13.岡田 和樹

2018年5月22日 火曜日

名古屋市瑞穂区でマンションリノベーション

こんにちわ 岡田です。
名古屋市瑞穂区で只今マンションリノベーションをしています。
先月16日から着手しました現場のご紹介をします。
建物は1975年11月竣工 築年数42年
構造はSRC「鉄骨鉄筋コンクリート構造」
戸数は271戸 15階建てです。
この時代ではかなり大規模な集合住宅だと思います。

写真から見きれてしまうぐらいの大きさです。築年はかなりビン
テージですが、この物件は、管理組合がとてもしっかりしていて
工事着手前の工事説明などにも、快く立ち合いしていただけてと
ても好印象な物件でした。15階建てという建物ですので、
眺めはというと・・・

街並みが、一望・・・なんかリッチな気分になる瞬間でした。
少し曇っていましたが、晴れの日はもっといい眺めではない
でしょうか。この写真から分かるかもしれませんが、リノベ
ーションのお部屋は、最上階15階のお部屋になります。最
上階という事で、工事の際の資材の搬入などの条件の悪さの
事を、まず最初に考えてしまう私ですが、眺めが良いのでよ
しとします。

ダイニングキッチンの写真です。
年代通りの様子です。天井には、梁型の壁があり、この築年
数ですと、どこかに、ブロック造の内壁が存在するはず・・
下見に来た段階で、色々調査する事がたくさんあります。特に
、給水・排水経路はしっかり確認しておきたいですね。弊社の
リノベーションでは、今後また、長い年月使用していただくた
めに、古い設備管の取替えを行っています。
さっそく解体していきます。

解体後の写真です。
3日間という短い時間で職人さんにがんばっていただきました。
集合住宅ですから、解体時の騒音等、念入りにお隣、下階の
方にご説明して工事を進めさせていただきました。
解体工事中のご協力に感謝いたします。
ありがとうございました。

写真でも分かりますように、かなりのブロック造の壁を
解体撤去いたしました。リノベーションでは間取り変更に
伴う、大規模な解体があります。
限られたスペースを使いやすくかつ有効利用する上で、
この解体工事はとても重要です。
解体工事が終わると、次は資材の搬入です。
資材搬入は、荷揚げ屋と呼ばれる専門業者に任せます。
今回は1日4人で作業しました。

部下の鈴木寧くん監修の元、材料の運び入れは、完了です。
ご苦労様でした。
材料もきれいに整列されていてとてもきれいです。
マンションリノベーションでは、材料運びいれ階数を極力
減らしています。運び入れの階数が多いほど、
館内の方々にご迷惑をかけるからです。
材料の運び入れをして2日間ほどで、
設備機器の給排水・電気・空調の新しい配管達が整備されます。
この段階まで、だいたい1週間です。
次は、造作だいくさんの出番になります。
ここからが、間取りが見えてくる工事になりますので、
おもしろくなってきます。 
今日はここまで、、またレポートします。
 

 

 


 

 



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31