は外壁工事に進んでいます。

1

1

こんな感じで一部完了一部これからな感じです。

今回の外壁はガルバリウム鋼板を使用しております。

弊社でよく屋根材として使われている材料です。

屋根では凹凸の間隔が広いものがよくつかわれていますが

外壁材では逆に凹凸の間隔がせまく意匠性を高めたものを使用しております。

軽くて丈夫なのがガルバの大きな特徴です。

使用耐年数は20年から30年といわれております。

この耐年数はボロボロになるまでの年数ですので

10年単位ほどで外壁のメンテナンスを行えばもっと長持ちします。

もう一つの特徴は軽いという事です。

ガルバは金属ですが厚みはホンの数ミリ程度で

土台から屋根近くまでの長さでも1~2枚くらいは手運びできます。

住宅で軽いというのは大きなポイントで、重い材料だと

地震の際など家自体にダメージを受けることが多々あります。

1

このように優れた外壁材ですがデメリットも少々ございます。

ガルバ自体に防火性能がないので下地としてプラスターボード等を

入れるのでサイディングより手間もかかり材料費も多く使うので

サイディングに比べ割高になってしまいます。

後ガルバリウム鋼板だと見た目によくも悪くもメタリック感が出てくるので

ナチュラルテイストの家を検討されている場合は不向きなのかと思います。

 

サイディング・ガルバリウム鋼板のどちらにしても

メリット・デメリットはございますので、

ご予算やデザインなどのご自身の思い描いていることに

ピッタリなものをじっくり検討していただいて選ぶのが一番いいですね。

外壁は毎日見るものなのでじっくり検討して納得いくものを選べば

家に帰るのがすごく楽しみになりますよ!

 

外壁工事ももう少しで完了予定です。

またその様子もブログに書きます!

投稿者: アルファホーム

2020.10.02更新

刈谷市板倉町の新築工事に行ってきました。

こんにちは、太田です。

あっという間にユニットバスが施工されていました。

1

今回のユニットバスは折れ戸、引戸ではなく開き戸で珍しいタイプです。

見栄えは折り戸よく、掃除もしやすそうでこれもありだなと思いました。

個人的にユニットバスが現場に入ると現場が進んでるなと感じます。(笑)

 

1

↑これは天井の下地で、とてもきれいに並んでいます。

30×40mmの角材でボードの下地となるものです。

ダウンライトが最後に据え付けられるところは下地を逃がしたり、切ってもいいように

しなければなりません。

ダウンライトの位置を前々から把握しておかないと後々、大変なことになります。

1

↑先程の下地材の次に断熱材を入れて、ボードを貼った後の写真です。

 

1

外側も着々と進んでおります。

新築の現場で初の板金工事ですが、サイディングとは全然違って板金も魅力的に思います。

1日現場にいなかっただけで一気に進んでいて、たくさん観察したいなと思いました。

早く足場がばらされたところを見てみたいです。

 

板金工事も進み、足場を上がると目を疑うものが発見されました。

なんと足場の一番上に「鳩」がいました。

1

こんな光景は人生に1度しかないと思うのでラッキーな気分になりました。

最近まで卵だったのが2匹のひなになりました。

足場がばらされる前まで面倒を見つつ、元気に飛び立ってくれることを祈ります。

投稿者: アルファホーム

2020.09.29更新

岡崎市竜美台で新築工事がスタートし基礎工事がもうじき終わろうとしています。

竜美台は岡崎人憧れのベッドタウン、イオンから東に位置し小高い山を立派なお家がひしめいております。どうしても一目置いてしまう自分がいます。

0929OONS1

 

基礎工事はこの通り立ち上がりまで終えコンクリート強度が確保される数日後には型枠をばらして完了となります。

0929OONS2

 

電線が低いですねー。黄色の養生カバーもたくさん施されております。見た感じ7、8本。実は今は費用かかっておりませんがいづれ有料になるようです。そうなると今回の様に電線が低い、数が多い、敷地が大きくて距離が長い、などの理由が重なるととんでもない費用が課されることになるのです!つまり仮設費用が膨らんでしまい予算を圧迫するということ。ああ恐ろしや。

0929OONS3

 

↓ 完成イメージがこちら

0929OONS4

完成は年末。年始にはお披露目となります。

間口も広くゆったりとしたお家で、リビングとダイニングの場所が分かれていてどちらからもテラスに出れるというとっても開放的な空間なのです。

外構にも力を入れてみえるので全部完成してからがとっても楽しみです。

 

上棟後には構造見学会も予定しております。

地震の揺れを吸収してくれる制振装置やUa値0.6未満の断熱など完成してからでは見ることができない内部を見て初めて安心を実感できると思います。

また予告しますので是非お越しくださいませ!

