1.廣村高太郎

2018年1月11日 木曜日

刈谷市にて長期優良住宅、着工します。

いい日になりました。
今日は刈谷市今川町にて注文住宅、そして長期優良住宅仕様のセレクションハウスを建築します。

こんにちは、廣村です。

日柄もよく、そして天候の穏やかよい日に地鎮祭を向かえることが出来ました。
お施主のS様は私の大変お世話になっているお客様からのご紹介。本当にありがたいことですよね。
建替えなので、去年の内に解体完了させ、旧耐震の木造住宅だったので、弊社お得意の耐震改修補助金制度、
木造住宅の取り壊工事費補助(上限20万)も活用しています。詳しくはこちら刈谷市のHPへ。
刈谷市で建替えの方で、古い木造住宅にお住まいであれば、活用できる補助金です。



そしてこちらは長期優良住宅。最近ではかなりメジャーになっているのでご存知の方も多いと思います。
詳しくはこちらスーモのサイトをご覧ください。

調べるといろいろメリットがありますが、登録免許税、取得税に関しては、請負金額2,000万円までの通常な家づくりの場合はあまり差額はありません。

でも、固定資産税に関しては、結構差額があります。

たとえば、評価額1,200万円の新築住宅の場合(請負金額で2,000万円ぐらいまで)

一般住宅 1,200万*1.4%=16.8万*3年間=50.4万*1/2
*3年間固定資産税は1/2となります。

長期住宅 1,200万*1.4%=16.8万*5年間=84万*1/2
*5年間固定資産税は1/2となります。  *概算です。

よって、差額は16.8万円となります。案外あると思いませんか?
家づくりの際には、高額な金額が頭をちらつくので、16万ぐらい・・・と思うかもしれませんが、
冷静になれば、かなりのお得感です。

ネットではあまりかかれていませんが、地震保険は結構メリットがあります。
ご存知でしたか?

たとえば、2,000万円ぐらいの住宅の場合、5年間で地震保険は15万ほどになると思いますが(家財300万も入れて)、
長期優良住宅で、耐震等級3であれば(弊社は基本、耐震等級3です)、地震保険は50%割引があります。これは結構なメリットです。
火災保険とは違い、地震保険は5年更新、そしてリスクも高いので、どんどん金額が割高になります。

もし、長期優良住宅並みや、耐震等級3同等という表現方法であれば、「証明書」として何も添付できないので、この割引は適応されません。
たぶん、これはあまり知られていない事だと思います。他の方法もあり、「性能評価」もありますが、これの認定を受けるのであれば、長期を取得した方がよいでしょう。

このように、具体的な数字や、事例を知りたい方は、ぜひ「住まいの相談会」にご予約ください。
どんなことでもかまいませんので。お気軽にご予約ください。

>>> 住まいの相談会はこちら <<<



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