刈谷市M様邸インタビュー

シャビーテイストのオーダーキッチン 自然素材の温かさに包まれて

Q1 リノベーションの経緯と、アルファホームに決めた理由を教えて下さい。

 親から譲り受けた築20年の家をリノベーションしました。内装が老朽化して、耐震面も不安。広い空間が実現できるよう、構造体を鉄骨で補強し、今の生活スタイルに合わせた間取りに変更しました。外壁もブラックのガルバリウム鋼板に張り替えた大規模リノベーションです。
 ショールームにオーダーキッチンがあって、スタイリッシュでとても素敵。設備やデザインを自由にオーダーできるんですよ。また、決まりごとが多い大手メーカーに比べて、設備や建具、インテリアも自由自在。理想を実現できそうで、何よりもスタッフの人当たりの良さが決め手でした。
 

Q2 リノベーションのこだわりを教えて下さい。

 まずは今の生活にあった間取りと、広くて明るい家にすることでした。以前は廊下が暗く子どもが怖がってトイレに行けなかったので、使っていない和室を減らし、壁を少なくすることで、光が奥のトイレまで届くようにしました。
 ダイニングキッチンとリビングの仕切り壁を取り払い、広々としたLDKにしました。壁に向いていたキッチンは、対面式に変更。ちろん、ショールームのキッチンを参考にしたオーダー品です。懲りすぎないナチュラルな雰囲気を目指しました。キッチンの板張り天井は、ショールームで見てひと目惚れ。空間に温かみが生まれました。
 リビングには床暖房を入れたかったので、床は無垢材に近い木目のきれいなフローリング。壁は白い塗り壁です。玄関の式台やトイレのカウンター、飾り棚、間接照明などに皮付きの木板を取り入れました。

 

Q3 オーダーキッチンのこだわりを教えて下さい。

 キッチンは開放感があるオープンスタイル。ショールームで見たステンレスの天板は、カッコよくて丈夫で長く使える点が気に入って。ドイツ製の大型食器洗浄機、5人分の食器が一度に入る広いシンク、自動洗浄できるレンジフード、底板がステンレスの引き出しなど機能性にはこだわりました。
 オーダーキッチンだから、デザインも大胆に。扉はシャビーな雰囲気の木目柄を選びました。最初は一部分だけと考えていましたが、インテリアはちょっと変わったことをしたかったので、思い切ってキッチン全部に使用。完成するまでは不安でしたが、今は大満足。まさに我が家だけのキッチンです。
 広くすっきり片付いたリビングにしたかったので、オーダーキッチンのダイニング側に、収納&ディスプレイ棚を造ってもらいました。ドイツ赴任中に集めたミニチュアを飾る照明付き棚が1番のお気に入り。こんなことができるのも、オーダーならではですね。

 

Q4 リノベーション後の生活について教えて下さい。

 キッチンが使いやすくなりました。広いから作業中のストレスがないし、収納が多いいのでモノが散らからず、サッと拭けてすぐキレイにできます。キッチンと洗面室・お風呂が横並びなので、入浴中の子どもに呼ばれてもすぐに行けるのが便利ですよ。
 リビングに床暖房を入れて大正解。真冬でも足元が冷えないし部屋全体も暖か。エアコンは特に寒い日の朝に少しつけるだけで、ほとんど使わずにすみました。夫はTOTOの広いお風呂が気に入って、バスタイムが以前より長くなりました(笑)。
 木の温もりいっぱいの空間に、手づくりの流木オブジェを飾っています。玄関やリビングなどに飾り棚がいっぱいあるので、趣味の楽しみが増えました。

 
Q5 リノベーションを考えている方にアドバイスをお願いします。

 収納はどれだけあってもいいですよ。持っているモノに合わせて計画することをおすすめします。床暖房のほかに、電動シャッターも便利です。最初は特に必要ないかと思いましたが、やっぱり楽でいいですね。
 叶えたいことは、どんな小さなことでも相談するといいでしょう。アルファホームさんなら、納得のいくまでお付き合いしてくれます。
 
★コメント
こちらの物件は完成見学会、入居後見学会でもお世話になりました。
インタビューも快く引き受けていただき、本当に感謝しております。
施工事例としてもとてもかっこいいので、いろんなチラシ等広報物に使わせていただいております。
この写真は、M様と営業担当の横山、インタビュアーの方と一緒に撮ってもらった一枚です。
M様、ご協力本当にありがとうございました。
編集:広報担当 西尾





<<この物件の施工事例はこちらから

   中古住宅リノベーション 刈谷市。no.14

    『シャビーテイストのオーダーキッチン
          自然素材の温かさに包まれて』