13.岡田 和樹

2018年3月31日 土曜日

大府市高丘町に現場下見

こんにちわ。 岡田です。
今日は、中古戸建を購入検討しているお客様と
物件の下見に来ました。
ご相談は購入後のリフォームです。
やはり建物が古いので、リフォームを考えて
おられました。リフォームに実際かかる工事費用を
購入予算にいれて、購入計画をたてるそうです。
下見のついでに、実際の建物の劣化具合、
絶対直さないといけない所など重要な所を
建築業者として調査しました。

到着しました。
建物は軽量鉄骨で2階建てスレート葺き
建築は1980年昭和55年でした。
建坪は26.2坪、間取りは4DK
駐車場は1台、2階建てで少し小さ目な建物でした。
外装は築年数程度の劣化具合、塗料が剥がれていたり
鉄部が錆びていたり、古くなるとよく目にする光景です。

玄関から、室内へはいりました。
外観よりも室内は良好な状態でした。
特に床板がふわふわする感じもなく、床ナリも
少なかったです。洗面の床は少しぎしぎしと
音がした程度です。こんな状態だと既設の下地を
利用したリフォームが考えれるので、リフォームコスト
を抑える事ができます。例えば、
床の解体をせず、そのままフローリングを張るような
カバー工法です。

一階の和室です。
和室の天井には目透しの板がはってあります。
無垢の板ではなくて、プリントものが張ってありましたので、
シートが少しめくれかかっていました。
和室を洋間に変えるプランをご提案しようと思います。
畳の状態が少しわるかったので・・・・

一階の応接間の引戸の敷居と床の隙間です。
この部屋だけ、床板と敷居に隙間があったので、
気になりましたが、建具を動かしても問題なく
可動するので、単に床材が年数でやせて隙間が
空いたのか、もともとだったのか・・・・
とにかく大丈夫です!!

現場で2時間程度しっかり、調査させていただいきました。
これをもとに、リフォームのご提案をしていきます。
最近、こんなご相談が増えてきました、アルファスタイル
は、戸建、マンションなどの再販リノベーションや
ご注文請負いのリノベーション工事を専門にしています。
ご相談ありましたら、アルファスタイルまで
お問い合わせください。
刈谷市で、昭和56年以前の木造建築物であれば、
耐震改修+リノベーション=古民家再生
でご提案致します!!


 

 



 



 



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31