以上、長坂でした。

投稿者: アルファホーム

2020.09.29更新

岡崎市稲熊町に完成したアルファホームの建売住宅、内装もとってもおしゃれにコーディネートしていますのでご紹介します!

こんにちは、アルファホームの片山です。

建売ながら内装のコーディネートもしっかり考えられています♪

内装

こちらは玄関から入ってすぐの様子

手前のキッチンから奥のリビング&ワークスペースまで少しずつクロスに変化を入れています。

一番奥に少しダークトーンのグレー系クロスを貼ることでお部屋に奥行き感を演出

こちらはサンゲツの「FE6142」という品番のクロスです。

内装

別の角度から

マットなグレー系なのでとても合わせやすいクロスです。

こういった色目はかっこよくなりがちですが、周りのお色を優しいトーンでまとめると雰囲気ががらっと変わる印象。

今回はお隣のワークスペースにチェック柄のクロスを合わせることでかっこよくなりすぎないように調整しています。

チェック柄クロスはサンゲツの「FE6343」

ホワイトベースなのでちょっとしたアクセントにおすすめです。

今回は家具付きでの販売なのでソファなども一緒にコーディネートがされています。

ブラウンのレザー系ソファで合わせましたが、ナチュラルテイストの家具でもばっちり合うと思います♪

内装

また別の角度から

今度はリビングからキッチンダイニングを見た様子

正面のドアもアクセントになっています。

こちらは弊社の標準仕様からお選びいただけるデザインのドアです。

またキッチンの天井面には木目のアクセント

こちらもクロスで仕上げています。

木目柄クロスはサンゲツの「FE6225」

1階トイレ

あまりブログでは登場しませんがトイレのクロスもおすすめの組み合わせで2面アクセントにしています。

正面の白いクロスはサンゲツの「RE7488」

ホワイトベースにヘリンボーンの柄が入っています。

トイレの背面には薄いグレーのクロスを。

こちらもサンゲツから「RE7923」

おすすめの組み合わせです。

いかがでしたでしょうか?

こちらは現在販売中のお家となります。

見学もご予約をいただければご案内可能です。

詳しい情報は弊社HPの物件情報よりご確認ください→こちら

動画でのご案内もご覧いただけますので是非!

 

投稿者: アルファホーム

2020.09.27更新

刈谷市野田町にて地鎮祭を執り行いました。

弊社からものすごく近いので奉献するお酒を持って徒歩で向かいました。

前日はしっかりと雨が降っておりましたが当日はなんとか晴れ。紅白幕も乾いて良かった、、。

↓ 現場監督と若いスタッフがぬかるんだ足元をブルーシートで覆ってくれました。

0927KMY1

 

今回の神主さんは岡崎の龍城神社からお越しいただきました。岡崎城の横にある神社で岡崎人なら一度は訪れる場所、年越しのうさぎ汁も知られています。

↓ フェイスガードをされておりました!夏場の暑いときにマスクをして祝詞を読んだり非常に大変そうでしたのでこれはナイスですね。

0927KMY2

 

お客様と初めてお会いしたのは今年の2月、ポータルからお問合せいただきその頃販売していた高須町の建売分譲をご案内したのが最初でした。お土地を探しておみえでしたが物件があまり出回ってない時期だったのですぐに色々ご紹介できずにいました。そんな中弊社が建築条件付き土地分譲を始めることになって真っ先にここをご紹介させていただいたのを覚えています。あれから4か月経過してようやくここまで来ました、良き日です!

↓ その返の思いを込めております。

0927KMY3

 

両方のご両親にもご参加いただいて式は滞りなく完了いたしました。

↓ 完成予想図 (ちょっと変わりますが、、)

0927KMY4

 

年明けには完成です。

リビングに大きな吹抜けと階段があるお洒落なお家です。楽しみです!

