2018.03.03更新

今回は愛知県で既設の旧型食洗機からガゲナウ食洗機へ取替えをした事例の紹介です。
既設のキッチン本体はそのまま。食洗機だけを交換しました。

リノベ リノベ

 


 
左側が既設の松下電器産業(現パナソニック)のW45cmタイプの食洗機です。
これをガゲナウ食洗機45cmに取替えしました。
いかがですか?案外、綺麗におさまっていると思います。

では、工程の流れに沿ってガゲナウ食洗機取替え工事を紹介します。

1:既設食洗機の解体


 

リノベ

まずは既設食洗機の解体及び撤去作業です。足元のパネルを外し、水、電気、ボルトなど外します。
 

リノベ

今回の食洗機は自立式の古いタイプだったので、撤去すると写真のように空間が広がります。
 

リノベ

こちらが撤去した食洗機。W45cmのタイプ。約20年以上使用。お疲れさまでした。
 

 

2:ガゲナウ食洗機用の給水ホース、排水ホース、電源取り出し口の穴あけ


リノベ

既設のキッチン収納の一部に穴あけします。ここが日本製の食洗機と違うところ。日本製は、食洗機の下に配管や電源がくるのですが、ガゲナウは「横」から配管接続する必要があります。
そのために、既設のキッチン収納に5cm*10cmほどの穴をあけます。

4:ガゲナウ食洗機設置


 

リノベ

こちらがガゲナウ食洗機DI250441、W45cmタイプです。しっかりとした重厚なつくりです。扉面材は付属していません。扉面材は弊社の方で作成します。
 

リノベ

ギリギリですが、案外ピッタリ入ります。日本製もガゲナウも有効巾は同じです。W45cmの既設食洗機が入っていれば、ほぼ問題なし。
注意しないといけないことは「高さ」でしょう。特にガゲナウは、最低設置高は「815mm」そのため、最近のキッチンカウンターは厚み40mmのため、85cm高のキッチンには、5mm足らず入りません。
しかし、今回は、85cmの高さでしたが、カウンターの厚みがなんと「30mm」そのため、5mmクリランスを確保して設置可能になった珍しいケースでもあります。ちなみに、既設のキッチンは昔のトーヨーキッチン。

この辺りが「現調」するときのポイントです!

 


5:給排水配管工事


 

リノベ

今回のキッチンは、木造住宅で1F設置だっため、床下に一人もぐり作業をしています。写真はありませんが、この下で作業中です。既設の配管から、食洗機の排水HT40と給水を分岐しています。
せまいところなので、大柄の水道屋さんは大変そうでしたが。でも海外製に慣れている職人さんなので、仕事もテキパキこなしくれます。
 

リノベ

配管工事はこのように納めます。床から配管をする必要が出てくるので、設置には「床下にもぐれること」が必要です。でも、場合によっては、床下からでなく、配管が出来る場合もあります。
この辺りは「経験」と「現調」が大切です。

4:電気工事


 

リノベ

今回は食洗機がもともとあった家でしたので、その専用回路を200Vに変更します。写真にはありませんが、分電盤をばらして、回路変更します。既設の電気配線が2.0以上、そして専用回路であることが必要です。

5:仕上げ



リノベ

リノベ

ガゲナウ食洗機に、あらかじめ作成しておいた扉面材(アイカ化粧メラミン材)を取り付け。こちらはお客様にお願いして、既設のパネルと見合う柄を選択してもらいました。まったく同じ柄ではありませんが、マッチしています。

すべて整ったところで、試運転。「予備洗い」を選択して起動を確認します。配管の漏れなども確認します。後はガゲナウ本体の微調整を行い、完成です。


いかがでしょうか?

最初の解体撤去から完成まで約3時間半ぐらいです。でも工事業者は3工種必要です。
ガゲナウ設置のキッチン施工業者、給排水配管の水道御者、電気配線の電気業者がお互い協力して順序よく作業を進める必要があります。
当然ですが、下見も十分にしておく必要があります。弊社のように、ガゲナウのような海外製品の取り扱いになれており、配管の取り回しや、電気工事などポイントを抑えているからスムーズに作業が進みます。
また、業者の皆さんもなれた方が多いことも重要です。

この事例のように、既設食洗機からガゲナウ食洗機へ取替え可能な場合もあります。戸建ての1階であれば、よほどの場合を除き、取替え可能です。
ちなみに、ミーレもほぼ同じです。

さあ、ガゲナウ食洗機がほしい!と考えているお客様。
土日は弊社ショールームにて相談会(要予約)も行っています。お気軽にご相談くださいね。

キッチンのことなら、アルファホームへ

 

投稿者: アルファホーム

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog