25.鈴木 寧

2018年3月23日 金曜日

安城市H様邸 浴室洗面改修

皆さんこんにちは!
アルファスタイルの鈴木寧(やすし)です。

先日、新築現場にてキッチンの搬入をお手伝いしました。

引越屋をしていたころはキッチンなんて既に置いてあるものです。
持つことはありえませんでした。
そう考えると、遠いところに来たなぁという実感が湧きますね。

そして気づけば、家の中の物で持ち上げたことがないのは浴槽くらいになりました。

今日はそんな浴槽を交えたお話です。

安城市において浴室と洗面所の全面的な改修工事を行いました。

早速解体からです。
件の浴槽は既に運び出された後、コンプリートの機会は中々来ません。

それはさておき、写真をご覧ください。
真ん中下のタイル、その底辺が浴槽との境目ぐらいでしょうか。
つまり、浴槽の中で立ち上がるとそのあたりが脛から膝くらいです。

そうしてみると、窓の上辺がかなり高く感じられるかと思います。

実はこれ、ユニットバスを設置する上での支障になることがあるそうです。

ユニットバスとはそもそも工場で作って現場で組み立てるもの。
ですので、床や天井の位置が決まっていれば窓の高さは変えられません。
車にどれだけオプションをしてもフロントガラスの大きさを変えられないのと同じですね。

今、自分のブログで初めてまともな例えをした気がします。
 

なので今回は窓自体をそのまま下げます。
上下の壁を少しずつ切って、窓台を置いて窓置いて上を詰めて。
実際やるとめんどくさい奴ですね。
大工さんは隣家との隙間もほとんどないスペースで脚立にのって作業されていました。お見事です。
 

さぁお待ちかねの土間うちです。
今回は洗面部分も一緒に解体しているのでそのスペースでコンクリートが作れます。
前回と違って、バケツに入れて運ぶ必要はありません。

まぁ、材料はここまで運ばないといけないんですが。 重い。
 

そしてユニットバスを取り付けます。
周りが土壁のせいか、洞窟の中に部屋を作っているようにも見えませんか?
秘密基地か、シェルターか。
なんとも言えないワクワク感。
RPGなら老人がいるか父親からの手紙が置いてあるはず。
 

翌日には家の一部になってしまって一抹の寂しさ。
監督をしている岡田さんが大工さんと打ち合わせをしていました。
壁の貼り方、天井の作り方、配線の位置など時には冗談を交えつつも、しかし確実にチェックしていきます。

次の日にはこの上にクロスを貼っていきます。

そして洗面化粧台がデデドンッ!
でかい。

前の写真を見てもわかる通り、こちらの洗面所は広め。 畳にして3畳分あります。
幅160㎝の化粧台と洗濯機を横に並べても脱衣スペースを十二分に確保できるのです。

浴室洗面は一坪ずつ、つまり2畳分ずつが平均的な大きさです。
ただ、最近の新築戸建てでは子育て世代向けに洗面を3畳分で設計することも多くなっているようです。
そう考えれば、昭和の時代に建てられたお家で洗面3畳は時代を先取りした発想だったのかもしれません。

これだけ大きいと身体全体が難なく入ります。無性にポーズ決めたくなる衝動。
変身っ! て子供と出来たら楽しそうですね。
ベルト二つ買わないと。
 

まだ続きます。
この洗面所に稼働棚を設置しなければなりません。

誰がって? 私が。
 

ここに。

狭いです。
その幅23㎝。インパクトドライバーも長さによってはノーサンキューな狭さ。
自分の頭が入るかが一番の心配です。

なんとか完遂。
どうやら私の顎から後頭部までは23㎝以下のようです。初めて知りました。

......途中の写真がないって? 
自分が頭突っ込んでいる写真なんて撮りようがないのです。ご理解ください。

こちらに限らず稼働棚は板の大きさに指定が全くないのが魅力の一つです。
下地にレールを付けることができればあとは幅に合わせて板を切るだけ。
荷重にさえ耐えうるならどんな幅にも対応できます。
家庭でも割と簡単に設置できるのではないでしょうか。
 

最後は養生を剥がして掃除します。
ユニットバスを入れた後も、コーキングや大工工事などの作業があります。
新品と言ってもそこでどうしても埃が付いてしまうもの。
ついでにサッシのレールなど、施主様のお手が届きにくいであろう箇所もきれいにします。
「ここまでする男かっこいい」と思われるくらいには念を入れます。


そんなこんなで完工。
私にとっては二回目の浴室洗面工事。
なんとなく流れも掴めてきたかなと思います。
いつかは自分の現場としてできるようにきちんと覚えていきます。

それでは本日はここで失礼します。
ありがとうございました。


投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31