2018.04.26更新

こんにちわ。
営業の岡田です。
刈谷市板倉町で浴室のリフォームをしています。
現場は解体が終わり、ユニットバスが設置される土間が仕上がりいよいよユニットバスを設置する日が来ました。

現場

ユニットバスは最初に、床「パン」を設置していきます。
ここで、洗面所の床との高さを、ボルト脚の支持脚で調整し水平にして設置します。その時に、排水の接続を忘れずに行います。1坪のスペースでは組み付けるのも大変そうです。

現場

現場作業は朝8:30から荷受け「商品」をして、9:00頃から組み付けをスタートしました。
私が現場に確認しに行った夕方の5:00には、写真の通り設置が完了していました。
今回はTOTOさんのサザナをいれさせていただきました。
TOTOさんのおフロは、洗い場の床がヒヤッとせず、クッション性がある床になっていて、お掃除や小さなお子さんを洗ってあげる時に膝を床に長時間ついても、痛くならないので、とってもいいです。わたしは、お客様のライフスタイルに合わせて、商品のご提案をするようにしています。
今回は、どちらかと言うと、お掃除される奥様、たまに来るお孫さんの事を考えこの商品をご提案しました。
たいへん喜んでいただきました。

現場

 

 

 

Y様には、
工事の期間中、アルファスタイルの工事看板の掲示を
心良く、承諾していただき、本当に感謝しています。
リフォームで快適になったお風呂をご満喫ください。
ありがとうございました。

投稿者: アルファホーム

2018.04.16更新

こんにちわ
岡田です。
今日から、刈谷市板倉町Y様邸で浴室リフォームをはじめています。

当現場のお客様であるY様は、弊社、前身原田商事時代からのお客様です。
お付き合いは、20年以上、本当に長くご愛顧いただき本当に感謝です。
前任の担当から引き継ぎ、今回、浴室のリフォームの依頼を受けました。

現場

建物はHハウス様で建築されております。
浴室はタイル張りの在来式からUBへのリフォームです。
写真右側に大きな窓があります。ハウスメーカーさんの窓は大きな物が多いので、UBに入れ替えようと思うと、この窓が干渉してはいりません。
今回は、この窓を取り外して、外壁を復旧するなど、大々的な施工はお客様の希望と違ったので、スマートに改修していきます。結果はレポートご期待ください!!
さて、最初は解体工事です。

現場

築30年ぐらいのお家はほとんどこんな浴室ではないでしょうか?
ステンレスの浴槽があって、床も壁もタイルが張ってあります。
また、お湯を浴槽にはる時は、お湯とお水を混ぜてちょうどいい温度になるように調整して、お湯をはります。
ちょっと目を離すと・・・・・浴槽からお湯が大洪水。
私も子供の頃、お風呂のお湯はりを当番でやった覚えがあります。なつかしい・・・・
お風呂のお湯が冷めてしまったら。。最初の写真の右下にあったバラ釜・・おいだきです。

今回はこのバラ釜も撤去してリモコンボタン一つで、お湯はり・おいだきができる給湯器を設置します。

現場


解体が終わりました。
ハウスメーカーさんの浴室は特に解体に時間かかる経験がありましたので、この現場も構えて取り掛かりました、
朝9:00からはじめて、16:00には完了。
業者さんからLINEで完了報告があり、写真を確認。
(最後の写真がLINEで業者さんが送ってくれたもの)きれいに壊れています・・・完了が早くて驚きました。
現場に17:00に確認に伺い、Y様に今日の工事経過報告をして、最後に掃除機をかけて今日は作業完了です。
現場の初日スムーズにいって安心しています。
1週間の工事ですが、Y様に喜んでいただけるようにしっかり管理します。よろしくお願いします。

 

 

 

 

投稿者: アルファホーム

2018.04.12更新

アルファスタイル村井です。八事の中古マンションリノベは内装工事にとりかかりました。まずはパテ打からスタートです。内装工事においては非常に重要な工程です。ボードのジョイントというジョイントには全てパテ打ちをしてクロス貼付面を平滑にしていきます。リフォームやリノベーションでは、既設と新設の下地の取合いの絡みが結構出てきますのでクロス貼付前の下地作りがとても重要となってきます。


リノベ

現場

現場

トイレのアクセントクロスです。いつもながらにプランナーの岡富さんのセンスに感心してしまいます!今回も結構面白い柄をチョイスしています。完成がますます楽しみになってきました。
リノベ

次回はいよいよ完成をご紹介したいと思います。

投稿者: アルファホーム

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog