76.現場レポート:刈谷市今川町 新築一戸建

2018年2月16日 金曜日

刈谷市で注文住宅を建築中。基礎工事ベース打ち

基礎配筋検査も問題なく終わり、基礎のベースにコンクリートを打設しました。

寒い中ですが、気温を見ながら打設しました。昨日まで確認できた鉄筋がほぼ見えません。
最近ではこのようなベタ基礎が普通になってきています。ここで単純に計算してみます。

こちらの住宅の1F面積は81.99㎡。(約24.8坪)
ベースの厚みは150mm。コンクリートの比重は2.3t。

81.99㎡X0.15mX2.3=約28.3t(これに立ち上げ分が加算されます)

計算してみると基礎は本当に重いですね。普通車一台1.8tと考えれば、車約16台分です。
当たり前ですが、木造住宅で一番重たい部分です。重たい基礎をつくることで、木造住宅を安定させ、地震で揺れても丈夫な基礎を完成さえていきます。



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31