以上、長坂でした。

投稿者: アルファホーム

2020.09.26更新

刈谷市板倉町の新築工事に行ってきました。

こんにちは、太田です。

今回は断熱について紹介したいと思います。

1

これは壁面を写しています。

断熱材は厚さが二つに分けられ、壁が105mmになっています。

壁に入る断熱は、柱の太さが105mmのため、柱の間にジャストではまるようになっています。

そしてもう一つは天井で、天井は155mmの厚さが使用されています。

天井は壁よりも直射日光を受け、壁よりも高い断熱性が必要とされてくるので

155mmの厚さが使用されます。

 

部分的に貼られているベニヤですが、ここは洗面台となっていて仕上げ材として耐水ボードが

必要とされてきます。

壁にカウンター、洗面台を取り付ける際に下地が必要となり耐水ボードはビスが効かないので

その下に前々から下地材を入れておきます。

1

ユニットバスの断熱も完了しました。

ユニットは高い断熱性が必要で、床下が結露しないように気密性気密性も必要です。

そのため、断熱材の隙間にも発泡ウレタンという穴埋めの断熱材を入れないといけません。

後からでは遅いのでこういった作業は丁寧にやっていきます。

 

岡崎の竜美台で新築工事が始まりました。

1

あっという間に配筋検査も終わり、今日は基礎コンクリートの打設を行っていました。

1

10月の半ばくらいに上棟でそれからも新築が増えていくので、これまで以上にやる気を出していきたいです。

投稿者: アルファホーム

2020.09.26更新

刈谷市野田町にて、地鎮祭を行いました。

 

こんにちは、榊原です。

 

地鎮祭

 

地鎮祭とは、家を建て始める前に神主などを呼んで、工事の安全を願う儀式とのことです。

 

土地を守る神様にその土地を使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式として今も行われているのだそうです。

 

地鎮の儀

 

地鎮の儀を行っている最中です。

 

お施主様は、鎌で草を刈る真似を行って頂きます。

 

鍬

 

弊社は、鍬で土を掘る真似を行います。

 

お施主様も、社長もとても威勢のいい掛け声でした!!

 

これで、お施主様のお家はきっと繁栄しますね。

 

私自身、初めての地鎮祭でしたので不慣れではありましたが、

 

支障が出ない程度に、たくさん写真を撮るという任務を果てせて、一安心しました。

 

最後は、ご家族で記念撮影を行いました。

 

ご家族

 

式中に眠ってしまっていた娘さんも、最後は大きな目をあけて

 

こちらを見てくれました!とっても素敵な1枚です。

 

これから、完成までの進捗もアップしていくのでお楽しみに!!

投稿者: アルファホーム

2020.09.24更新

先日、岡崎市竜美台にある新築工事の現場に行ってきました。

こんにちは、斉藤です。

今回配筋作業を行っている所に行ってきました。

 

岡崎市竜美台新築工事

配筋作業を現場で初めて見ることができました。

こちらの鉄筋は、それぞれの場所に決まった太さの配筋、決まった間隔で配筋されていきます。

職人さんが1本1本正確な位置を測り、配筋されておりました。

 

岡崎市竜美台新築工事

こちらの鉄筋の下にある小さなコンクリートは、かぶり厚をとるためのスペーサーと呼ばれるもので、コンクリートを入れたときに鉄筋が下につかないようにされているもので、

このスペーサーの高さは6センチになっており、基礎を作るときにとても大事なものになります。

 

岡崎市竜美台新築工事

本日行きますと、配筋検査が終わり型枠が付けられ、ベースコン打ちの前の写真になります。

ベースコン打ちが始まると、配筋が多少見れなくなってしまうのでタイミングがとてもよかったです。

基礎の工程も着々と進んでおります。

また進行具合を報告していきたいと思います。

 


 

 

 9/26

 

立ち上がりのコンクリートを打設をしておりました。

現場に到着した時にはもう終わっておりました。

実際に生で見てみたかったです。

 

岡崎市竜美台新築工事

コンクリートを流し込んだ後がこんな感じでした。

立ちコンの高さが35センチになっております。

 

岡崎市竜美台新築工事

このような感じで流し込んだ後、4日間ほど乾かせます。

手前の太めの金物がホールダウン金物で、奥の金物がアンカーボルトになっています。

どちらも、職人さんが図面通りに配置されておりました。

今回見た基礎の工程や学んだことを今後に活かしていきたいと思います。

投稿者: アルファホーム

前へ

entryの検索

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog