スタッフブログ

2017年7月29日 土曜日

刈谷市半城土西町で工事中の「いい家」。

アルファホームの長坂です。

「いい家に住もう」。これが今日の結論です。

先日LIXILさん主催のフォーラムに行ってきました。講演では、「一番早死にしている県は?」等のやや過激な話し(主に統計学)を織り交ぜながらの面白いお話が聞けました。

昔の話、もともと外にあった便所やお風呂を同じ建物内に入れたことで脳梗塞や心筋梗塞みたいな重い病気がどんどん減っていったそうで、「住まい」が健康に影響大!ということをWHOなんかもこれを機に掲げているみたいです。クローズアップされた歴史的瞬間!ぐらいにおっしゃっていました。

要は暖かい寒いは体に毒であって、長生きしたければ暖かい家に住んだ方が良いということ。

理由はいろいろ。「いい家」に住めばずっと健康でいられるかもしれない。住み心地が良ければ家族の性格も明るくなるかもしれない。仲良く暮らせるかもしれない。

お金の話ならば、電気代等の光熱費は間違いなく軽減されるし、エコの時流にのって補助金がもらえるかもしれない。健康なら生涯医療費も少なくて済むかもしれない。
確かにイニシャルコストはかかるがそれがどうした?!と言いたくもなってくる。
カビや結露といった不健康の原因はないに越したことがないのである。LIXILさんの回し者ではありませんが窓が大事です。


そこで登場するのが、高断熱に特化した基準「HEAT20」、家のエネルギー消費を±0にする「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」、いい家に長く住むことを目標にした「長期優良住宅」、となる。

今弊社の住宅はこの長期優良住宅が基準です。刈谷市半城土西町に建築中の分譲住宅も長期優良住宅です。断熱等性能等級4、耐震等級3(2以上)、国の定める基準をクリアしているということ。
現場は大工工事の真っ最中で9/初にオープンハウスの予定(予約制ですがご興味のある方は是非)。
その重要な断熱はこんな感じで隙間なくピッチリと。そして整理整頓。


こちらは安心のプラスアルファとして標準装備している木造住宅制振装置「evoltz」。横文字だらけで大変ですが・・。
耐震等級4なので安心なのですが、果たして大きい揺れが一回じゃなく何度も立て続けに発生しても大丈夫なの?という疑問からこの制振ダンパーを付けています。これで揺れにブレーキがかかります。車のショックアブソーバーのやつです。本当にビルシュタイン製なのです。震災が続いていますのでさすがに他人事ではないですよね。


性能のいい家は暮らしを豊かにする。
暖かい家は健康である。

これが今日の結論。
ずっとこんな調子の講演会でした。



投稿者 アルファホーム株式会社

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30