2017.09.30更新

刈谷市では運動会シーズンがはじまりました。本日9/30日は小垣江小学校の運動会です。
ウチの息子はもう中学生なので、何か懐かしいですね

こんにちは、廣村です。

さて今回は、今現在刈谷市野田町で戸建てリノベをしている現場の紹介です。こちはら、「住みながら」大規模のリフォーム。1Fはすべて解体して作り直します。
当然ですが、キッチン、洗面、洗濯、トイレなど水周りが集中しています。

木造住宅です。柱や梁など構造部分がほぼ見えるまで解体しています。この状況で「住みながら」リノベすることは大変です。トイレは2Fにあったので何とかなりますが、洗面、キッチン、浴室が使えないのはホント生活が出来ません。
そのため、浴室だけは・・・ということで、工事中ではありますが、使えるようにしました。
 

ユニットバスなので、浴室だけは完成。そして既設の給湯器から配管を一次的に接続。
 

職人さんたちの協力で、一時的ではありますが、お風呂が使えます。壁や天井など仕上げ工事が完成していないので、ちょっと不思議な感じがしますが、ユニットバスであれば使用可能です。このように少でもお客さまの負担を少なくするこも非常に大切なことです。
お施主さまも「ありがとう、随分楽になったよ!」と喜んでいましたね。そうそう、仮設で洗濯機とシンクをカーポートにも設置しています。工事期間中、少しでも負担そ少なくするようにしています。まだしばらく工事が続きます。
これからも監督を中心にしっかり現場を管理して進めていきます。

 

投稿者: 制作管理者

2017.09.25更新

早いものでもう9月も終わり。新しく上着でも新調しようか迷っています・・・。

こんにちは、廣村です。今回は私が8月にお引渡しをした豊田市の注文住宅の撮影&インタビューに立会いでした。

とってもいい雰囲気でした。ご主人や奥様がチョイスした小物や家具、カーテンがホント、いい感じに仕上がっています。
こちらのご夫婦は共働きなので、家事の負担を緩和するために、家づくりに取り込んだ便利な設備機器や間取りの案のお話しは、これから家づくりを考えている世代にはかなり参考になると思いますね。

完成写真、インタビューはただいま編集中です。また「お客様の声」等で公開する予定です。お楽しみに!

お客様の声 はこちら。

 

 

投稿者: 制作管理者

2017.09.15更新

夜になると半そでが寒く感じます。そろそろ上着が必要ですね。
こんにちは、廣村です。

さて本日は名古屋市八事春山でマンションリノベの下見でした。

名古屋市の好立地にあるマンション。間取は3LDKで、広さはなんと100㎡を越える物件です。まだ築年数も浅くとても状態がよいですね。
 

これが既存図面。下見しながらリノベイメージをふくらませます。対面キッチンをアイランドキッチンへ。そして大型のパントリーも加える予定です。既設の浴室は1620サイズで一戸建てより広い!トイレもカウンター付きで豪華です。
なかなかここまで広い物件はないでしょうね。
 

原田部長とプランナー岡富さんの息の合った現場調査。いいコンビです!テキパキと寸法を測定していきます。

ホント、どんなプランになるか楽しみですね。

今週末はリノベーション見学会もあります。ぜひ見学会にお越しいただき、弊社のリノベーションを体験してくださいね。

投稿者: 制作管理者

2017.09.08更新

朝、晩がだんだん涼しくなってきましたね。こんにちは、廣村です。

今回は、とても珍しいオーダーキッチン事例を紹介します。こちらの住宅は吹き抜け天井で通常の換気扇が取り付け出来ません。
そのため、床下に排気ガクトが通るタイプの換気扇で、日本ではまず見ることが出来ない、ベスト社の「リフトアップ&ダウンドラフトフード」のご紹介です。

