2017.03.29更新

片山です。

刈谷市高須町にてキッチンの取替え工事を行っています。
今回も当社のオーダーキッチンを採用していただきました。


初日は既設のキッチンを取り外す解体工事と排水の逃げなどを同時に行っていきます。

別業者の職人さん同士でも人手が必要な作業は協力しながら進めていきます。
今回はキッチンのみの取替えなので周りの食器棚などは汚れないようにしっかり養生!



今回のお客様は以前にも何度か当社で工事をさせていただいており、キッチンの水栓も数年前に変えたばかりだったので水栓は再利用することに。

傷を付けないように慎重に外してもらいました。


午前中の作業でほとんど解体は終了。
うっすら元のキッチンの後が見られますね。


解体が終わるとキッチンの取り付けです。

レンジフードはショールームにも展示してある「洗エール」を採用していただきました。
自動で庫内を洗ってくれる優れものですshine

テキパキと作業してもらいこちらも2日目の午前中には大方終了し、その日の夕方にはキッチンが使えるように復旧まで完了しました。

まだ少し作業が残っているので最後までしっかり行いたいと思います。



投稿者: 制作管理者

2017.03.24更新

片山です。

現在オーダーキッチンをご検討中のお客様からシンクについてのご相談を受けました。


理想としては、当社のショールームにあるようなスクエア型のステンレスシンクであること。
角がシャープでかっこよく見えるもの。

メーカーさんのシステムキッチンなどを見てもなかなか理想の要素がそろえられる所が見つからない、ということでご相談を受けました。

上の写真のシンクは松岡の2STEPシンクです。
幅、奥行き、高さなどすべてオーダー可能で両サイドに取り付けられたレールによってシンクの中を立体的に使うことができます。

洗剤を置くためのL型ポケットが作れるのも松岡のシンクならでは。
というのも、こちらは機械のプレスを使わず職人さんによって細部まで作られているからなんです。

全体的にシャープでかっこいいのですが、やはり手間のかかっているものなのでその分お値段も上がってきます。


スクエア型のステンレスシンクでもう少しお手頃なものとして3Functionシンクもおすすめしてます。
ある程度寸法は決まっていますが、横幅が大きい点やこちらもレールが付いているので立体的な使い方ができるのでショールームにお越しのお客様からもご好評いただいてます。

違いとしては松岡のシンクに比べると角が少し丸いです。
アールが付いてる分汚れがたまりにくくお掃除がしやすいと思います。

ですが、今回のご相談はシャープなものなのでもう少し何かないかなと思い、いろいろ探しました。

そこでみつけたのがこちらのシンク↑
よく使うメーカーさんからご紹介していただきました。

少しアールがついていますが、寸法的にはFunctionシンクより角がきつめです。
お値段も松岡のシンクよりは高くならないということで、今回のお客様の候補に入れていただきました。


オーダーキッチンは高いというイメージが多くの方にあると思いますが、やれることがたくさんあって自由な分価格を抑えるための工夫もいろいろあります。

理想と予算に近づけられるようにプランするのも私の仕事なので、キッチンご検討中のお客様にはいろいろと相談していただきたいなと思いますshine




投稿者: 制作管理者

2017.03.18更新

片山です。

以前ブログでも紹介しましたが、ショールームの展示用キッチンが只今モデルチェンジ中です。
(以前のブログはこちら

キッチンの設置は来月を予定していますが、少し先だって床や壁を新しくしています。

今回のプチ改装はアルファスタイルの村井さんと松村さんが職人さんとして大活躍されています。

今までの床の上からフロアタイルという床材を増し張りしていきます。
アルファスタイルのマンションリノベでもよく使われている床材です。
(長坂さんのブログでフロアタイルが紹介されていたのでこちらも是非。)


手軽に張り替えられることと、柄目が豊富な点も魅力です。

こうして見ると本当の木目に見えます。

白いキッチンの周りはグレイッシュな木目に。


キッチンが新しくなるこちらの床も張り替えしました。

起一さんが黙々と貼っていきます。

こちらもフロアタイルですが貼り方に注目!
ギザギザに柄が出てくるこの貼り方「ヘリンボーン」というもの。

日本語では「杉綾織」とも言われるそうです。
ギザギザ柄が「へリング(魚のニシン)」の「ボーン(骨)」に似ているためこう呼ばれています。


全面はこんな感じに仕上がりました!

雰囲気変わりましたね。

今後はキッチン・カップボードが新しく設置されタイルを貼ったり、打ち合わせテーブルも製作中です。
また、完成したらブログに載せますね!

投稿者: 制作管理者

2017.03.11更新


片山です。

皆さん知ってましたか?
海外製食洗機で有名なMiele(ミーレ)からお得なモデルが発売されました。


ミーレ・ジャパン25周年記念モデル G 4920 sci という商品です。

ドイツのミーレ社からアジア初の現地法人として設立された「ミーレ・ジャパン」が今年で25周年を迎えるということで、その記念に発売されました。

今回ご紹介したいのは価格です。
 「G 4920 sci」 こちらのお値段が¥250,000(税抜) 
25周年だから25万円なんだと思います。(たぶん・・・)

しかも、これ幅60cmタイプ!・・・正直びっくりです。

現行品だと幅45cmタイプでも定価だと30万以上するので幅60cmなのにこちらの方がお得になってしまいます。


(画像はMieleのHPより)

デザインはドア材取付専用タイプなので操作パネルはステンレスになります。

機能としての違いは40℃で洗うクイックウォッシュとオートオープン機能がついていないこと、その他はほとんど変わりありません。

カトラリートレイに上段下段バスケットがついているので約12人分の食器が1度に洗えます。(幅45cmだと約7人分)

キッチンの大きさや金額的な差で45cmタイプを選ばれる方も多いですが、やっぱりできることなら大きい60cmタイプが入れたいですよね!

この25周年モデルは期間限定品なのでお得に60cmタイプを入れるなら今がチャンスですshine

この機会に海外製の食洗機も考えてみてはいかがでしょうか?

Mieleの食洗機を入れた事例はこちら



投稿者: 制作管理者

2017.03.04更新

片山です。

当社のショールームにはキッチンや洗面化粧台、カップボードなどオーダー品をいろいろと展示しているのですが今現在1カ所展示品がありません。

入り口すぐのこちら
元々I型2550のスタンダードモデルがあったのですがお客様の元にお嫁に行きました。

ということで只今モデルチェンジ中です。

今回は片山チョイスでやっていいと言われたので図面作成から色柄の仕様決めまでいろいろとやってます。

おおまかな打ち合わせをして図面を作成。
(社長から赤ペンで修正が入ります。)

I型2550の標準モデルはベースとして残しながら、食洗機やスライド式の作業用スペースを設けたりする予定です。

カップボードも合わせてプランしてます。
ダストボックスのスペースを新しくご提案できるように考えています。

また、打ち合わせ用のテーブルもオリジナルで作る予定です。

こちらは先日見学会の際に使ったオリジナルテーブルですが、こんな感じに少し特徴のあるテーブルを作りたいなと思っています。


今回は若い世代の方向けにかわいい!と思っていただけるようなキッチンがコンセプトなのでタイルを使ったり扉の面材もサンプルを組み合わせながらプランしています。
タイル選びも可愛い物がいっぱいあるので迷っちゃいます。


最近はショールームご見学のお問合せもたくさんいただいています。
ご来店いただいた皆様に少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

設置はもう少し先になりますが、また完成しましたらブログに載せたいと思います。
ご期待ください。


投稿者: 制作管理者

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog