2019.07.04更新

名古屋市守山にある新築分譲マンションにてミーレ食器洗い機を導入した事例のご紹介です。こんにちはアルファスタイル廣村です。

今回の事例は、新築の分譲マンションで、お引渡し後にミーレ食洗機を設置しました。最近のマンションには、食洗機を選ぶことが出来るみたいで、購入時には、食洗機用の電源コンセント、排水管などすでに施工されている場合がほとんどみたいですね。

ただし、「ミーレ」はドイツ製。そして本体自体も非常に大きいため、電源コンセントは200Vに変更、そして、日本製食洗機とは給排水経路が根本的に違うため大幅にやりかえる必要があります。この部分に関しては、現場調査が必要で、既設の配管ルートによっては比較的安易な方法で配管できる場合もあります。

ビフォアー

<<BEFORE>>

この部分(既設は引き出しW45cm)にミーレ食洗機を取り付けします。

では工事方法を順番にご紹介します。

既設引き出し撤去

既設引き出しを撤去処分

壁撤去

既設キッチンはそのままで取り付けするために、リビング側の壁材(石膏ボード、クロス仕上げ)を撤去。給排水の配管工事を行うために必要でした。

給排水

ミーレ食洗機を組込み、給排水接続を行います。

ミーレ食洗機

綺麗にミーレ食洗機がおさまりました。キッチンのカウンター高さが85cm、カウンターの厚みが3.5cm程度。床から設置必要寸法の81cmが確保できているので問題なく入りました。こちらのタイプは標準ドア付き。既設キッチンの扉柄と合わない場合は、このようにホワイトパネルをチョイスすれば、案外違和感なくおさまります。

壁補修

撤去した壁は大工さんに石膏ボードで復旧。

完成クロス

クロスはお客様が管理組合に問合せ、クロス品番を調査してくれたので、同じ柄のクロスを調達することが出来ました。何事もなかったような仕上がりです。

お客様は、「夢が叶いました!」と非常に喜んでくれました。やはり、ミーレ食洗機の洗浄能力は最高。「ぴかぴか」になるそうです。また動作音も非常に小さく、リビングでTVを観ていても気になりません、とのことでした。

今回のミーレ食洗機設置工事として非常に難易度の高い工事の部類となります。壁を剥がして、給排水工事、電気工事、ミーレ設置、復旧、仕上げ、とミーレを取り付けるために沢山の工事業者が必要です。そのため、工事費用も通常よりは高額となります。

でもミーレがどうしてもほしい!という方には必見のリフォーム方法だと思います。

もっと詳しく知りたい!と思った方は、「相談会」よりメールください。しっかり対応さえていただきます。よろしくお願い致します。

 

 

投稿者: アルファホーム

entryの検索

カテゴリ

CONTACT

土日はご予約優先でご案内させて頂いております。
お電話にてご予約をおすすめ致します。また、現場打ち合わせで不在時もあります。
ご来場の際はお手数ですが、お電話を御願い致します。

  • contact_tel.jpg
  • 24時間受け付けております 相談会ご予約フォーム
staff staff blog