この動画でも分かるように、使用する時に、キッチンの天板からスルーっと上がってきて、換気扇がONになります。
そのため、使用しないときは、カウンターの上はフルフラット。とてもおしゃれですよね。

こちらの換気扇はIH用で、ガスコンロとは併用できません。皆さんもご存知かもしれませんが、IHクッキングヒーターは上昇気流が発生しません。そのため、通常の換気扇にように上に取り付けても、あまり吸い込みは期待できません。
アイランドキッチンで、IHの場合はニオイが部屋中に充満してしまい、クレームにつながることもあるそうです。私の自宅もIHなんですが、魚を焼くと玄関先までニオイがしてきます・・・。

本当はこの換気扇のように、低い位置から吸い込みが出来るタイプが理想的なんですね。でも、実際に採用する時は注意も必要です。換気ダクトを床下に通すことや、本体に組み込むことなどいろいろと面倒なことが多いことも事実です。
このような機器を取り扱う機会がほとんどないので、建築屋さんも、設備屋さんも、現場で迷ってしまうようです。でも弊社であれば、この換気扇にも慣れていますので、ご安心くださいね。

このフードについてはこちら。ベスト社から

このオーダーキッチン事例はこちら

他の似たキッチン事例はこちら

この事例のようなアイランドキッチンがつくりたい方は、お気軽にアルファホームまでお問い合わせくださいね!

投稿者: 制作管理者

2017.09.06更新

安城市にて約10年ほど前にお引渡しをした注文住宅のエコキュートの不具合です。浴槽の追い炊きアダプターからお湯が流れっぱなしになっている!との電話がありました。
症状から判断して、配管などの問題ではなく、機器本体の故障だろうといことになり、メーカーメンテに依頼しました。
 

やはり原因はエコキュート本体。追い炊きに関連するパイプに穴があき、そこからお湯が漏れているとのことでした。
やっぱり、10年以上経過するといろいろ不具合が起きてきますね。たまたま、このお宅は私の自宅とほぼ同じ時期に建築した建物。
そのため、エコキュートも同じ機種。うーん、そろそろウチもきそうですね。

当たり前かもしれませんが、この10年間には、定期点検などしっかり行い、細かな手直しも行っています。また5年前には太陽光発電も設置していただき、とてもお世話になっていますね。
やはり、自分が担当した家は気になりますね。

K様、また何かあれば、いつでも連絡してください。出来るだけ迅速に対応しますよ!
 

 

投稿者: 制作管理者

2017.09.01更新

今月9月の「かりや市民だより」に弊社で施工した耐震事例が掲載されました。
刈谷市の建築課からインタビューのとれる事例がなか問い合わせがあり、アルファホームからもすぐ近くの刈谷市野田町のI様邸の現場をご紹介したところ、快く引き受けていただきました。
本当にありがとうございます。
アルファホームでは、平成18年から耐震改修に注目し、刈谷市の耐震改修補助金制度を活用して地元刈谷市中心にコツコツと進めてきました。
平成29年度には、刈谷市だけでも69件の木造住宅を耐震化させ、安心と安全を提供してきました。とくに平成23年度は耐震改修補助金が120万に倍増したことで、弊社だけでも(全体で90件ほど)一年間に24件の耐震改修工事を行ったことを覚えています。
しかし、年々耐震改修の件数も減り、今では年間3,4件ほどです。こんな背景もあり、刈谷市としても、震災に強い街づくりを目指し、少しでも多くの住宅が倒壊しないようにしておきたいと考えているのでしょう。

私たちとしても、地元密着の建築会社として、少しでも多くの住宅を安全で安心できるように啓蒙活動をしたいと考えています。
弊社では、住まいの相談会として耐震改修のセミナーも開催しています。(過去のセミナーの様子

個別相談も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

住まいの相談会予約はこちら

お電話の方はこちら

耐震改修の現場レポートはこちら

 

刈谷市で耐震改修のことなら、アルファホームへ

投稿者: 制作管理者

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog