25.鈴木 寧

2018年5月24日 木曜日

瑞穂区MSリノべ レポートR

皆さんこんにちは!
鈴木寧(やすし)です。

瑞穂MSリノべのレポートRです。
「リノべレポート」は以前に書いたのでRを加えました。リターンです。ちなみに綴りは書けません。日本人万歳。

日本と言えば「この国はスクラップ&ビルドでのし上がった」なんてセリフがゴジラにありました。
壊れてから素晴らしいものに作り直す魂が日本人にはあるのではないでしょうか。二十数年しか日本人やっていませんがそんな気がします。


 
というわけでぶっ壊しまくったと評判の瑞穂区MSです。
リビングから写真を撮っているのにキッチン、トイレ、洗面を貫通して浴室の壁が見えているのが乾いた笑いを誘います。

壊しまくった分、今回は壁の造作が多いです。
そのうえに床の底上げ、更には噂の「アールの壁」まで作る予定。
かなりのボリューム。

これを日本人の魂をフル活用して作り直していきます。

段々出来てきたのがこちら。
さすが大和魂標準装備の大工さん達、早いです。
浴室までの空間に仕切りが入って部屋っぽくなっているのが感じられるかと思います。

右側に見えてきたのが「アールの壁」、最近、当ブログページに度々出てきているやつ。
私的には初めて見る曲がった壁の中身です。

足元はこんな感じ。
始点と終点から伸ばした線が直角に交わる点。そこを中心とする円を作れば間柱の場所が決められる。
と、大工さんに教わりましたがそれよりも曲げて切られた板に驚愕していました。私これできない。
 

曲がるベニヤを貼り付けてこの通り。
綺麗なカーブです。両手を広げて密着するとちょうどいい抱き心地。まさしく職人技。
 

リビングの入り口から。
左側の視界が開けています。
普通は壁が見えるところにソファ、ひいては人が見えるという感覚。
想像するだけで暖かさがあります。ホットですね。

大工工事が終わって次は内装。
それが終わればスクラップ&ビルドもいよいよ大詰めです。
いい物件にのし上げていきます。

そのうちレポートR2もやります。
どこぞのガンダムみたいにR4まで並べたいですね。そんなに書くことありませんが。

それでは本日はこれで。
ありがとうございました。
 



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30